So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
Apple 関連
前の5件 | 次の5件

Apple MusicにおけるiCloudミュージックライブラリとiTunesライブラリの関係
» Apple 関連 

Apple Music の有料メンバーシップを利用する場合に、ローカルの iTunes ライブラリとクラウド上の iCloud ミュージックライブラリがどんな関係になるのか少し整理してみました。



Mac/PC の iTunes ライブラリの照合とアップロード

 Mac/PC で iTunes を利用してない人で、1台の iOS デバイスだけで Apple Music を利用したい人・している人は、ライブラリの関係性については特に意識する必要はなく、利用するデバイス上だけで再生するなら iCloud ミュージックライブラリを有効にする必要もありません。

 Apple Music では、iCloud ミュージックライブラリを有効にすると、Mac/PC のローカル側の iTunes ライブラリの楽曲ファイルが照合され、クラウド上の iCould ミュージックライブラリにアップロードされます。

 聴き放題なのになぜローカル側のアップロードが必要なのかと思う人もいるかもしれませんが、Music アプリの My Music の初期リストや初期プレイリストを同期させるために必要な工程だということです。

 ローカルライブラリの曲数によっては、照合とアップロードにかなりの時間を要する場合があるので注意が必要。

 あと、サポートページにも記載があるように、Apple Music にはバックアップサービスはありません。
 無事アップロードができたからといって、(ほとんど人はやらないとは思いますが)元ファイルはすぐ消さずに、もし消す場合は別のローカルドライブなどにバックアップを取るようにしましょう。

アップロードされる楽曲ファイルの条件は iTunes Match と同等


» Apple Music サポートページ

 iCloud ミュージックライブラリのアップロードされる楽曲は、iTunes Match と同等で以下の条件を満たすものだけが対象になります。
  • 個人用のミュージックライブラリに最大25,000曲まで追加可能。
    iTunes Store から購入した曲の数はこの上限の計算に含まれない。
  • 200MB以下または 2 時間未満の曲だけがアップロード対象となる。
  • ALAC、WAV、AIFF フォーマットの曲は、256kbps AAC の一時的に変換されてから
    アップロードされ元のファイルはそのまま残される。
  • MP3 または AAC フォーマットの曲は一定の品質基準を満たしていない限り、
    カタログとの照合もアップロードもされない。
  • デジタル著作権管理 (DRM) で保護されている曲は、アップロード元の Mac/PC で楽曲を
    再生できるよう認証されている場合を除いてカタログとの照合もアップロードも行われない。
  • iTunes でアップロードした曲はオフラインで聴けるように保存していない限り、
    デバイス上のスペースを占有しない。

 iCloud ミュージックライブラリにアップロードされた曲は、iCloud ミュージックライブラリを有効にしたデバイス間で、楽曲やアルバム、ビデオ、プレイリストなどが同期されます。

 iCloud ミュージックライブラリが有効になっていない場合でも、My Music のうちのローカルからアップロードした分やプレイリストがデバイス間で同期がされないだけで(iTunes Store で購入した楽曲は同期される)、個々のデバイスで Apple Music 自体は利用できます。

iCloud ライブラリにない楽曲を直接 iTunes で転送した場合

 注意しなければならないのは、Mac/PC 側の iTunes からケーブル接続で iOS デバイスに直接楽曲ファイルを転送する場合です。

 Mac/PC 側から iCloud ミュージックライブラリにないファイルを、iCloud ミュージックライブラリを有効にした iOS デバイスに楽曲ファイルを転送しても Music アプリの My Music のリストには反映されません。

 この場合、iOS デバイスにオフラインで再生するには、Apple Music のラインナップから1つずつ手作業で同じ曲を再度ダウンロード保存して My Music に追加する必要があります。(曲数が多いとこの作業はかなりめんどくさい)

オフライン再生用に保存されるのは DRM 付きファイル

 Apple Music ではストリーミング再生のほか、オフラインで再生できるようにダウンロード保存が可能になっていますが、アップロード対象でなかった楽曲や iTunes Store で購入していない楽曲は DRM 付きのファイルとなります。

 アップロード済みまたは iTunes Store で購入済みの楽曲は、ファイルがローカルにない場合でも DRM 無しのファイルがダウンロード保存されます。

 Mac/PC でダウンロード保存する場合は、CD などから取り込んだ楽曲ファイルが既にローカルにある場合は上書きはされず残ります。
 ここを勘違いしている人が少なからずいるようですが、アップロードした元ファイル本体が DRM 付きに上書きされて置き換わることはありません。


 ちなみに、iTunes Match では、Mac/PC の iTunes ライブラリ照合時に低ビットレートと判定されたローカル既存ファイルは DRM 無しの 256kbps AAC ファイルに上書きされて置き換えられます。(この仕様が混乱を招く元なのかも)

iOS デバイス上では DRM 有り無しは気にしなくてもよいということです。

iTunes 12.2 で iTunes ライブラリが破壊される不具合あり

 先日リリースされた iTunes 12.2 で、Apple Music と iCloud ミュージックライブラリを有効にすると iTunes ライブラリの情報が破壊されるという致命的な不具合が発見されました。

 破壊されるのはライブラリのインデックス管理ファイル(iTunes Libray.itl) だけで、楽曲ファイル本体らは影響はないようです。

 復旧方法として、iTunes ライブラリのフォルダ内の iTunes Libray.itl を消すか適当な名前にリネームするかして、システムバックアップフォルダ (Previous iTunes Libraries) から直近の iTunes Libray 20xx-xx-xx.itl を iTunes Libray.itl にリネームして戻してやればよいそうです。

 ただし、復旧後は、iTunes を起動したときに「iCloud ミュージックライブラリを使用しますか?」のダイアログが表示されたら、必ず「後で行う」を選択する必要があるとのこと。(でないとまた同じことの繰り返しになります)

詳しい手順はこちらのページを参照↓



不具合の修正されたバージョンの iTunes が出るまで、iCloud ミュージックライブラリの有効化はしないほうがよさそうです。

[関連サイト]
 Apple Music
 iTunes Match
 Apple Music サポートページ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

Appleが定額の音楽ストリーミング配信サービス「Apple Music」を発表
» Apple 関連 

Apple が WWDC 2015 で、予てから噂のあった定額の音楽ストリーミング配信サービス Apple Music を正式に発表していました。

サービスの開始は2015年6月30日、月額9.99ドル、加入最初の3ヶ月間は無料。
ファミリーメンバーシップなら月額14.99ドルで最大6人で利用可能。
現時点では日本でのサービス開始日、月額は未発表です。



 Apple Music は、今までの iTunes Store からダウンロードしてデバイスのローカルライブラリに追加する形式ではなく、月額を支払うことで聴き放題になるストリーミング形式の音楽配信サービスです。

 iTunes Store と統合され、デバイスのライブラリ上の曲単位やプレスリスト単位の管理は、従来の自分で CD などから追加した曲や iTunes から購入してダウンロードした曲と同じように扱われます。

 有料メンバーシップに加入すると、iTunes Match と同じようにローカルライブラリのスキャンが行われ、既存のローカルコレクションの全曲が iCloud にアップロードされ、Apple Music のライブラリのラインナップとの照合が行われます。



» 基本となるのは3つのサービス
  • Apple Music ライブラリ - iTunes Store 同様の膨大なラインナップ
    • エキスパートや有名メディア作成のプレイリストをラインナップ
    • 過去に再生した曲の好みを自動分析して最適なおすすめを表示
  • Radio - Beats 1 ラジオなど多彩なジャンルのライブオンエアラジオ
  • Connect - アーティストが公開する限定コンテンツをコレクション・共有

 有料加入していなくても Apple ID でログインしていれば、無料で一部のサービスを利用することができます。

Apple Music でできることApple IDで
サインイン
Apple Music
有料メンバー
Connect 上でアーティストのフィードを表示する
Connect 上でアーティストをフォローする
ラジオステーション Beats 1 を聴く
Apple Music の全てのラジオステーションを聴く
Apple Music ライブラリにある曲を制限なく聴く
Apple Music のコンテンツをライブラリに追加する
Connect のコンテンツを再生・保存する
Connect のコンテンツやラジオの曲をお気に入りに追加する
オフラインで聴くために保存する
エキスパートからおすすめの音楽の提案を受ける




 対応の iOS アプリ、iTunes (Mac/Windows) の対応版はサービス開始の6月30日に配布されるものと思われます。

 iOS 8.4 以降対応の iOS デバイス(iPhone/iPad/iPod touch)、Mac (iTunes)、Windows PC (iTunes) で利用可能予定で、Apple Watch はペアリングした iPhone からアップデートが必要。



 Android は今秋に対応アプリのリリースが予定されています。ただし、Android での利用は有料メンバーシップ専用で、無料での利用はできないようです。

 WWDC のキーノートでは、Windows 版 iTunes の対応も今秋ととれる説明でしたが、Apple Music の公式ページでは単に「最新の iTunes にアップデート」ととしか記載がなく、アップデートがサービス開始と同時なのか今秋なのかについては記載がありません。




米国9.99ドルだと、日本の月額は1,300円~1,500円あたり?
それより日本でも6月30日にサービスが開始されるのかどうか…

あと、Apple Music と iTunes Match は、iCloud 上のデータを補完し合って個々のサービスとして共存するとのことですが、近い将来 iTunes Match が Apple Music に統合される可能性は高そうです。

[関連サイト]
 Apple
 Apple Music

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Appleがさらに薄く内部構造を刷新した新しいMacBook 12インチ(Early 2015)を発表
» Apple 関連 

Apple が MacBook Air よりもさらに薄く、内部構造を刷新した新しい MacBook 12インチ (Early 2015) を発表していました。
2015年4月10日発売予定で、日本での価格は未発表。
(参考: 1.1GHzモデル 1,299ドル/1.3GHzモデル 1,599ドル)




MacBook (Eary 2015) の主な特徴

  • プロセッサと SSD の違いで2モデル構成
  • カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色
  • 12インチ Retina ディスプレイ (2304×1440ピクセル)
  • 消費電力5W の小型化されたロジックボードとファンレス構造
  • 新設計バタフライ構造のLED バックライト付きフルサイズキーボード
  • 新しい Tapic Engine を採用した感圧タッチトラックパッド
  • 第5世代 Intel Core M "Broadwell" プロセッサ(1.1GHz/1.2GHz)
  • グラフィックス Intel HD Graphics 5300
  • メモリ 8GB (オンボード/1600MHz LPDDR3)
  • SSD 256GB/512GB (PCIe ベースフラッシュストレージ)
  • 分割され内部フレームにフィットした薄型バッテリー(最大10時間)
  • 電源、USB、外部ディスプレイ出力など多目的対応の USB type C 端子



MacBook Air/MacBook Pro 13インチもアップデート



 MacBook Air 11インチ/13インチモデル (Early 2015) は、プロセッサが第5世代 Broadwell の Intel Core i5 (1.6GHz デュアルコア)、Thunderbolt 2 端子などがアップデートされました。

 MacBook Pro 13インチ Retina モデル (Early 2015)は、プロセッサが第5世代 Broadwell の Intel Core i5(2.7GHz/2.9GHz デュアルコア)、新設計の感圧タッチトラックパッド、PICe ベースの高速 SSD、バッテリー容量などがアップデートされました。(MBP 15インチ Retina、MBP 13インチは仕様変更なしで価格改定 )

公式デモ




今回で MacBook Air よりもスリムな MacBook になってもはやプロセッサくらいしか差別化できなくなっていることから、今後 MacBook Air はなくなるか統合されるということなのかもしれません。

今年の後半にはスリムになった MacBook Pro も出てきそうな…

あと、Apple Watch は日本でも4月24日から発売だそうですが、個人的にはあまり興味がないのでここではスルーで。

[関連サイト]
 Apple

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Appleが指紋認証センサーTouch ID搭載の iPad Air 2、iPad mini 3を発表
» Apple 関連 

Apple が iPad の6世代目にあたる iPad Air 2 と、iPad mini の3世代目にあたる iPad mini 3 を発表していました。
2014年10月18日から受注開始予定となっています。


© Apple

 モデル  容量  価格
 iPad Air 2 (Wi-Fi)
 ゴールド/シルバー/スペースグレイ
 16GB 53,800円
 64GB 64,800円
 128GB 75,800円
 iPad Air 2 (Wi-Fi+Cellar)
 ゴールド/シルバー/スペースグレイ
 16GB 67,800円
 64GB 78,800円
 128GB 89,800円
 iPad mini 3 (Wi-Fi)
 ゴールド/シルバー/スペースグレイ
 16GB 42,800円
 64GB 53,800円
 128GB 64,800円
 iPad mini 3 (Wi-Fi+Cellar)
 ゴールド/シルバー/スペースグレイ
 16GB 56,800円
 64GB 67,800円
 128GB 79,800円


iPad Air 2の主な特徴


  © Apple

 CPU が A8X (M8内蔵) に変更され iPad Air に比べ40%、グラフィックは2.5倍にパフォーマンスアップしています。

 指紋認証センサーの Touch ID を新たに搭載、ディスプレイのサイズと解像度はそのままで、従来カバーガラス、タッチセンサー、液晶の三層構造になっていたものを、1つのパネルに統合することで、本体の厚さを iPad Air より18%薄い6.1mmに抑えています。

 また背面のカメラもアップデートされ、8メガピクセル対応となり、顔検出やノイズリダクションが強化されています。全面の FaceTime HD カメラも受光量が81%アップしています。

 搭載メモリ容量については現時点では不明。(従来の1GBから2GBに変更された?)

[追記] 2014/10/22
 A8X はトリプルコア、搭載メモリは2GBであることが確認されました。
 ベンチマークテストでは、シングルコアテストが A8 搭載の iPhone 6/6 Plus の約1.1倍、マルチコアテストが1.5倍のパフォーマンスという結果が出たそうです。
[追記ここまで]

  • 9.7インチ(2048×1536)の IPS 液晶ディスプレイ搭載
  • iPad Air より重さ9%減(437g)、厚さ18%減(6.1mm)
  • カラーはゴールド、スペースグレイ、シルバーの3色
  • 64bit アーキテクチャ A8X チップ搭載
  • モーションコプロセッサ M8 搭載
  • 指紋認証センサー Touch ID 搭載
  • iPad Air から40%向上した CPU パフォーマンス
  • iPad Air の2.5倍グラフィックパフォーマンス
  • バッテリー駆動時間 最大10時間
  • Wi-Fi モデルは11a/b/g/n (2.5GHz/5GHz、MIMO) 対応
  • Wi-Fi + Cellular モデルは 4G LTE 対応
  • 8メガピクセル iSight カメラ搭載 (1080p HD 対応)
  • 受光量が81%アップした1.2メガピクセル FaceTime HD カメラ搭載(720p)
  • オペレーティングシステム iOS 8.1
  →詳しくは公式サイトの iPad モデル比較ページを参照

iPad mini 3 の主な特徴


  © Apple

 iPad mini 3 のほうは指紋認証センサーの Touch ID が搭載された以外には iPad mini 2 (iPad mini Retina ディスプレイから名称変更された)との変更点はありません。
  • 7.9インチ(2048×1536)の IPS 液晶ディスプレイ搭載
  • カラーはスペースグレイ(ブラックベゼル)、シルバー(ホワイトベゼル)
  • 64bit アーキテクチャ A7 チップ搭載
  • モーションコプロセッサ M7 搭載
  • 指紋認証センサー Touch ID 搭載
  • バッテリー駆動時間 最大10時間
  • Wi-Fi モデルは11a/b/g/n (2.5GHz/5GHz、MIMO) 対応
  • Wi-Fi + Cellular モデルは 4G LTE 対応
  • 5メガピクセル iSight カメラ搭載 (1080p HD 対応)
  • 1.2メガピクセル FaceTime HD カメラ搭載(720p)
  • オペレーティングシステム iOS 8.1
  →詳しくは公式サイトの iPad モデル比較ページを参照

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=BCqJGoCMlVc
http://www.youtube.com/watch?v=sBfvJn-fpnc


従来の iPad Air (Wi-Fi 16GB/32GB)、iPad mini 2 (Wi-Fi 16GB/32GB)、iPad mini (Wi-Fi 16GB)も1万円値下げされて継続販売されます。


薄くなったのはよいけど強度が心配?
Touch ID 搭載は順当なアップデートといったところでしょうか。
(自分も iPhone 5s で愛用していて重宝しています)

Wi-Fi モデルに限れば、Touch ID や CPU、大容量に拘りがなければ安くなった前モデルも選択肢に入れるのもよいかもしれません。


[関連サイト]
 Apple
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Appleが解像度5120×2880 の iMac Retina 5K ディスプレモデルをリリース
» Apple 関連 

Apple が新しい iMac Retina 5K ディスプレイモデル を発表していました。
ラインナップは27インチモデルのみで 258,800円(税別)。
Retina でない従来のモデル(Late 2013) も継続して販売されます。


© Apple

 今回の目玉は前モデルの約4倍の領域をもつ 5120×2880ピクセルの解像度をもつ 5K ディスプレイが採用された点で、その他に CPU が3.5GHz クアッドコア Core i5、グラフィックが AMD Radeon R9 M290X、ストレージが 1TB Fusion Drive に変更されています。

 メモリは前モデルと同じで8GB(最大32GB)、Wi-Fi も同じく 11ac に対応。外観のほうは特に変更はないようです。

 Apple Wireless Keyboard とMagic Mouse が付属し、OS X は Yosemite (10.10) が標準搭載されます。

» 標準構成 (グレーの箇所はカスタマイズオプション)
モデル 27インチ Retina 5K Display
価格 258,800円~
CPU Core i5 3.5GHz (QuadCore), Core i7 4.0GHz (QuadCore)
ディスプレイ IPS 27インチ 5120×2880 Retina Display
メモリ 8GB, 16GB,32GB
ストレージ 1TB Fusion Drive, 3TB Fusion Drive, 256GB/512GB/1TB SSD
グラフィック AMD Radeon R9 M290X (2GB/DDR5), Radeon R9 M295X (4GB/DDR5)
オーディオ/ビデオ ヘッドフォン出力 (デジタル光出力兼用)、デュアルマイクロフォン、Face Time HDカメラ
その他入出力 Thunderbolt 2ポート ×2、USB 3ポート ×4、SDXC カードスロット ×1、1000BASE-T Ethernet ×1
ワイヤレス Wi-Fi 11ac(a/b/g/n)、Bluetooth 4.0
サイズ (H)51.0cm × (W)65.0cm × (D)20.3cm、重量: 9.54kg






長らくモデルチェンジが放置されていた Mac mini も刷新されました。(Late 2014)
3モデル構成で、52,800円、74,800円、106,800円となっています。

 CPU が第4世代 Core シリーズ(Haswell)の 1.4Gz/2.6GHz/2.8Gz (すべてデュアルコア)を搭載、内蔵グラフィックは Intel HD Graphics/Intel Iris Graphics を搭載し前モデル比べてグラフィックスパフォーマンスが90%向上しています。


© Apple

 入出力ポート関連は、HDMI ×1、Thunderbolt 2 ×2、USB 3 ×4、1000BASR-T Ethernet ×1、 SDXC カードスロット ×1、オーディオ入力 ×1、ヘッドフォン(光デジタル出力兼用) ×1 となっています。
 ワイヤレス関連は Wi-Fi 11ac(a/b/g/n)、Bluetooth 4.0、IR レシーバを搭載。

 OS X Yosemite (10.10) を標準搭載。
 本体サイズは (W)197×(D)197×(H)36mm、重量は1.19~1.22kg。
 キーボードとマウスは従来通り付属しません。


© Apple


iMac Retina が4Kではなくて5Kだったのは予想外でした。
価格は高品質の4Kディスプレイがまだまだ高いので、結構がんばったようにも思えますが、それでも今26万を出すのは得策ではないような気もします。
(おそらく次のモデルでディスプレイコストに合わせて価格が少し下がるはず…)

Mac mini がモデルチェンジしたのはこれまた予想外でした。
ただ、CPU が i5 デュアルコアだけなのと、メモリがロジックボードに直付けされていて後付けできない仕様になっているのが惜しいところですね。

[関連サイト]
 Apple


APPLE iMac Retina 5K Display 27 (3.5GHz QuadCore i5/8GB/1TB Fusion/ AMD Radeon R9 M290X) MF886J/A

APPLE iMac Retina 5K Display 27 (3.5GHz QuadCore i5/8GB/1TB Fusion/ AMD Radeon R9 M290X) MF886J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers
APPLE Mac mini (1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A

APPLE Mac mini (1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers
APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

APPLE Mac mini (2.6GHz Dual Core i5/8GB/1TB/Intel Iris) MGEN2J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers
APPLE Mac mini (2.8GHz Dual Core i5/8GB/1TB Fusion/Intel Iris) MGEQ2J/A

APPLE Mac mini (2.8GHz Dual Core i5/8GB/1TB Fusion/Intel Iris) MGEQ2J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: Personal Computers
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | 次の5件
Apple 関連

customizeBlog2(); //]]>