So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2011年12月 | 2012年01月 |2012年02月
- | 次の10件

好みに合った選曲をしてくれるパーソナル・オンライン・ラジオサービス : AUPEO!
» ネットラジオ/Podcast 

今回は、ドイツ発のパーソナル・オンラインラジオの Web サービス AUPEO! を紹介。
半年前に見つけたときは日本からのアクセスでは経路が細かったのか、よく途切れて正直なところ使い物にならなかったのでボツにしたのですが、先日再確認してみたらそこそこ使える感じになっていたので改めて紹介することにしました。



 好みのジャンルを選択して再生された曲の好き嫌いの選択を繰り返していくことで、好みに合った選曲をしてくれるネットラジオです。
 PC のブラウザ上から再生できる以外に、iOS/Android 用のアプリ(日本語対応)もリリースされています。

プランのちがい

利用はいくつか制限のある無料プランと、1ヶ月4.95ドルもしくは1年49.95ドルの2つの有料の Premium プランが用意されています。

無料プラン 有料プラン
1ヶ月4.95ドル/1年49.95ドル
 広告音声挿入  あり (数曲ごと)  なし
 スキップ/Ban回数  1時間あたり6回まで  無制限
 再生ビットレート  非公開 (96kbps/128kbps?)  192kbps
 選曲精度  Normal  Full DNA
 複数デバイス対応  不明  台数無制限

 無料で利用する場合はアカウント未登録のままでも再生は可能ですが、複数の端末で共通データ(選曲の最適化情報など)を利用したいときはアカウントを登録しておく必要があります。

かんたんな使用方法



 サイトのユーザーインターフェイスは、タッチデバイスを意識したシンプルで分かりやすいデザインで、ほとんどの操作はボタンをクリックするだけで使えるようになっています。


» ジャンル選択

 最初にやることはジャンルを選択することだけです。選択したジャンルの曲が流れていく中で、気に入ったものがあれば LOVE ボタン、気に入らなければスキップボタンもしくは BAN ボタンを押していくと、選曲精度がどんどん上がっていって自分個のみのラジオステーションが出来上がります。


» (左) ジャンル "ELECTRONIC" のサブジャンル選択 (右) 曲の雰囲気で選択

 ジャンル選択だけでは大雑把すぎるときは、サブジャンルや曲の雰囲気を選んでさらに絞り込むこともできます。


» (左) お勧めステーション選択 (中) ジャンルステーション選択 (右) アーティストステーション選択

 その他にも、AUPEO! お勧めのステーションや、アーティスト名から近いタイプの曲を流してくれるステーションも作成できます。

iOS 用アプリ

iOS 4.2 以降の iPhone/iPod touch/iPad に対応。
ユニバーサルアプリではなく、iPhone/iPod touch 用と iPad 用が別になっています。


iPhone/iPod touch 用アプリ


iPad 用アプリ

 Web サイトを三分割したようなレイアウトで、左右のスワイプ操作とプレイヤーのフルスクリーン表示が追加された以外は機能的には Web サイト版と同じで、こちらは日本語表示にも対応しています。

Android 用アプリ

OS 2.1 以降に対応。レイアウトと機能は iPhone 用と同じで、日本語表示が可能です。
アプリの容量が8MBもあるのに SD 側に移動できないのが残念。


Android 用アプリ

 自分が試したときはアーティストステーションのリスト表示がいつまでもロード中のままで表示できませんでした。(原因不明)

公式デモ

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=t6FK79mptUA


無料プランではヘッドフォンで聴くのは音質的にちょっときびしいかもしれませんが、スピーカーで BGM 代わりに流しっぱなしで聴くのにはいいかもしれません。

[関連サイト]
 AUPEO!


iTunes App Store からダウンロード AUPEO! (for iPhone/iPod touch)
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/01/12 (Ver.2.48)
価格: 無料


iTunes App Store からダウンロード AUPEO! (for iPad)
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/01/14 (Ver.1.29)
価格: 無料


Android Market からダウンロード AUPEO! (for Android)
カテゴリ: 音楽&オーディオ
リリース: 2011/12/23 (Ver.2.5.4)
価格: 無料
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ネットラジオ/Podcast
permalink
trackback


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

IK MultimediaがiOS端末用モバイルDJミキサー iRig MIXとDJアプリ DJ Rigを発表
» ハードウェア(DJ機器) 

IK Multimedia が iOS 端末用の音楽デバイス iRig シリーズの新製品 モバイル DJ ミキサー iRig MIX と DJ アプリ DJ Rig を発表していました。

iRig MIX は99.99ドルで2月にリリース予定。
DJ Rig は近日リリース予定でフリー版と有料版(価格不明)が用意されるようです
[追記] 2012/03/10
DJ Rig の App Store 価格は170円。


© IK Multimedia

モバイル DJ ミキサー : iRig MIX


  • ステレオ入力 ×2
    (ゲイン、ベース、トレブル、ボリュームフェーダー)
  • チャンネル別のキューボタン (LED インジケーター付き)
  • チャンネル・クロスフェーダー
  • インストルメント/マイク用の外部入力 ×1
    (アプリによるボリューム調整)
  • ステレオ出力 ×1
    (RCA 端子、マスターレベル調整、LED メーター付き)
  • ヘッドフォン出力 ×1
    (マスター/モニター対応、専用ボリューム調整付き)
  • 1台の iOS 端末の L/R 出力を2つのモノラル出力 (ch A/B) として扱える入力切替スイッチ
  • 2台の iOS 端末の BPM をオートシンクロさせる "X-Sync"
    (アプリ DJ Rig 固有の機能)
  • micro USB 端子経由の電源供給
    (バッテリーパック、モバイルチャージャー対応)
  • DJ Rig、Amplitube、VocaLive、GrooveMaker のフリー版が利用可能 (注:別途ダウンロード)

© IK Multimedia

DJ アプリ : DJ Rig



端末1台で2デッキ表示する場合のユーザーインターフェイス


片方をサンプラーまたはエフェクト用の X-Y パッドで使用する場合
  • iOS 端末内のミュージックライブラリおよびプレイリストに直接アクセス可能
  • "OnTempo" テクノロジーによる素早い自動 BPM 検出
  • ドラッグ、ピンチイン/アウトに対応した波形表示
  • デッキコントロール (ボリューム、ピッチ、3バンド EQ、ヘッドフォン、クロスフェーダー)
  • 拍節の開始位置を自動検出するオートループ生成機能、
  • フルミックスをライブレコーディング可能
  • MP3/AAC/WAV/AIFF などメジャーなオーディオフォーマットの再生に対応
  • 横置きと縦置きにそれぞれに合わせたユーザーインターフェイス
  • カスタマイズ可能なデッキインターフェイス
  • フリー版と有料版を用意


2台で縦置きあるいはA/B切り替えで利用する場合 (左からデッキ、サンプラー、X-Y パッド)
  • X-Y パッドインターフェイスと12のエフェクト
    (Delay, Flanger, Crush, Filter High Pass, Filter Low Pass, Filter Band Pass, Compressor, Wah, Phaser, Fuzz, Reverb, Stutter)
  • 外部入力のオーディオソースの BPM にオートシンクする "X-Sync"
  • 9パッド×4バンクの常時サンプリング可能なサンプラーとサンプルライブラリー
  • "CloneDeck" テクノロジーによるターンテーブルライクなスクラッチエンジン
  • 1曲あたり最大4つまで指定できるビジュアルキューポイント
  • 3パターンのクロスフェードカーブが利用可能
  • 2つの曲のレベル差を検出して自動調整
  • ベースおよびハイパスフィルターによるスムーズなクロスフェード EQ
  • 様々なオーディオ機器のセットに対応したマルチアウトプット設定

公式デモ



 デモでもちらっと説明があるとおり、X-Sync 機能はデッキ自体のオーディオ出力の他に、4極(スリーブのリングが3つあるタイプ)のミニピンプラグのマイク入力を使って、マスターになるもう1台のデッキもしくは他のオーディオ機器の出力を入力して利用することで、マスター側の BPM を検出してスレーブ側が同期するようになっていると思われます。
(4極ミニピンプラグのケーブルが iRig MIX に付属してくるはずです)
 

タッチインターフェイスとフィジカルインターフェイスを併用するのは違和感があるような気もしますが、そこは慣れの問題?

あと今回に限ったことではなくタッチインターフェイスの場合、本番中に誤って意図しない部分に触れてしまって、不意にボタンが押されてしまったりツマミやフェーダーがとんでもない位置に動いてしまうアクシデントが起こる確率がフィジカルインターフェイスに比べて高いのがウィークポイントだと思ったりするんですけど、実際のところどうなんでしょう?

[関連サイト]
 IK Multimedia
 IK Multimedia - iRig MIX
 IK Multimedia - DJ Rig


iTunes App Store からダウンロード IK Multimedia - DJ Rig
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2012/03/07 (Ver.1.0)
価格: 170円

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(DJ機器)
permalink
trackback


CASIOがNAMM 2012で新しいシンセを発表予定、シンセ事業に復帰? : CASIO XW-P1
» ハードウェア(楽器) 

Synthtopia によると、CASIO America が近々開催予定の楽器ショー NAMM 2012 にあわせて開設した音楽機材関係の新しいサイト Casio Music Gear で、公開直後に何かミスをしてしまったらしく XW-P1 と名付けられた新しいシンセの画像が流出したようです。
サイトのほうは現在はカウントダウンのページに差し替えられています。



 音源方式やパラメータの構成など詳しいスペックはまだ分かりません。PERFORMANCE SYNTHESIZER とあるのでおそらくシーケンサー内蔵でマルチパート演奏時のリアルタイム操作性を重視したタイプと思われます。

 上の画像を見ると本体左にパフォーマンスパラメータ関連と思わしきツマミがいくつか見えます。アナログモデリングのデジタルシンセのように見えますが、もしかしたら他にも何か独自の機能を搭載しているのかもしれません。

80年代の CASIO のシンセ

 アナログシンセから脱却しようと各社がこぞって新しい音源方式のデジタルシンセを次々とリリースしていた80年代半ば当時、CASIO も独自の PD (Phase Distortion) 音源を搭載した CZ-101 で1984年にシンセ事業に参入。



 CZ-101 の価格は89,000円、8音ポリのミニ鍵盤で PD 音源を内蔵、さらに当時まだ珍しかった4パートのマルチティバーにも対応していて、そのコストパフォーマンスの高さから人気商品となり、シンセ業界における CASIO の知名度を一気に上げた製品でもありました。





 その後ノーマル鍵盤の CZ シリーズ(1985年~)、PD 音源をさらに進化させた iPD 音源の VZ シリーズ(1988年~)、国産初の16bitサンプラーの FZ シリーズ(1987年~)など個性的な製品を次々とリリースしていましたが、国内外メーカー乱立の過当競争の中でいつからかその勢いを失いシンセ事業から撤退し長い年月が経ちました。
 電子楽器部門としてはピアノとキーボードは今も継続して新製品がリリースされ続けています。

今になってまたシンセをリリースするのは相当の自信があるモデルということなのでしょう。
その本意は分かりませんが、ぜひともこのまま続けていってもらいたいものですね。

コンパクトで堅牢な G-SHOCK 風アナログシンセなんてどうです?カシオさん(笑)


[追記] 2012/01/20
公式サイトで正式に発表されていました。 →ニュースリリースはこちら




3月下旬発売予定のパフォーマンスシンセサイザー XW-P1、4月発売予定のグルーヴシンセサイザー XW-G1 の二機種。

詳しい続きはこちらの記事で↓
2012/01/20 - CASIOのシンセが復活!個性派シンセ XW-P1、XW-G1 を発表


[関連サイト]
 Casio Music Gear
 CASIO
 CASIO America

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback


1つのコンタクトマイクで特定の音と動きを認識して複数の音色を生成 : Bruno Zamborlin - Mogees
» 音楽ネタ全般 

コンタクトマイクの貼られた物体上で発せられた複数の音をリアルタイムに解析して、特定の動きに合わせた複数の音色を生成する音声ジェスチャー認識プログラム Mogees を紹介。


 誤解する人がいるかもしれないので簡単に説明すると、マイクで拾ったサウンドを音声としてエフェクト加工しているのではなく、プログラムによって拾った音がどのように叩かれたかパターンを認識して、パターンごとに複数のサウンドを生成して出力するというものです。

 プログラムは MAX/MSP とサウンドモーションキャプチャー・モジュール MuBu を使って作られています。
 ちなみにMax は、このプロジェクトにも協力参加しているフランスの国立音響音楽研究所 IRCAM によって約20年前に開発され、商用版を Cycling '74 が販売していて最新版は Ver.6 で、MuBu は IRCAM によって開発・提供されています。


コンタクトマイクを使った打面の音声信号変換の技術自体は今までに(新しいところでは KORG WAVEDRUM mini の振動クリップなど)いくつも実用化されていますが、1つのマイクから特定の音を判別して複数の音色に対応させるのはなかったかもしれません。

まだ実験段階のようですが、これがもし打楽器系の電子楽器に採用されれば表現の幅がさらに広がるのでは?

[関連サイト]
 Bruno Zamborlin
 Mogees - Bruno Zamborlin, PhD Student, Goldsmiths, University of London
 Cycling '74 - MAX
 IMTR - MuBu
 IRCAM


Max 6

Max 6

  • 出版社/メーカー: イーフロンティア(カメオインタラクティブ)
  • メディア: CD-ROM
KORG パーカッション・シンセサイザー WAVEDRUM Mini

KORG パーカッション・シンセサイザー WAVEDRUM Mini

  • 出版社/メーカー: KORG
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback


ループレコーディング機能付きドラムマシンTシャツ : ThinkGeek - Electronic Drum Machine Shirt
» ハードウェア(アイテム) 

ユニークなガジェットでおなじみの ThinkGeek からループレコーディング機能がついたドラムマシンTシャツ Electronic Drum Machine Shirt がリリースされていました。
価格は29.99ドル、サイズはS/M/L/XL/XXL (US サイズ)。



 今までリリースされたギターTシャツ、ドラムTシャツ、シンセTシャツと違う点は、オーバーダブで最大3分間のループレコーディングができるところです。

主な機能

  • リアルタイム演奏と最大3分のオーバーダブ・ループレコーディングに対応
  • 9種類のドラムキット、1キット7種類のサウンド
    • ROCK DRUMS
    • RETRO 808
    • DISCOTEK
    • TECHNO PUNK
    • CLASSIC JAZZ
    • BASS INVADERZ
    • CHIPTUNE
    • ZAPF DINGBEATS
    • SCRATCHY
    • 7つのパッド(最大同時発音数 7音)
    • 1つのループ内での別のドラムキット選択してミックス可能
    • ミニアンプスピーカー付属 (固定クリップ、ライン出力端子付き、単三電池4本使用)
    • パッド部分など電気的回路部分を取り外して洗濯可能

    公式デモ


    [ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
    http://www.youtube.com/watch?v=wnXq2HDkFc0
    http://www.youtube.com/watch?v=ZoXUkvA9ge4


    ぜひ次はサンプリング機能付きで MPC か SP1200 っぽいやつを・・・

    [関連サイト]
     ThinkGeek


    ドラムキットシャツ Electronic Drum Kit Shirt

    ドラムキットシャツ Electronic Drum Kit Shirt

    • 出版社/メーカー: ThinkGeek
    • メディア: ウェア&シューズ
    シンセTシャツ Electronic Music Synthesizer Shirt

    シンセTシャツ Electronic Music Synthesizer Shirt

    • 出版社/メーカー: ThinkGeek
    • メディア: ウェア&シューズ
    エレキギターTシャツ Electronic Rock Guitar Shirt

    エレキギターTシャツ Electronic Rock Guitar Shirt

    • 出版社/メーカー: ThinkGeek
    • メディア: ウェア&シューズ
    nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(アイテム)
    permalink
    trackback


    初代iPod nanoをバッテリーリコールに出したら現行の8GBモデルになって戻ってきた
    » Apple 関連 

    明けましておめでとうございます
    本年も音楽方丈記をよろしくお願いします。
    いつも通りのマイペース更新でがんばります。


    うちには2006年に嫁が懸賞で当てた K-SWISS のロゴが入った限定仕様の初代 iPod nano (4GB) があるのですが、製品登録をしていたからなのか、去年の11月19日に Apple から「バッテリーの過熱で問題を引き起こす可能性があるため無償交換を行う」との内容が書かれたリコールのメールが届いていました。



     今はもう全然使ってなく放置しておこうかとも思ったのですが、(バッテリーが空の状態であっても)経年によって発生する危険性が高くなるのと、交換に約6週間かかって手元になくても特に困らないということで申し込むことにしました。



     11月27日に Web 上で交換プログラムを申し込んで、配送業者が引き取り来たのが2日後、梱包は配送業者がやってくれるので本体だけをそのまま渡しました。

     引き取られた後、Apple から「リペアセンターで受領した」との通知メールが来たのが12月8日、受領に時間がかかってるのはもしかして海外(本国か製造拠点の中国?)にでも送られたのかと思いつつ気長に待つことに。

     12月29日になってようやく Apple から「交換品を返送した」とのメールが届き、昨日配送業者から現物が入った箱を受け取りました。



     で、箱を開けてみると中には現行のシルバーの8GBモデル (MC525J/A) が入ってるではないですか。入ってたのは本体だけで、設定でモデルナンバーを確認すると MC525LL と表示されました。


    日数がかかるのでてっきりバッテリーだけを入れ替えるのかと思っていたら、+4GBの現行品になって戻ってきたのはちょっとうれしい。
    (元の限定モデルにこだわりもないし)

    これを機会に腕時計にできるバンド付きケースを購入しようか考えてるところです。

    [関連サイト]
     Apple - iPod nano
     Apple - サポート - iPod nano 交換プログラム


    Apple iPod nano 8GB シルバー MC525J/A

    Apple iPod nano 8GB シルバー MC525J/A

    • 出版社/メーカー: アップル
    • メディア: エレクトロニクス
    QCBLKB Q Collection - Black Band

    QCBLKB Q Collection - Black Band

    • 出版社/メーカー: iwatchz
    • メディア: エレクトロニクス
    ユニーク iPod nano専用ウォッチバンド iWatch シルバー AS001WBS

    ユニーク iPod nano専用ウォッチバンド iWatch シルバー

    • 出版社/メーカー: ユニーク
    • メディア: エレクトロニクス
    nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
    permalink
    trackback


    - | 次の10件
    2011年12月 |2012年01月 |2012年02月