So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2012年09月 | 2012年10月 |2012年11月
- | 次の10件

ユニバーサルミュージックがリリースする高音質LPレコード「100% Pure LP」
» 音楽ネタ全般 

ユニバーサルミュージックが新配合の無着色ヴァージンビニールを材料に採用した高音質のアナログ LP レコード「100% Pure LP」と銘打った15タイトルを2012年12月12日にリリースするそうです。
価格は各5,800円ですべて初回プレスのみの完全限定盤となっています。




発売予定タイトル一覧

ロック、ポップスから10タイトル、ジャズから5タイトルがラインナップされます。
  • ザ・ローリング・ストーンズ / スティッキー・フィンガーズ
  • ザ・ローリング・ストーンズ / イッツ・オンリー・ロックン・ロール
  • ザ・フー / フーズ・ネクスト
  • ブラインド・フェイス / スーパー・ジャイアンツ
  • エリック・クラプトン / 461オーシャン・ブールヴァード
  • マイク・オールドフィールド / チューブラー・ベルズ
  • ダイアー・ストレイツ / 悲しきサルタン
  • レインボー / バビロンの城門
  • エイジア / 詠時感~時へのロマン
  • スティーヴィー・ワンダー / インナーヴィジョンズ
  • ビル・エヴァンス / ワルツ・フォー・デビイ
  • ビル・エヴァンス / ポートレイト・イン・ジャズ
  • ソニー・ロリンズ / サキソフォン・コロッサス
  • アート・ペッパー / アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション
  • ウェス・モンゴメリー / インクレディブル・ジャズ・ギター

通常プレス盤との違い

  • 新配合無着色ヴァージンビニール採用
     一般的な黒いレコードは塩化ビニールを主原料に、再利用前提として着色料にカーボンが使われています。
     100% Pure LP は、音に影響を与える着色料などの添加物をすべて排除して、成型の安定性と自然な音鳴りを実現するために低重合度の無着色ストレート塩化ビニールが採用されています。

  • メタルマスター・プレス工程採用
     通常のレコードの量産工程は、カッティング後にラッカー盤(凹)、メタルマスター(凸)、メタルマザー(凹)、スタンパー(凸)の4工程を経て作成されたスタンパーが量産プレスで使用されます。
     一方、100% Pure LP ではメタルマザーとスタンパーの2工程が除かれ、カッティング後にラッカー盤(凹)、メタルマスター(凸)となり、メタルマスターからダイレクトにプレスされ、より忠実な溝の成形が施されます。
     デメリットとしてマスターの耐久性が劣るためにプレスが完全数量限定となります。

  • DSD ダイレクト・トランスファー・カッティング採用
     100% Pure LP シリーズのマスター音源は2010年より発売されている SA-CD~SHM 仕様シリーズにも採用された DSD (Direct Stream Digital) ファイルが採用されています。
     DSD マスターを SONY 特製 K-1326 D/A コンバーターのアナログ出力を通してダイレクトにカッティング・コンソールに入力し、イコライザー、リミッターコンプレッサー、カットフィルター、低域位相補正などの電気処理は一切通さないシンプルな回路構成で、カッティングレベルよりも音の鮮度とダイナミックレンジが重視されています。


CD 高音質化の次はアナログ盤ですか…
コストがかかってるのは分かりますが5,800円は少々高いような。

これまでの高音質盤と同じく一部のオーディオマニアには歓迎されるのではないかと思いますが、はたして可聴周波数範囲が経年劣化していくオヤジたちの耳と心に100%ピュアな音は届くのか、今後のマーケット展開に注目です。

ちょっと聴いてみたいけど自分は聴き分けられる自信がありません(苦笑)

あと、どうせ数量限定なのだからアルバムで1枚ではなくて、アルバム1曲単位で1枚ずつプレスして10枚組アルバム構成とかしてさらに高音質化とか…

[関連サイト]
 ユニバーサルミュージック - 100% Pure LP


スティッキー・フィンガーズ [Analog]

スティッキー・フィンガーズ [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
461オーシャン・ブールヴァード [Analog]

461オーシャン・ブールヴァード [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
詠時感~時へのロマン~ [Analog]

詠時感~時へのロマン~ [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
ワルツ・フォー・デビイ [Analog]

ワルツ・フォー・デビイ [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
サキソフォン・コロッサス [Analog]

サキソフォン・コロッサス [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
インクレディブル・ジャズ・ギター [Analog]

インクレディブル・ジャズ・ギター [Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック
  • 発売日: 2012/12/12
  • メディア: LP Record
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

自然の音に耳を傾ける巨大な4つのホーン The Hear Heres
» 音のインスタレーション 

英国ダービーシャーにある歴史的建築物で、現在はナショナルトラストが管理するケドルストンホール (Kedleston Hall) の敷地周辺に The Hear Heres と名付けられた大きな4つのホーンが設置されています。



 建築デザイン雑誌 Dezeen によるプロジェクトで、製作はエキシビジョン関連の建築・景観デザインを主に活動する Studio Weave が担当しています。



 大きなホーンの片方に耳を傾けて、風の音、水辺の音、木葉の音、林の音など自然の空間の音をもっと身近に感じようという参加型の展示物です。



ホーン本体はとグラスファイバーで整形され亜鉛でコーティングされています。



足は地中に埋められたプレートに溶接されてがっちり固定されているそうです。
奥に移っている建物がケドルストンホールの一部です。


[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=62Se8RezWL0


こういうの日本にはないのかな?

[関連サイト]
 Dezeen
 Studio Weave
 National Trust - Kedleston Hall
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音のインスタレーション
permalink
trackback


- | 次の10件
2012年09月 |2012年10月 |2012年11月