So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2012年02月 | 2012年03月 |2012年04月
- | 次の10件

ジャムセッション機能など新機能が追加されたiOS版 GarageBand 1.2
» Apple 関連 

iOS 端末用 GarageBand がいくつかの新機能が追加されてバージョン 1.2 になっていました。
App Store 価格は450円、旧バージョンからのアップデートは無料です。

主な新機能

  • 最大4人のユーザと演奏やライブ録音ができる「ジャムセッション機能」
    (iPhone 4 以降、iPod touch 第4世代、iPad 全モデルで利用可能)
  • 弦楽オーケストラが手軽に弾ける「Smart Strings」を追加
  • Smart Bass に新しいシンセベース4音色を追加
  • Smart Keyboard にシンセ4音色を追加
  • Touch Instruments 用のピアノロール形式のノートエディタ
  • 複数トラックを1つのトラックにまとめられる結合機能
  • iCloud にソングデータを自動保存
    (iPhone 4 以降、iPod touch 第4世代、iPad 全モデルで利用可能)
  • Facebook、YouTube、SoundCloud に曲を直接アップロードして共有

ジャムセッション機能



 Wi-Fi または Bluetooth 経由で最大4人の Pad、iPhone、iPod touch を接続してリアルタイムのセッションプレイや録音が行えます。
 画面上部のコマンドバーにある音符アイコンをタップして設定できます。

Smart Strings : 弦楽オーケストラ



 Touch Instruments に新たにオーケストラの弦楽セクションが演奏できる Smart Strings が追加されました。

 バイオリン1&2、ビオラ、チェロ、コントラバスの構成で、4種類の音色が使えます。各パートは別々にミュートができます。
 コード/ノート、オートプレイの機能は他の Touch Instruments と同様。

Smart Bass / Smart Keyboard の新音色



Smart Bass には新たにシンセベースの音色4つが追加されました。
某303風のツマミがついていますが音のほうは普通のシンセベースです。



Smart Keybard にも新たにシンセの音色4つが追加されました。
オーソドックスなアナログシンセ風のサウンドです。

Touch Instruments 用のノートエディタ

録音したノートデータをピアノロール形式で細かく編集できるようになりました。



 リージョンを選択してポップアップメニューの右端に表示される「編集」の項目を選択すると、ピアノロール画面が開きます。



音程や位置の変更のほか、鉛筆ツールを使って新たにノートが追加できます。
エディタ画面の一番下のローテーションバーでスクロールや縮小拡大ができます。

トラックの結合



トラックを選択するとポップアップメニューの項目に「結合」が表示されます。



結合したい複数のトラックを選択して画面右上の「結合」を押します。
結合を行うと直前の状態が自動的にバックアップとして保存されます。

クラウド対応



iCloud にソングデータを保存できるようになりました。
先にシステム設定のほうで iCloud の利用をオンにしておく必要があります。

完成した曲は、Facebook、YouTube、SoundCloud に直接アップロードして公開・共有することができます。(事前に各サービスのアカウント登録が必要)


機能てんこ盛りの GarageBand が他と比べて唯一劣っていた部分とも言えるノート編集機能がようやく実装されたことで喜んだユーザーも多いのではないでしょうか。
ジャムセッション機能はまだ実際に試してないんですが、なかなか面白そうですね。

[関連サイト]
 Apple
 Apple - GarageBand (for iOS)


iTunes App Store からダウンロード Apple GarageBand for iPad/iPhone/iPod touch
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/03/07 (Ver.1.2)
価格: 450円

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

Appleが解像度4倍のRetinaディスプレイを採用した新しいiPadを発表
» Apple 関連 

Apple が新しい iPad を発表していました。
発売は3月16日で、Wi-Fi モデルは現在 Apple Store で予約受付中。



正式な製品名は iPad 3 ではなく番号のない iPad になっています。

モデル構成と価格


 モデル  容量  価格
 Wi-Fi  16GB  42,800円
 32GB  50,800円
 64GB  58,800円
 Wi-Fi + 4G  16GB  53,800円
 32GB  61,800円
 64GB  69,800円

旧機種の iPad 2 は Wi-Fi /16GB モデル(34,800円)、Wi-Fi + 3G/16GB モデル(45,800円)の2機種がしばらく併売されるようです。

iPad 2 からの主な変更点

  • 9.7インチ 2048×1536 ピクセルの Retina ディスプレイ搭載
    (iPad 2 の4倍の解像度)
  • グラフィックスパフォーマンスが4倍になった A5X チップ
    (プロセッサ: デュアルコア / グラフィックス: クアッドコア)
  • 4G LTE 対応
    (現時点では Wi-Fi + 4G モデルの国内キャリアはソフトバンクのみ)
  • 5メガピクセル iSight カメラ搭載
    (HD 1080p ビデオ撮影、毎秒最大30フレーム対応)
  →詳しくは公式サイトの iPad / iPad2 モデル比較ページ参照

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=DJxZ0HVQXo8
http://www.youtube.com/watch?v=AEngFNb5CRU


初代 iPad のときは予約して発売日に無事ゲットしたのですが、Retina ディスプレイを生かした効果的な使い方を思いつかないし、今のところ用途的には初代で十分なのでしばらく様子見することにしました。

[関連サイト]
 Apple
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback


日本からプロキシやVPNを使わずにネットラジオのPandoraを利用する方法
» ネットラジオ/Podcast 

k'conf で、ネットラジオの Pandora を日本から聴きたいときにプロキシや VPN を使わずに簡単にアクセスできる方法が紹介されていました。

[追記] 2012/05/17
数日前に対策が施されアクセスできなくなっったため、残念ながらこの記事で紹介している方法は無効になりました。



その方法は「強制的に HTTPS でアクセスする」というもので、2つの手段が紹介されています。
  • Firefox/Chrome 拡張機能の HTTPS Everywhere を利用する
  • Chrome の内部情報 chrome://net-internals でドメインを登録する



極力余計な拡張機能はいれたくないので、2つめの方法を試してみました。
  1. Chrome のアドレスバーに chrome://net-internals と入力
  2. 左項目の HSTS を選択
  3. Add Domain の Domain に www.pandora.com を入力
  4. Add ボタンで追加
設定し終わって www.pandora.com にアクセスすると・・・
(最初の読み込みで Chrome の警告が出ますがそのまま続行してOKです)



おお!すばらしい!再生できました。(何年ぶりだろう・・・)
試しに以前使っていたアカウントでサインインしてみるとちゃんと残ってました。

サービス開始当初はよく利用していて、途中で日本からのアクセスが制限されてからはわざわざプロキシとか設定するのめんどくさくて長らく利用してなかったんですが、あの絶妙な選曲精度はやっぱり捨てがたいものがありますね。

この抜け道もいずれは対策されそうですが、それまでしばらく楽しんでみることにします。

[関連サイト]
 k'conf
 Pandora Radio
 Google Chrome
 Electronic Frontier Foundation - HTTPS Everywhere
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ネットラジオ/Podcast
permalink
trackback


monotribe version 2を使いこなすためのオーバーレイシートがKORGから配布開始
» ハードウェア(楽器) 

KORGmonotribe version 2 で追加された新機能を分かりやすく記載したオーバーレイシートを配布しています。


© KORG

 全国の楽器販売店で順次配布開始されるほかに、公式サイトで ai 形式もしくは pdf 形式のファイルをダウンロードして自分で印刷することもできます。

 厚めの紙に印刷して、ツマミの部分を丁寧に切り抜けば完成です。
 楽器店配布のものと pdf 形式のものはイエローになっていますが、ai 形式のものはレイヤーが分けられているので好きな色に変更して印刷できます。


© KORG

これはナイスなアイディアですね。

[関連サイト]
 KORG
 KORG - monotribe version 2


KORG monotribe

KORG monotribe

  • 出版社/メーカー: KORG
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback


OS X 用AU/VSTプラグインの試奏に便利なプラグインホストプレイヤー : Audio Plugin Player
» ソフトウェア(音楽制作) 

Defective Records Software からリリースされているシンプルでコンパクトな OS X 用の AU/VST プラグインのホストプレイヤー Audio Plugin Player を紹介。
OS X 10.6.6 以降に対応。Mac App Store 価格は250円。


 その名のとおり、OS X 用の AU/VST インストルメントを呼び出して演奏ができるシンプルな機能のアプリで、真ん中のスロット(プラグインのファイル名が表示されている部分)を押して、プラグインの入ったフォルダ(Macintosh HD/Library/Audio/Plug-Ins/) などからロードして、Mac のマウスやキーボード、MIDI キーボード、他アプリからの MIDI 出力などから弾くことができます。
(スロットにドラッグ&ドロップしても読み込めるとあるがなぜかうまく動かなかった)

 その他にも、プラグイン本体を別ウィンドウで表示したり、音色プリセットファイルを読み込んでホスト側からの音色選択、オーディオドライバや出力先の選択、レベル調整、パニックボタンなどの機能があります。

プラグインの整理で音を確認したいときや、ちょっとした試奏するときに便利かも。


» Windows 版 VST の試奏には Cantabile Lite
Windows 版 VST 用には似たような機能をもった Cantabile Lite があります。
Lite は無料でダウンロードできます。(上位版は有料)

過去記事も参考に↓
» 2009/01/05 - VSTプラグインの試奏に便利なCantabileが2.0(beta)に

[関連サイト]
 Defective Records Software
 Cantabile Software


Mac App Store からダウンロードDefective Records Software - Audio Plugin Player
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/01/31 (Ver.1.1)
価格: 250円

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(音楽制作)
permalink
trackback


本物のオルゴールを改造した手回しMIDIシーケンサー : Digital Enhancement by Martin Bircher
» 音のインスタレーション 

Create Digital Music から、Martin Bircher 氏作成の手回しオルゴール式 MIDI シーケンサー Digital Enhancement を紹介。

digitalenhancement1.png

 Symphonion (シンフォニオン)の卓上手回し式ディスク・オルゴールに改造を施して、ディスクが弾くピンの動きを MIDI シグナルに変換して出力する手回しの手動の MIDI シーケンサーです。



 従来のピンの部分を流用してシーケンスデータを読み取る電気的なトリガースイッチに改造されています。



 もうひとつの大きな違いは、オリジナルのシンフォニオンのオルゴールは本体にクランクハンドルを差し込んで直接回しますが、 Digital Enhancement では外付けの手回し式ダイナモで発生させた電力で、オルゴールに内蔵された回路とモーターを動かす凝った仕掛けになっています。

[ここに Vimeo プレイヤーが表示されます]
http://vimeo.com/37588112
http://vimeo.com/19858425


新旧の楽器テクノロジーが融合するとなんだか SF チックで、スチームパンク、クロックパンクっぽくなるのが面白いですね。
こういうの好きです。

[関連サイト]
 Martin Bircher
 Facebook - Martin Bircher
 Create Digital Music


La SOIREE ~アンティーク・オルゴールの響 Ⅰ~

La SOIREE ~アンティーク・オルゴールの響 Ⅰ~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マイスターミュージック
  • 発売日: 2000/04/24
  • メディア: CD
La MATINEE ~アンティーク・オルゴールの響 II~

La MATINEE ~アンティーク・オルゴールの響 II~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: マイスターミュージック
  • 発売日: 2000/04/24
  • メディア: CD
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音のインスタレーション
permalink
trackback


- | 次の10件
2012年02月 |2012年03月 |2012年04月