So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

Grooveshark Liteに埋め込みプレイヤーウィジェット機能が追加
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

以前ここで紹介したフル再生できるオンラインジュークボックス共有サイト Grooveshark Lite に、埋め込みプレイヤーが表示できるウィジェット機能が追加されていました。

 ゲストアカウントのままでも利用できますが、ウィジェットを保存して再編集する場合はアカウント登録が必要です。

ウィジェット設定ページの呼び出し



 ウィジェットページは曲情報のタブにある「Embed Song」か、ページ右下にあるキューの「Embed Queue」から呼び出せます。
 ウィジェット管理は Grooveshark Widgets として独立したサイトなので直接アクセスすることができます。

 現時点で用意されているウィジェットは、1曲用のシンプルな「Single Song」と、プレイリスト形式の「Cameleon」の2つで、他に空のアイコンがいくつか並んでいることから今後新しいタイプのプレイヤーが追加されていくものと思われます。

Single Song


「Single Song」は1曲用のシンプルなバータイプのプレイヤーです。

 幅とカラーテーマが変更と、曲を再検索して入れ替えができます。Grooveshark から検索した曲以外に、ローカルの MP3 をアップロードして入れ替えることもできます (未確認)。
 設定ができたらページ下の「Finish」でコードの取得へ。



 アイコンが並んでいるのは対応 Web サービスでそれぞれに直接送信することができます。
 日本の主要ブログは対応していませんが、下段に表示されている汎用コードをそのままコピーして貼り付ければ OK です。(右に表示されているプレビューが「Cameleon」になっているのは単なる表示間違いと思われます)

Single Song 貼り付けサンプル

「Single Song」を貼るとこんな感じになります↓

Cameleon


「Cameleon」は複数曲に対応したプレイリスト形式のプレイヤーです。

 設定項目は「Single Song」より少し増えて、幅・高さとカラーテーマと各部の個別カラー設定があります。
 設定ができたらページ下の「Next Step」で次のステップへ。



 曲順を入れ替えたり、新たに曲を追加することができます。ローカルの MP3 をアップロードして追加することもできます(未確認)。
 最後の「Finish」で表示されるコード取得のページは「Single Song」と同じです。

Cameleon 貼り付けサンプル

「Cameleon」を貼るとこんな感じになります↓

再編集したい場合



 アカウント持っていればウィジェットが自動的に保存されて、Grooveshark Widgets のほうで再編集できるようになります。

 ウィジェットを作るとユーザメニューの「Playlists」のほうにも自動的にウィジェットのプレイリストが追加されるのですが、不要なウィジェットを消しても残ったままになってしまいます (これはバグ?)。
 「Playlists」の外へドラッグして アイコンの状態でドロップしても消すことができないのもおそらくバグではないかと思われます (通常の方法でプレイリストを作っても消せない)。

他に「Playlists」のプレイリストを消す方法があったら誰か教えてください・・・

[関連サイト]
 Grooveshark Lite
 Grooveshark Widgets
 TinySong
 Grooveshark
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク

好きな曲に似た曲をお薦めしてくれる Mufin
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

検索した曲に似た曲をお薦めしてくれるリコメンドサービス Mufin のクローズドベータアカウントが取得できたので少しだけ使ってみました。

利用は無料ですが、現在クローズドベータのため招待コードが必要です。
データベースに登録されている楽曲数は現在で380万を超えています。



 TechCrunch の記事によると、このサービスは MP3 フォーマットのアルゴリズムを開発したドイツの Fraunhofer 研究所から枝分かれしたグループが作成したのだそうです。

検索



最初にアーティストもしくは曲名を入れると該当する曲がリストアップされます。
ここまではよくある楽曲検索エンジンと同じです。

再生



 リストアップされた曲の右下に「Similar tracks」のボタンが表示されている場合、クリックするとその下に最も似ている曲のうち上位3曲が表示されます。ただ、全ての曲で有効ではないようで、「Similar tracks」のボタンがない曲も結構あります。
 
 再生ボタンがついている曲は実際にどんな曲なのか確認できますが、残念ながらフルレングスではありません。

総評

 まだ洗練されていない部分もあるようで、例えばクラブ系の楽曲の場合、高い確率で同曲のリミックスを似た曲としてリストアップしてくることが多々ありました。(そりゃ似てて当たり前・・・)

 まったく違うジャンルの曲を薦めてくるパターンもあって、比較アルゴリズム上では似ていてもリスナーのジャンル嗜好的には的外れになりそうな場合もあり、また逆にそれが新鮮と感じて当たりに変わったりする場合もあるので、そういう意味では意外性もあって面白いともいえます。

 ただ現状のままでは再生できる曲が少なかったり、フル再生できなかったりといったメインの技術力以外の部分で多くのユーザをがっかりさせてしまうかもしれません。

[関連サイト]
 Mufin
 TechCrunch - ソックリな曲が本当に探せる自動楽曲推奨エンジン「Mufin」
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback


ターンテーブルで3Dアニメーション(立体ゾートロープ)
» 音楽系動画ネタ 

Synthtopia で紹介されていた面白ネタ。


面白いというか巧いですよね。
探せば他にもいろいろありそうです。

[関連サイト]
 LiveLeak.com - Phonographantasmascope
 Synthtopia - Cool 3D Animation On A Turntable
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽系動画ネタ
permalink
trackback


オンラインオーディオワークスペースhobnox Audiotoolにレコーディング機能が追加
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

Flash を使ってブラウザ上で TB-303、TR-808、TR-909 やコンパクトエフェクターを再現して世界のテクノなマニアを驚嘆させた hobnox Audiotool にレコーディング機能が追加されていました。

 他にもいくつか新機能が追加されていますが、以前にここで紹介したときからほとんどアクセスしていなかったので、実のところ最近の細かいアップデート内容は把握してません。(という前提で書きます)

↓過去の関連記事も参考に。
» TR-909、TB-303をオンラインで再現したHobnox Audiotoolに新たにTR-808が追加
» TR-909とTB-303と7種類のエフェクターをオンラインで再現したHobnox Audiotool

スタイルの選択



 最初のデータ読み込みが終わると、プリセットの選択ダイアログが表示されるようになりました。Electro、Drum'n'bass、Minimal の3種類もしくは 初期状態の Blank から選べます。サンプル曲は・・・微妙です (結線の参考にはなるかも)。

メイン画面



 メイン画面の下段にあるドックからドラッグ&ドロップでモジュールが追加できるようになりました。同じモジュールを複数使うこともできます。(ワークスペースから消すときは各モジュールの左下の隅にある「×」ボタンをクリック)

シンセとドラムは従来通り



レギュラーの御三家は従来通り。複数使用可能です。

Tools セクション新たに追加された Splitter、Merger



 16chミキサー kobolt に加えて、入力をXYパッドで3つに分配できる Splitter、3つの入力をXYパッドでミックスできる Merger が追加されています。XYパッドはマウスでリアルタイムで動かすことができます。

エフェクターに Gate、Phaser、Slope が追加されて12種類に




エフェクターは新たに Gate、Phaser、Slope が追加されて12種類に。



 Gate は一般的なコンプに付いているゲートと似ていて、サイドチェインの入力をトリガーにしてメイン入力を連動通過させることができます。Phaser は一般的なフェイザー(フェイズシフター)と同じで位相を変化させてうねり効果を出します。Slope はローパス、ハイパス、バンドパス、ノッチの4種類の周波数特性をもつフィルターで、開き具合や帯域幅の調整と合わせてお約束のレゾナンスも装備。

新たにマスターアウトモジュールが追加



 ミキサー (kobolt) が複数使えるようになったからなのか、ピークメーターとリミッターが付いたマスターアウトのモジュールが追加されています。このモジュールは削除できません。

レコーディング機能



 メイン画面左上にレコーディングボタンが追加されています (上の画像は左がレコーディング中、右がレコーディング後)。レコーディングの時間制限は5分で、アカウントを持っていれば「Next」ボタンで myFiles にアップロードして保存することができます。



 保存した曲はメインページからアクセスできるユーザページの myFiles で共有設定にしたり、ローカルにダウンロードすることもできます。
 音声フォーマットは Ogg Vorbis でビットレートは 114kbps/44.1kHz になっています (ビットレートは可変の可能性あり ≠ VBR)。詳しい経緯は分かりませんが、同じビットレートの MP3 よりも音質がいいということで採用されたようです。

 今回のアップデートで先日リリースされた Flash Player 10 にも暫定的に対応していて、まもなく新しい Sound API に完全対応したバージョンがリリースされる予定だそうです。

そろそろローランドだけじゃなくて、タイムリーな KORG の MS-10 あたりを・・・
あと、マイクを使ったボコーダーとかあったら面白いかも。

[関連サイト]
 hobnox Audiotool
 Ogg Vorbis
 Flash Player 10
permalink
trackback


USBメモリにMP3形式で直接録音できるターンテーブル : DENON DP-200USB
» ハードウェア(オーディオ) 

DENON が11月上旬に発売予定のフルオートターンテーブル DP-200USB を紹介。
カラーはプレミアムシルバー(SP)と、ブラック(K)の2色で価格は31,500円。


© DENON

 本体前面にある USB 端子に USB メモリやマスストレージ対応の MP3 プレイヤーを直接接続して、レコードを再生しながら MP3 (192kbps) ファイルに保存できるのが特徴。
 USB 端子以外に、PHONO イコライザ(ON/OFF可能)を内蔵したアナログ出力端子も装備。ベルトドライブ方式で、回転数は 33・1/3rpm、45rpmに対応。カートリッジは MM 型が付属 (交換用は3,150円)。

 同梱ソフトの Trans Music Manager (Windows版のみ) を使用することで、録音した MP3 ファイルの無録音部分を検知し自動的にトラック番号を記録したり、オーディオ波形から楽曲を識別して CDDB から楽曲情報を取得する MusicID が利用できます。

PC に接続できる USB 端子が付かなかったのは、後から上位機種がでるということ?

[関連サイト]
 DENON - DP-200USB ニュースリリース
 Gracenote MusicID


プレーヤー DP200USBK

プレーヤー DP200USBK

  • 出版社/メーカー: デノン
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback


iPhoneでアンビエントミュージック演奏 : Bloom by Brian Eno & Peter Chilvers
» ソフトウェア(iOS/Android) 

紹介しようと思ってすっかり忘れてました。

アンビエントミュージック(環境音楽)のパイオニア Brian Eno とミュージシャン兼デザイナーの Peter Chilvers が作った iPhone/iPod touch 専用のアンビエントミュージックコンポーザー BloomApp Store 価格は450円。



こういうのは説明するより動画見てもらったほうが早いですね。
いくつかチョイスしてみました↓

Loading...


これすごく欲しいけど、iPhone も iPod touch も持ってない・・・
どっちか買ったらとりあえず入れてみたいアプリリストにランクイン。

 ブライアン・イーノのアルバムのなかでも初期のアンビエントシリーズは大好きで、アナログ盤で購入していたものを後になって CD でも買いなおしたりしてます。83年にリリースされたアポロ計画のドキュメンタリーフィルムのサントラもおすすめ。

ディスクリート・ミュージック(紙ジャケット仕様)ザ・プラトウ・オブ・ミラー(紙ジャケット仕様)ミュージック・フォー・エアポーツ(紙ジャケット仕様)オン・ランド(紙ジャケット仕様)アポロ(紙ジャケット仕様)

[関連サイト]
 Opal Limited - Bloom | GenerativeMusic.com


Bloom
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2008/10/05
450円

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(iOS/Android)
permalink
trackback


iPhoneでもスタイロフォン : Dubreq iStylophone
» ソフトウェア(iOS/Android) 

Create Digital Music によると、12月1日に Dübreq から iPhone/iPod touch 用のスタイロフォンアプリ iStylophone がリリースされるらしいです。
予定価格は6ドル。
[追記] 2008/12/03
App Store 価格 700円でリリースされていました。

 現在の Dübreq は創始者の息子と復刻版ハードを作っている re:creation が2007年に共同で設立した会社です。アプリ開発を担当したのは英国の The Very Cool Software Company という会社で、これが最初のリリースだそうです。



 まだ詳細は発表されていませんが、公開されているギャラリーでいくつか画像を見ることができます。Bass/Mid/Treble の3つの音域ごとに微妙に異なるカラーバリエーションのスキンを持ち、3種類のトーンスイッチ、ビブラートスイッチの加えて、演奏を記録再生できるレコーディングスイッチも備わっています。

似たようなアプリが既にありそうな気もしますが、今になってオリジナルブランドでリリースされるのは興味深いと言えるかも。

[追記]
現在日本からはダウンロードができなくなっています。

[関連サイト]
 re:creation - Stylophone
 Dübreq Ltd
 re:creation
 

スタイロフォン Stylophone

スタイロフォン Stylophone

  • 出版社/メーカー: DMR
  • メディア:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(iOS/Android)
permalink
trackback


Josh Pykeのギター型ボート
» アーティスト関連 

オーストラリアのミュージシャン Josh Pyke がアルバム「Chimney's Afire」の 2nd シングル「Make You Happy」の PV のために作ったギター型ボート。



 元になったのは彼が愛用しているオーストラリアのギターメーカー Maton のアコースティックモデルだそうです。




弦が付いているということは、音もちゃんと出たりして(笑)

[関連サイト]
 Josh Pyke
 Zimbio: Coolest. Boat. Ever. - Josh Pyke
 Maton Guitars


Chimney's Afire

Chimney's Afire

  • アーティスト: Josh Pyke
  • 出版社/メーカー: Ivy League
  • 発売日: 2008/10/06
  • メディア: CD
Memories & Dust

Memories & Dust

  • アーティスト: Josh Pyke
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2007/05/21
  • メディア: CD
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:アーティスト関連
permalink
trackback


iTunesライブラリを使ったオンライン共有ジュークボックス : SonicSwap
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

iTunes ライブラリを使ってブラウザ上からオンラインで楽曲再生できるサービス SonicSwap を紹介。利用は無料です。



 正確には iTunes ライブラリにある楽曲そのものではなく、ライブラリ情報ファイルの「iTunes Music Library.xml」をアップロードして登録されている楽曲を YouTube API を使ってオンラインで再生するというもので、再生される曲は YouTube に依存するため該当する曲がなかったり、フルレングスでなかったり、場合によってはまったく別の曲が流れる時もあります。

アカウントの作成

利用するにはまず最初にアカウントを作成する必要があります。

 トップページ右側にあるフォームに必要事項を入力して「CREATE ACCOUNT」ボタンを押すだけで簡単に作れます。

 ただし後でアクティベーションを行うメールを受け取る必要があるので、(捨てアドレスでも)受信可能なメールアドレスを指定しておきましょう。

 生年月日入力と確認の欄がありますが、13才以上になるように適当に入れとおけば OK です。

 登録してしばらくするとアカウントのアクティベーションを行う URL が書かれたメールが届くので、URL をクリックすればアカウントが有効化されて無事使えるようになります。


iTunes ライブラリの情報登録

アカウントの登録が終わったら、次に iTunes のライブラリ情報を登録します。

 方法は2つあって、ブラウザ上から Java 経由で手動でライブラリ情報ファイルの「iTunes Music Library.xml」をアップロードする方法と、iTunes にプラグイン (Win/Mac 両対応)をインストールして自動でライブラリ情報をアップデートする方法があります。どちらを使うかはお好みで。



ブラウザから iTunes ライブラリを登録する

 ブラウザから手動でアップロードする場合は Java が使われるので、あらかじめ Sun の Java ランタイムがインストールされている必要があります。
 Java ランタイムがインストール済みなら、初回に「UPLOAD PLAYLISTS」のページにアクセスした時に SonicSwap のアップローダーを実行するかどうかの確認ダイアログが表示されます。



 アップローダーが実行されると「UPLOAD PLAYLISTS」のページ左寄りにある「Browse」ボタンが有効になります。クリックすると下のようなファイル選択ダイアログが表示されるので、 iTunes ライブラリフォルダにあるインデックスファイル「 iTunes Music Library.xml」を指定してやります。





 「Upload」ボタンを押して数分待てばアップロードとインデックスの解析が終わり、ブラウザ上の iTunes に似たプレイヤーの左側にある「PLAYLISTS」の項目にプレイリストが追加されます。
 プレイヤーは XGA(1024x768) サイズに合わせるためか若干こじんまりしていて、サイズの変更はできません。

プレイヤー



 「PLAYLISTS」には iTunes の左側のリストにあるソース項目が(非表示項目も含めて)すべて追加されるので、不要なものまで登録されてしまいます。現時点ではアップロードしたライブラリ情報は個別に編集することはできません。
 iTunes 側でプレイリストを作っていない曲は、「PLAYLISTS」のなかの(日本語版 iTunes の場合は)「ミュージック」にライブラリ全曲が登録されています。

 プロフィールとライブラリの公開は制限なしか限定されたユーザのどちらかに設定することができます。ブログに貼れるウィジェットも用意されていますが、まだ調整中のようで貼り付けても動作しませんでした。

ライブラリの楽曲ファイルをアップロードしなくていいのは手間が省けていい反面、YouTube で見つからない曲は再生されないので、マニアックすぎると曲がスキップされまくってプレイリストの用を成さないこともあるかもしれません。

[関連サイト]
 SonicSwap
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback


ヘッドフォンの余分なコードを巻いて磁石で留める : Magneat
» ハードウェア(オーディオ) 

アイスランドのデザイン会社 Preggioni のユニークなオーディオアクセサリー Magneat を紹介。オンラインショップの価格は14.90ドル。

magneat3.png


© Magneat

 裏面にある磁石で服を挟んで固定するので、不意にコードが引っ張られても無理な力がかからないようになっています。


© Magneat
現在のラインナップは6種類。

iPod に合わせたカラフルなバージョンが欲しくなったりしません?

[関連サイト]
 Magneat
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback