So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
ソフトウェア(VST/AU)
前の5件 | 次の5件

Rolandが名機 SH-101をACBテクノロジーで完全再現した SH-101 PLUG-OUT ソフトウェアシンセサイザーを発表
» ソフトウェア(VST/AU) 

Roland が、往年のアナログ・モノフォニック・シンセサイザーの名機 SH-101 を ACB (Analog Circuit Behavior) テクノロジーで完全再現したプラグアウト・ソフトウェア・シンセサイザー SH-101 PLUG-OUT を発表していました。

リリースは2014年7月25日で、SYSTEM-1 購入時に付属するクーポンコードで無償でダウンロード可能になります。
ソフトウェア単体の販売は予定されていません。

 ↓ SH-101 PLUG-OUT のダウンロードページはこちら (7/25から)
 » Buy System-1 Get SH-101 PLUG-OUT Software Synthesizer



新旧 SH-101

 1983年に同社からリリースされたモノフォニックシンセ SH-101 は、手頃な価格(59,800円)と VCO/1VCF/1VCA/1LFO のシンプルな構成から生成される切れの良いサウンドと抜群の操作性で、アナログシンセの入門機として人気を博し、今も世界中の数多くのファンに愛されています。(自分もその一人)


オリジナル Roland SH-101 (所有物)

 今年初めに AIRA シリーズのプラグアウト・シンセサイザー SYSTEM-1 (6月25日発売開始)が発表されたのと同時に、プラグアウト対応のソフトシンセ第一弾として SH-101 PLUG-OUT のリリースも予告されていました。

 ソフトシンセである SH-101 PLUG-OUT はハードシンセ SYSTEM-1 と同じく ACB (Analog Circuit Behavior) テクノロジーが採用され、オリジナル SH-101 のパラメータ変化とサウンドがモデリングによって忠実に再現されます。

 メインパネルのスライダーとノブのレイアウトをよく見ると、いくつかオリジナルとの違いがみられ、忠実にオリジナルを再現するだけでなく、さらにバリエーションに富んだエディットができるようになっています。
  • MODULATOR の波形に正弦波とノコギリ波が追加されている
  • PWM のソースに VCF の ENV が追加されている
  • VCF に ENV (フィルターエンベロープ) が追加されている
  • VCA に TONE ノブが追加されている
  • EFFECTS セクションが追加されている (CRUSHER, REVERB, DELAY)
  • VCO と VCF の MOD スライダーが MODULATOR に移動している

主な特徴

  • SH-101 サウンドを ACB テクノロジーにより徹底的にモデリング
    • 当時の開発エンジニアへのヒアリングを通して、回路図通りにならないサウンドやパラメーター変化を徹底リサーチ
    • SH-101 のアナログ回路設計に起因するパラメーターの相互作用まで精密に再現
    • ピッチの微妙な揺らぎや LPF、ENV の特徴的な振る舞いをACBテクノロジーで完全モデリング。
    • ベース/リード/ノイズサウンド/SE など、SH-101 定番のシンセサウンドを作成可能
  • オリジナル SH-101 (カラー3色)と SYSTEM-1 の両方のパネルレイアウトを選択して使用可能
  • 新たにリバーブ/ディレイ/クラッシャーのエフェクトを搭載
  • SH-101 PLUG-OUT Software Synthesizer がインストールされた PC/Mac と SYSTEM-1 とを USB 接続することで、SYSTEM-1 をソフトシンセの専用コントローラーとして使用可能
  • SH-101 PLUG-OUT 上で作成した音色を SYSTEM-1 側へプラグアウトすることが可能、また逆に SYSTEM-1 へプラグアウトされ編集されたデータを SH-101 PLUG-OUT 側へロードすることも可能
  • プラグインフォーマットは OS X 用は VSTi 3.6 (32bit/64bit)/AU、Windows 用は VSTi 3.6 (32bit/64bit) に対応


当時限定カラーだった Red/Blue バージョンも用意


SYSTEM-1 のパラメータに合わせたパネルレイアウト
(グレーアウトになっているスライダーとノブは変更不可?)

デモ&レビュー




プラグインなのにプラグアウトというなんだかちょっとややこしい名称が付いてますが、要は SH-101 PLUG-OUT 側と SYSTEM-1 側の両方で同じモデリングサウンドが作れるので、移動先に SYSTEM-1 をわざわざ持って行かなくても (DAWと) SH-101 PLUG-OUT があれば音が出せるということなります。

オリジナル SH-101 を2台(1台は部品取り用のジャンク)を所有している身としては、SH-101 PLUG-OUT 自体は魅力的ですごく興味がわくのですが…

「プラグアウト」のコンセプトは個人的には利点が見いだせていないので、SH-101 PLUG-OUT の VST/AU プラグインだけで動作するなら、単体でも発売して欲しいというのが正直な感想です。

[関連サイト]
 Roland
 Roland - AIRA


楽天で Roland SYSTEM-1 PLUG-OUT Synthesizer を探す
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

ピーク/RMSの自動切替リリースを備えたフィードバック方式のコンプレッサープラグイン TDR Feedback Compressor II (VST/AU)
» ソフトウェア(VST/AU) 

ドイツのレコードレーベル Tokyo Dawn Records がリリースしているフリーのコンプレッサープラグイン TDR Feedback Compressor II のベータテストが完了して正式に Ver.2.0 としてリリースされていました。

利用は無料で、Windows 用は VST、OS X 用は VST/AU が用意されています。



フィードバックタイプのコンプ

 ハード、ソフトを問わず最近のコンプレッサーの主流は、入力シグナルを基準にレベル検知してゲインリダクションするフィードフォワード方式が多いのに対して、TDR Feedback Compressor はクラシックなコンプレッサーで多く使われていたフィートバック方式を採用しています。

 フィードバック方式では、その名の通り入力シグナルをゲインリダクションして、再度レベル検知にかけてリダクションを行う処理を何度も繰り返して調整してから出力します。

 利点としては、フィードフォワード方式に比べてより自然で音楽的なコンプレッションが得られることが挙げられますが、ソフトウェア上で実現するのにはプログラムの処理がより複雑になり CPU にかかる負荷が大きくりがちなのが弱点とも言われ、品質と負荷のバランス調整が難しいところでもあります。

 また、フィードバック方式を採用しているからといってクラシックなアナログコンプを再現したのではなく、作者の愛と膨大な時間のなかで作られた独自設計処理のデジタルコンプレッサーであると明言されています。

主な特徴

  • フィードバック方式のコンプレッション
  • 内部演算精度は64bit 浮動小数点
  • 元レートの8倍まで実行する高精度なマルチレート処理構造
  • デルタオーバーサンプリングされた信号処理
  • 3種類(3dB、6dB、12dB/Oct)のサイドチェインフィルタースロープ
  • 超高速で自然なサウンドコンプレッション
  • ピークと RMS のリリースを独立してコントロール可能
  • 独創的なコントロールパネルデザイン
  • メインスレッショルドを相対補正する CREST パラメーター
  • ステレオバスのために最適化された高度なリンクオプション
  • 原音との出力差分を確認できる DELTA プレビューモード
  • 処理を中断させないレイテンシーフリーの並列バイパス
  • DRY/WET が調整可能なパラレルコンプレッション

リリースの自動切り替え

このコンプの2つめの大きな特徴は、ピークと RMS のパスを並行して検出して、入力シグナルの種類に合わせて自動でリリースを切り替えてくれるところで、マスタリングのトータルコンプなとで重宝する機能です。


TDR Feedback Compressor の操作マニュアル PDF より抜粋 (注釈は差し替え)

 例えば上図のように、左側のような狭いピークがあった場合は "RELEASE PEAK" のクイックなリリース(水色の範囲)が適用されたあとに、続けて "RELEASE RMS" のスローなリリース(薄橙色の範囲)に自動で切り替わります。
 また、持続音のような長いピーク場合はスローな "RELEASE RMS" (薄橙色の範囲)だけが適用されます。

 また、"PEAK CREST" を調整することで、幅の狭いピークをどちら側に反応させるか微調整することができます。

 基本的にピークパスのほうが RMS パスより速く検知されるので、推奨値の範囲は RELEASE PEAK が25~200ms、RELEASE RMS が160ms となっています。

パラメーターの解説

ついでに各パラメーターの簡単な説明も書いておきます。


パネルの左上から順に
  • SLOPE (SIDE-CHAIN HP FILTER)
    サイドチェイン入力のハイパスフィルターの種類 (Off、3dB/Oct、6dB/Oct、12dB/Oct)
  • FREQUENCY (SIDE-CHAIN HP FILTER)
    サイドチェイン入力のハイパスフィルターのカットオフ周波数 (30~400Hz)
  • SIDE-CHAIN STEREO DIFF
    サイドチェイン入力のステレオイメージのリンク範囲 (0~100%)
    100% でオリジナル定位、0% で L/R モノラル

  • THRESHOLD
    コンプレッションが開始されるレベルのしきい値 (0~-60dB) →グラフの赤線
  • PEAK CREST
    PEAK/RMS パス検知の自動切り替えのレベルしきい値 (0~12dB)
  • SOFT KNEE
    コンプレッションカーブの屈曲線(ニー)の緩やかさ (0~20dB)
  • PEAK RATIO LIM
    ON にすると RATIO を動かしても PEAK パスが 7:1 に固定される
  • RATIO
    PEAK/RMS のコンプレッション比率 (1.0:1 ~ 7.0:1) →グラフ赤線より上の青線の傾き
  • ATTACK
    コンプレッションがかかり始める時間 (0.01~500ms)
  • RELEASE PEAK
    PEAK コンプレッションのリリースタイム (5.0ms~2.0s)
  • RELEASE RMS
    RMS コンプレッションのリリースタイム (5.0ms~2.0s)

  • TRANSFER FUNCTION GRAPH / GAIN REDUCTION DISPLAY
    グラフには THRESHOLD、KNEE、RATIO、PEAK CREST などが反映される
  • PRECISE / ECO MODE
    高負荷時などで ECO にすると動作精度と負荷が若干低くなる (通常は PRECISE のままでよい)
  • i
    バージョン情報表示、ノブの操作モード、著作クレジット表示など
  • DELTA
    DRY/WET の差分音声を確認できる
  • BYPASS
    コンプレッション処理をスキップしてDRY をそのままを出力

  • MAKEUP
    DRY MIX 前のコンプレッション出力 (WET) のゲイン補正 (-60~18dB)
  • DRY MIX
    パラレルコンプレッションの DRY/WET の割り合い(Off、-60~0dB)
    ただし 0~100% の DRY/WET ミックスコントロールではないことに注意
  • OUT GAIN
    トータル出力のゲイン補正 (-12~12dB)


TDR Feedback Compressor を知って触ったのは今回が初めてで、最初はレーベルが出しているオマケ的なフリープラグインかと舐めてかかってたら、触っていくうちにその考えは早とちりだと気づかされました。

おそらく PEAK/RMS リリースの自動切り替えは、フィードバック方式コンプの処理に組み込み易いという考えだと思われますが、アイディアだけでなくちゃんと実用的な仕上がりになっているのが素晴らしく感激しました。

ここしばらくフリーのプラグインは食傷気味だったので、久しぶりにいいプラグインに出会えてラッキーでした。
これからどのように進化していくのか楽しみです。

[関連サイト]
 Tokyo Dawn Records
 TDR Feedback Compressor II
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback


ハイクオリティな22種類のREAKTOR用無料アンサンブル boscomac instruments & fx reaktor
» ソフトウェア(VST/AU) 

濃密な内容の記事がいつも楽しみなお気に入りの音楽ブログ ICON からの情報。
フランス人のクリエイター boscomac 氏による、Native Instruments のモジュラーシンセシステム REAKTOR 5 用のフリーアンサンブル22種類を紹介。



現在インストルメント11種類、エフェクト11種類が公開中で、REAKTOR 5 ユーザーは無料で利用できます。

ちなみにフリーの REAKTOR 5 PLAYER では、残念ながら NI 公式以外のアンサンブルをロードするとデモモードになってしまうので利用が30分に制限されます。

» INSTRUMENTS
DRUMBOX / PERCUSSION
'PATASONIXIndustrial Drum Box
RETROBEAT Vintage Drum Box
PIANO / ORGAN
AIR PIANOWeightless Piano
WURLITSARElectric Piano
CLAVINESSElectric Harpsichord
TRANZISTORGElectronic Organ
SPECIAL
VERTIGO WAVEOndes Martenot
THEREMOUTHVoice Theremin
FOLKLORE
BOXYMUSEDeluxe Music Box
PLUCKTRIONPlucked Instrument
KOTOJapanese Harp
» EFFECTS
SPECIAL
FREEZBEESound Freezer
ARTEFACTControlled Buffer
THE CORNETVintage Diffuser
MODULATION
BROWNKNEEBrownian Modulation
DELAY / REVERB
BOUNCING BALLBounce Delay
SPRINGTIMESpring Reverb
STELLARShimmer
ECHOPHONICDeep Echo
DYNAMIC / DISTORTION
FORDISTMultiband Distortion
DEVIL INSIDEDynamic Distortion
MAGNITUDEBuss Processing





ICON さんでも書かれている通り、市販プラグインと比べても遜色なく、サウンド、パネルのデザインともに非常にクオリティが高い仕上がりになってます。

REAKTOR 5 ユーザーの方はぜひダウンロードして使ってみてください。


[関連サイト]
 boscomac - instruments & fx reaktor
 Native Instruments
 REAKTOR 5
 ICON


Native Instruments KOMPLETE 8 通常版

Native Instruments KOMPLETE 8 通常版

  • 出版社/メーカー: NATIVE INSTRUMENTS
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback


Native InstrumentsがHappy HolidaysとしてディストーションプラグインとTraktor用Remix Setsを12/31まで無償配布中
» ソフトウェア(VST/AU) 

Native Instruments が今年の Happy Holidays として、ディストーションエフェクトのプラグイン DRIVERTRAKTOR 用の Remix Sets を無償配布しています。
ダウンロードの有効期限は2102年12月31日までとなっています。



 DRIVER は2013年初めに KOMPLETE エフェクトのひとつとして4,800円で発売予定のディストーションプラグインで、VST/AU/RTAS/AAX 形式と MASCHINE 用エフェクトにも対応しています。
 Mac OS X 10.6 以降、Windows 7 (32bit/64bit)以降に対応。

 Remix Sets は TRAKTOR 専用形式のデータファイル5つのセットで、MASCHINE Expansion、ディープハウスとパーカッションのサンプル、アーティスト Comfort Fit 作成のエクスクルーシブセットが含まれます。

ダウンロード



 ディストーションプラグインの DRIVER は、メールアドレスなど必要事項をフォームに記入して送信すると、Windows 用/Mac 用それぞれのダウンロード URL のリンクが記載されたメールとアクティベーションコードが書かれたメールが届きます。
 メールに記載されているダウンロード URL は受信後48時間に限り有効です。

 Remix Sets のほうは Happy Holidays ページ下にあるダウンロードボタンから直接 zip ファイルをダウンロードできます。
 zip を展開すると、拡張子が ".trak" のTRAKTOR 用ファイル5つが入っています。

DRIVER のアクティベーション



 Windows 用は zip ファイル、Mac 用は dmg ファイルをそれぞれ展開すると中にインストーラが入っています。
 インストールは画面の指示に従って進めていって必要なプラグイン形式を間違えずに選択すれば特に難しいところはないと思います。

 インストールするだけでは DRIVER はまだ使えません。同時にインストールされる Service Center を起動して、メールに記載されていたアクティベーションコードを入力してアクティベートを実行する必要があります。

ディストーションプラグイン DRIVER



 DRIVER はディストーションに加えてレゾナンスフィルター(Low pass/Notch)、エンベロープフォロワー、モジュレーションが搭載された強力なエフェクターで、より多彩なサウンドメイキングが可能になっています。


MASSIVE の開発者が作っただけあって過激で、かつ細かいところにも手が届く使い勝手のいいディストーションと言えそうです。

フリーダウンロードは12月31日までで、年明けから4,800円になります。
欲しい人は今すぐダウンロード!

[関連サイト]
 Native Instruments


Native Instruments KOMPLETE 8 ULTIMATE

Native Instruments KOMPLETE 8 ULTIMATE

  • 出版社/メーカー: Native Instruments
  • メディア: CD-ROM
NATIVE INSTRUMENTS TRAKTOR KONTROL S4

NATIVE INSTRUMENTS TRAKTOR KONTROL S4

  • 出版社/メーカー: NATIVE INSTRUMENTS
  • メディア: Personal Computers
NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE

NATIVE INSTRUMENTS MASCHINE

  • 出版社/メーカー: NATIVE INSTRUMENTS
  • メディア: Personal Computers
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback


IK Multimediaのソフトシンセ SampleMoogが5日間限定セールで2500円に
» ソフトウェア(VST/AU) 

IK Multimedia が Moog シンセ製品16機種のサウンドを収録したソフトシンセ・プラグイン音源 SampleMoog2012年7月3日(水)~7月8日(日)の5日間限定で2,500円で購入できる「即買い」プロモーションを開催中です。
[追記] 2012/07/09
7月10日(火)まで延長されました。

 » IK Multimedia 「即買い」プロモ:SampleMoogが€24.99(約2,500円)



 SampleMoog は、ビンテージシンセの音源化に定評のある Sonic RealityMoog Music の共同開発によって2007年にリリース開始された Moog シンセ専門のソフトシンセ・プラグイン音源で、基本エンジン部分を SampleTank 2 をベースとして、1967年の Modular Moog 3C から最新の Little Phatty までをカバーした16機種、1,700種類のサウンドを収録しています。

 対応プラグイン形式は、Windows 版が VST/RTAS、OS X (PPC/Intel) 版は AU/VST/RTAS で、双方とも単体起動の利用も可能です。

収録機種

  • MiniMOOG
  • Modular MOOGs 3C, 55 & 15
  • PolyMOOG
  • Taurus 1
  • MultiMOOG
  • Prodigy
  • Vocoder
  • Concertmate MG1
  • Rogue
  • Source
  • MemoryMOOG
  • Etherwave Theremin
  • Minimoog Voyager
  • Little Phatty

主な特徴

  • 16パートマルチティンバー音源
  • 最大同時発音数256音(1台あたり)、同時起動台数無制限(CPU、ホスト DAWに依存)
  • パート毎に MIDI ch、ソロ、ミュート、同時発音数、パン、ボリューム、アウトプットを設定可能
  • Sonic Reality と Moog Music の共同開発に群を抜く収録機種数とクオリティを実現
  • Modular Moog 3C から Little Phatty まで16機種、1700種類のサウンドを収録
  • 音色ファイルデータは、任意の HDD ロケーションにインストール可能
  • SampleTank 2 の音色データとしても読み込みが可能
  • モノ/ポリ/レガートの3モードを切り替え可能、ポルタメント・タイム調整機能付き
  • 2基の LFO と ENV、ローパス/ハイパス/バンドパス・フィルターなど50種類以上のパラメーター
  • ループをホスト・アプリケーションのテンポに同期させる LOOP SYNC 機能
  • T-RackS ゆずりのコンプレッサー、シンクディレイなど、32種類の高品位なエフェクトを内蔵
  • エフェクト・スロットは16パートそれぞれ4基、1台あたり最大で計64個のエフェクトが使用可能

割引購入方法

割引購入は公式ストアの IK Online Store でプロモコードを利用しますが、IK Multimedia のアカウントが登録済みでログインした状態でないとプロモコード欄が購入画面に表示されないので注意してください。



IK Online Store の SampleMoog の購入欄にある「ダウンロード版」をクリック。
「ボックス版」でも割引は適用されますが別途配送手数料が必要になります。



ログインしていないとここでプロモコードの入力欄が表示されません。
プロモコード「MOOG4」を入力して「追加」をクリックします。



プロモコードが適用されると合計欄が24.99ユーロになります。

 ダウンロード版のサウンドデータは、シリアルナンバーを登録した後に30日以内にUser Area の「My Producs」から別途ダウンロードする必要があります。
 期限が過ぎると Sounds Download Reactivation Credit が必要になるので、早めにダウンロードしてバックアップをとっておくことをおすすめします。

公式デモ


[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=1005WzkC4NQ
http://www.youtube.com/watch?v=b3URt3Zk0BQ


種類豊富な幅広い Moog サウンドが手っ取り早く欲しい人は満足できるはず。
買いそびれていた人はぜひこの機会に購入してみては?

[関連サイト]
 IK Multimedia
 SampleMoog
 Sonic Reality
 Moog Music
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback


前の5件 | 次の5件
ソフトウェア(VST/AU)