So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
ハードウェア(DJ機器)
前の5件 | 次の5件

業界初、ワイヤレス対応のホームユース DJシステム Pioneer XDJ-AERO
» ハードウェア(DJ機器) 

Pioneer がワイヤレスに対応したホームユースの DJ システム XDJ-AERO を発表していました。
2012年8月下旬に発売予定で、市場価格は99,800円前後。


© Pioneer

主な特徴

  • Wi-Fi 接続された最大4台の端末内の楽曲を使って DJ プレイが可能
    - iOS/Android 端末用に専用アプリを用意
    - Windows/OS X 用に楽曲管理ソフト rekoderbox を用意
  • プレイヤーとミキサーの一体構造を採用
    - 単独の2chミキサーとしても使用可能
  • 簡単な操作でアレンジやミックスが楽しめる各種エフェクト機能
    - JOG DRUM : ジョグをタッチで楽曲を再生または回してスクラッチ可能
    - SAMPLE LAUNCH : 内蔵の4種類のサンプル音と USB ストレージ内のサンプルを再生可能
    - BEAT EFFECT : 楽曲ごとに4種類のエフェクトが使用可能
    - SOUND COLOR FILTER : ミキサーのチャンネル1/2に独立したフィルターを搭載
  • ワンタッチ操作で自動的に2つの楽曲をミックス
    - BEAT SYNC : SYNC ボタンで各プレイヤーで再生している楽曲を瞬時に同期
    - AUTO MIX : rekordbox で作成したプレイリストを読み込むことで自動でミックスを再生
  • インテリアに映えるスリムでスタイリッシュなデザイン
    - ラウンド形状の薄型筐体とスモークアクリルパネルを採用
    - 薄型のジョグと操作ボタンに青と白のLEDを採用
  • USB ストレージデバイスへのダイレクト録音が可能
    - トップパネル上の USB 端子に接続したストレージデバイスに WAV 形式で直接録音可能
  • クリアでパワフルなDJサウンドを実現する高音質設計
    - プロ DJ 機器採用のオーディオ回路をマスターアウト端子部に採用し高音質を実現
    - プレイヤー/ミキサー部の音声処理ブロックをワンチップ化しフルデジタル処理
  • その他の特長
    - スライド構造の高性能チャンネルフェーダーを採用
    - 指定した拍で自動的にループを生成する AUTO BEAT LOOP を搭載
    - 指定した拍からのずれを自動補正する QUANTIZE を搭載
    - 日本語含む18ヶ国語言語表示に対応した液晶ディスプレイを搭載
    - 独立した3バンドイコライザーを装備
    - DJ ソフトウェアの MIDI/HID コントロールが可能
    - 高音質オーディオインターフェイス内蔵
    - マイク端子装備


© Pioneer

主な仕様

再生可能メディア スマートフォン、タブレット、
USB ストレージデバイス(フラッシュメモリ/HDD 他)、
コンピューター(Mac/Windows PC)
再生可能ファイル形式 MP3、AAC、WAV、AIFF
(Wi-Fi 接続による再生はMP3、AACのみ可能)
USB ストレージ対応フォーマット FAT、FAT32、HFS+
(HFS+ でジャーナリングオン時は読み込みのみ対応)
録音ファイル形式 WAV
チャンネル数 2チャンネル
ワイヤレス通信方式 IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz帯)
サンプリングレート 44.1kHz
A/D、D/Aコンバーター 24bit
周波数特性 20Hz~20kHz
S/N 比 105dB以上 (Wi-Fi/USB PLAY)
全高調波歪率 0.003% 以下
ヘッドルーム 19dB
USB 端子 上面 A端子×1、前面 B端子×1
入力端子 PHONO/LINE×2 (RCA)、MIC×1 (1/4inch PHONE)
出力端子 MASTER OUT×2 (1/4inch PHONE×1、RCA×1)
HEADPHONE MONITOR OUT×2 (前面 1/4inch PHONE、MiniPin)
付属 AC アダプタ 電源 AC100V (50Hz/60Hz) 定格出力 DC12V
最大外形寸法 623mm(W) × 289.5mm(D) × 65mm(H)
本体質量 3.7kg


公式デモ


[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=HEVnaLDL2VU


プロユースでワイヤレスはさすがに怖いけど、ホームユースなら逆に手軽で使い勝手がよさそう。
4台同時にアクセスできるのもいいですね。

やっぱり問題は価格でしょうか。
ライトなホーム DJ な人に10万円というのはちょっと敷居が高いような…

[関連サイト]
 Pioneer - XDJ-AERO 製品情報
 Pioneer DJ - rekoderbox


PIONEER XDJ-AERO

PIONEER XDJ-AERO

  • 出版社/メーカー: PIONEER
  • メディア:
楽天で PIONEER XDJ-AERO を探す
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

DJパフォーマンスを進化させるエフェクト系ニューアイテム : PIONEER Remix Sation RMX-1000
» ハードウェア(DJ機器) 

パイオニアがリリースした DJ プレイ用のエフェクトマシン RMX-1000 を紹介。
リリース時期は2012年5月下旬で、価格は69,800円前後。



© Pioneer

 オーディオ入出力端子と USB 端子を備えたマルチエフェクトマシンで、リアルタイム・リミックスのハードエフェクターとして DJ セットに組み込んだり、USB を介して PC に接続して同機能をソフト化した VST/AU プラグインの専用コントローラーとしても利用できます。

4つのエフェクトセクション

エフェクトの機能ごとにグループ化された4つのセクションがあります。


  • SCINE FX
     BUILD UP 系5種類、BREAK DOWN 系5種類のエフェクトを備え、中心のノブで効き具合を調整できます。
     各エフェクトは調整可能な2つのサブパラメーターを持っています。
    BUILD UP BPF ECHO バンドパスフィルターを通した音を重ねて反響音を加える
    ECHO 設定したテンポに合わせて反響音を加える
    NOISE 内蔵のノイズジェネレーターで生成したノイズを再生音に重ねる
    SPIRAL UP エコーの反響時間を変えながら残響音の音程を上げる
    REVERB UP リバーブ効果を加えて残響時間の変化とともに残響音の音程を上げる
    BREAK DOWN HPF ECHO ハイパスフィルターを通した音に反響音を加える
    LPF ECHO ローパスフィルターを通した音に反響音を加える
    CRUSH ECHO 再生音を壊したような音にして反響音を加える
    SPIRAL DOWN エコーの反響時間を変えながら音程を下げる
    REVERB DOWN リバーブ効果を加え残響時間の変化とともに残響音の音程を下げる

  • ISOLATE FX
    3バンド (LOW/MID/HIGH) のアイソレーターと3種類のエフェクトあります。
    ISOLATOR 低音域、中音域、高音域それぞれの音量調整
    CUT/ADD » 左回し
     LOW ツマミ: 再生音のバスドラムの音のみをミュート
     MID ツマミ: ハイパスフィルターによる音量調整
     HI ツマミ: ローパスフィルターによる音量調整
    » 右回し
     周波数帯域別のマルチタップディレイを加える
    TRANS/ROLL » 左回し
     周波数帯域別に設定拍に合わせて再生音をカットする » 右回し
     周波数帯域別に設定拍に合わせて再生音をループ再生する
    GATE/DRIVE » 左回し
     周波数帯域別に設定値よりも低い音量の再生音をカットする
    » 右回し
     周波数帯域別に再生音を歪ませる

  • X-PAD FX
     タッチパッド操作で原曲にはない新たなサウンドをリズムに合わせて追加可能。プリセット4種類 (KICK/SNARE/CLAP/HI HAT) のほか、付属ソフト remixbox で編集した音を SD カード経由で読み込み可能。

  • RELEASE FX
     レバーを倒すことでドライ(楽曲の音)を消してウェット(エフェクト音)のみを出力することができます。
     レバーが戻る際には全セクションのエフェクトをオフにすることも可能。
    VINYL BRAKE 再生速度を徐々に遅くして最終的に停止する
    ECHO 再生音を停止してテンポに応じた反響音を出力する
    BACK SPIN 高速逆再生させたような音を出力して最終的に停止する

付属ソフト remixbox でカスタマイズ


© Pioneer

 同梱の専用エディタ remixbox を使用することで、各種パラメーターの数値や種類の細かい変更が可能で、カスタマイズした設定は SD カードにセーブ/ロードが可能。
 SD カードだけを持ち歩いて別の RMX-1000 でも同じ設定を素早く再現できます。

本体と同機能をソフト化した VST/AU プラグイン提供


© Pioneer

 本体と同じ機能をソフトウェアで完全再現した VST/AU プラグインも提供される予定で、DAW でも利用が可能。USB で PC と接続することで専用の USB-MIDI コントローラーとして機能します。
 プラグインは2012年4月下旬に公式サイトからダウンロード配布予定。

公式デモ


[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=WKXNNK92_Mg


コンパクトなサイズなのに結構使いやすそうな印象。
単なるハードエフェクターとしてだけではなく、VST/AU プラグインを用意して USB-MIDI コントローラーとして使える点もいいですね。
考えようによっては2台分と思えば69,800円は安い?


[関連サイト]
 パイオニア
 パイオニア RMX-1000
 PioneerDJ Global


楽天で Pioneer RMX-1000 を探す
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


IK MultimediaがiOS端末用モバイルDJミキサー iRig MIXとDJアプリ DJ Rigを発表
» ハードウェア(DJ機器) 

IK Multimedia が iOS 端末用の音楽デバイス iRig シリーズの新製品 モバイル DJ ミキサー iRig MIX と DJ アプリ DJ Rig を発表していました。

iRig MIX は99.99ドルで2月にリリース予定。
DJ Rig は近日リリース予定でフリー版と有料版(価格不明)が用意されるようです
[追記] 2012/03/10
DJ Rig の App Store 価格は170円。


© IK Multimedia

モバイル DJ ミキサー : iRig MIX


  • ステレオ入力 ×2
    (ゲイン、ベース、トレブル、ボリュームフェーダー)
  • チャンネル別のキューボタン (LED インジケーター付き)
  • チャンネル・クロスフェーダー
  • インストルメント/マイク用の外部入力 ×1
    (アプリによるボリューム調整)
  • ステレオ出力 ×1
    (RCA 端子、マスターレベル調整、LED メーター付き)
  • ヘッドフォン出力 ×1
    (マスター/モニター対応、専用ボリューム調整付き)
  • 1台の iOS 端末の L/R 出力を2つのモノラル出力 (ch A/B) として扱える入力切替スイッチ
  • 2台の iOS 端末の BPM をオートシンクロさせる "X-Sync"
    (アプリ DJ Rig 固有の機能)
  • micro USB 端子経由の電源供給
    (バッテリーパック、モバイルチャージャー対応)
  • DJ Rig、Amplitube、VocaLive、GrooveMaker のフリー版が利用可能 (注:別途ダウンロード)

© IK Multimedia

DJ アプリ : DJ Rig



端末1台で2デッキ表示する場合のユーザーインターフェイス


片方をサンプラーまたはエフェクト用の X-Y パッドで使用する場合
  • iOS 端末内のミュージックライブラリおよびプレイリストに直接アクセス可能
  • "OnTempo" テクノロジーによる素早い自動 BPM 検出
  • ドラッグ、ピンチイン/アウトに対応した波形表示
  • デッキコントロール (ボリューム、ピッチ、3バンド EQ、ヘッドフォン、クロスフェーダー)
  • 拍節の開始位置を自動検出するオートループ生成機能、
  • フルミックスをライブレコーディング可能
  • MP3/AAC/WAV/AIFF などメジャーなオーディオフォーマットの再生に対応
  • 横置きと縦置きにそれぞれに合わせたユーザーインターフェイス
  • カスタマイズ可能なデッキインターフェイス
  • フリー版と有料版を用意


2台で縦置きあるいはA/B切り替えで利用する場合 (左からデッキ、サンプラー、X-Y パッド)
  • X-Y パッドインターフェイスと12のエフェクト
    (Delay, Flanger, Crush, Filter High Pass, Filter Low Pass, Filter Band Pass, Compressor, Wah, Phaser, Fuzz, Reverb, Stutter)
  • 外部入力のオーディオソースの BPM にオートシンクする "X-Sync"
  • 9パッド×4バンクの常時サンプリング可能なサンプラーとサンプルライブラリー
  • "CloneDeck" テクノロジーによるターンテーブルライクなスクラッチエンジン
  • 1曲あたり最大4つまで指定できるビジュアルキューポイント
  • 3パターンのクロスフェードカーブが利用可能
  • 2つの曲のレベル差を検出して自動調整
  • ベースおよびハイパスフィルターによるスムーズなクロスフェード EQ
  • 様々なオーディオ機器のセットに対応したマルチアウトプット設定

公式デモ



 デモでもちらっと説明があるとおり、X-Sync 機能はデッキ自体のオーディオ出力の他に、4極(スリーブのリングが3つあるタイプ)のミニピンプラグのマイク入力を使って、マスターになるもう1台のデッキもしくは他のオーディオ機器の出力を入力して利用することで、マスター側の BPM を検出してスレーブ側が同期するようになっていると思われます。
(4極ミニピンプラグのケーブルが iRig MIX に付属してくるはずです)
 

タッチインターフェイスとフィジカルインターフェイスを併用するのは違和感があるような気もしますが、そこは慣れの問題?

あと今回に限ったことではなくタッチインターフェイスの場合、本番中に誤って意図しない部分に触れてしまって、不意にボタンが押されてしまったりツマミやフェーダーがとんでもない位置に動いてしまうアクシデントが起こる確率がフィジカルインターフェイスに比べて高いのがウィークポイントだと思ったりするんですけど、実際のところどうなんでしょう?

[関連サイト]
 IK Multimedia
 IK Multimedia - iRig MIX
 IK Multimedia - DJ Rig


iTunes App Store からダウンロード IK Multimedia - DJ Rig
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/03/07 (Ver.1.0)
価格: 170円

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


スリムコンパクトなUSB-MIDI DJ & マトリクスボタンコントローラー : iCON i-DJ & i-STAGE
» ハードウェア(DJ機器) 

米国に本拠を置く音楽機器メーカー iCON がリリースしたスリムコンパクトな USB-MIDI コントローラー i-DJi-STAGE を紹介。

国内販売はフックアップが取り扱っています。
希望小売価格は i-DJ が12,600円、i-STAGE が9,975円。(市場価格は2000円安くらい)

i-DJ



© iCON

 i-DJ はタッチセンサーと高解像度パルスセンサーを搭載したデュアルジョグダイヤルを備えた USB-MIDI コントローラーで、DJ ソフトウェアの DECKADANCE LE が付属しています。
  • クロスフェーダー
  • ボリュームフェーダー (×2)
  • テンポコントロールフェーダー (×2)
  • 3バンド EQ ノブ (×2)
  • バランスコントロールノブ (×2)
  • ゲインコントロールノブ (×2)
  • 4つのエフェクトコントロールノブ (×2)
  • 8つのバックライト付きボタン (×2)
    (Vinyl Mode、Sync、Loop►、Loop◄、Out、In、Cue、Play/Stop)
  • 8つのバックライト付きセンターボタン (プレイリスト操作など)
  • 付属の専用ユーティリティーソフト iMap で MIDI 情報の設定変更が可能
  • USB バスパワーで動作
  • Windows XP(32bit)/Vista(32bit)/7(32bit,64bit)、OS X 10.6 以降対応
  • ドライバーインストール不要のクラスコンプライアント対応
  • 重量: 0.81kg 、外寸: W 325mm × D 99mm ×H 20mm

i-STAGE



© iCON

 i-STAGE はデュアルカラー LED バックライト付きのベロシティセンス対応マトリクスボタン48個を備えた USB-MIDI コントローラーで、Samplitude Silver が付属 (Window のみ)が付属しています。
  • 48個のパッドボタン (4×4 の3セット構成)
  • デュアルカラー LED バックライト付き、ベロシティセンス対応
  • 4つの操作モード (DJ モード、Effector モード、DAW モード、Drummer モード)
  • 17個の赤色 LED ボタン (下段、右端)
  • 2桁の LED ディスプレイ
  • スクロールなどが素早く行えるエンコーダージョグダイヤル
  • アサイナブルフェーダー
  • 2つの USB コネクタで他の機種とチェーン接続可能
  • 付属の専用ユーティリティーソフト iMap で MIDI 情報の設定変更が可能
  • USB バスパワーで動作
  • Windows XP(32bit)/Vista(32bit)/7(32bit,64bit)、OS X 10.6 以降対応
  • ドライバーインストール不要のクラスコンプライアント対応
  • 重量: 0.81kg 、外寸: W 325mm × D 99mm ×H 20mm


i-CREATIV は遅れてリリース?それとも・・・


© iCON

今回2タイプの製品を競合他社より先にリリースしたのは注目できる点だとは思うのですが、Musikmesse 2010 でいっしょに出展されて今回リリースされなかった i-CREATIV や、昨年末にリリースされた i-Series (i-KEY、i-PAD、i-CONTROLS) といった露骨に某K社のシリーズに似たラインナップ、「i-ナントカ」という安易ともとれるネーミングも含めて、なんともビミョーな気分になってしまうのは自分だけ?

(スリムコンパクトな DJ コントローラーは Numark が先に DJ 2 GO を発表していますがリリースは今年の2011年6月だそうです)

[関連サイト]
 iCON
 フックアップ : iCON
 フックアップ : Image Line Software DECKADANCE
 フックアップ : MAGIX Samplitude


iCON i-STAGE WH パッド型USBコントローラー

iCON i-STAGE WH パッド型USBコントローラー

  • 出版社/メーカー: アイコン
  • メディア:
iCON i-STAGE BK パッド型USBコントローラー

iCON i-STAGE BK パッド型USBコントローラー

  • 出版社/メーカー: アイコン
  • メディア:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


スリムコンパクトな USB-MIDI ポータブル DJ コントローラ : Numark DJ 2 GO
» ハードウェア(DJ機器) 

Numark が NAMM 2011 で発表していた超コンパクトな USB-MIDI ポータブル DJ コントローラ DJ 2 GO を紹介。
リリース時期、価格は現在のところ未定。(49、59、69ドルのどれか?)
[追記]
リリースは2011年7月下旬予定、一般市場価格は6,980円前後。


© Numark

 パネルはシンプルにして必要最小限の構成、中央には DJ ソフトのプレイリストのロード操作ができるナビゲーションボタンとノブも装備しています。
 付属品として専用スキンの Virtual DJ Lite が付いてきます。


© Numark



ION ブランドじゃなくて Numark ブランドでリリースするのは自信の表れ?
価格次第では入門的ヒット商品になりそう。

[関連サイト]
 Numark (US)
 Numark (JP)
 Atomix Productions - VIRTUAL DJ


Numark DJ2GO (コンパクトDJコントローラー)

Numark DJ2GO (コンパクトDJコントローラー)

  • 出版社/メーカー: Numark(ヌマーク)/プロ・オーディオ・ジャパン株式会社
  • メディア:
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | 次の5件
ハードウェア(DJ機器)

customizeBlog2(); //]]>