So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

littleBitsからSynth Kit用のMIDI、CV、USBの拡張I/Oモジュールがリリース (Synth Pro)
» ハードウェア(機材) 

KORGlittleBitsSynth Kit 用 MIDI、CV、USB の拡張 I/O モジュール3種類の取り扱いを開始していました。

KORG オンラインショップ でそれぞれ単品購入可能で、MIDI モジュールが5,500円(税込)、CV モジュールが4,800円(税込)、USB I/O モジュールが4,800円(税込)となっています。

また3種類のモジュールとマウンティングボードがセットになった Synth Pro も近日発売が予定されています。(↓下の写真)


これらの拡張モジュールを使うことで、外部機器と Synth Kit の間で MIDI ノートメッセージ、CV、USB(オーディオ)の入出力を相互にコントロールすることが可能になります。


» MIDI モジュール

 3つの BitSnap 端子に加えて、MIDI IN 用のミニジャック端子、MIDI IN/OUT 用の Micro USB 端子を装備。MIDI ノートメッセージの音域は C2~C6 で、ホスト側の DAW などからは1台の MIDI デバイスとして認識されます。

 3つの BitSnap 端子はモード切替で MIDI→CV (CV、トリガー)、CV→MIDI (ノート、HIGH)の入出力変換が可能です。

 モジュール本体1個と、MIDI アダプターケーブル1本、Micro USB ケーブル1本が付属します。


» CV (Control Voltage) モジュール

 2つの BitSnap 端子に加えて、CV IN のミニジャック端子1つ、CV OUT のミニジャック端子1つを装備しています。
 一般的な CV 電圧の12V から littleBits のシステム電圧 5V に合うように変換されます。

 CV IN のミニジャック端子にプラグを接続すると、内部スイッチによって BitSnap 側の入力が遮断されるようになっています。

 このモジュールには付属ケーブルはありません。


» USB I/O モジュール

 2つの BitSnap 端子に加えて、Micro USB 端子を1つ装備し、44.1kHz/12bit のオーディオコンバーターを内蔵しています。
 ホスト側の DAW などからは1台のオーディオインターフェイスとして認識されます。(ただし認識されるのはモードによって入力/出力のどちらか一方)

 オーディオコンバーターは DC カップリング設計になっているので、CV などのコントロール信号もそのまま通すことが可能です。

 モジュール本体1個と、Micro USB ケーブル1本が付属します。


» Synth Pro (近日発売)

 Synth Pro は、MIDI モジュール1個、CV モジュール2個、USB I/O モジュール1個と、マウンティングボード2枚、MIDI アダプターケーブル1本、 Micro USB ケーブル2本がセットになった Synth Kit 用の拡張パッケージです。





Synth Kit ユーザーには必須ともいえる拡張パッケージではありますが、いち早く単品で揃えるか、もう少し待ってから Synth Pro パッケージを買うか悩ましいところですね…

[関連サイト]
 KORG
 littleBits
 KORG オンラインショップ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(機材)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス


nice! 0

コメント 0

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





customizeBlog2(); //]]>