So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

AppleがMastered for iTunes用のマスタリングツールを配布開始 : Apple Audio Mastering Tools
» Apple 関連 

Apple が先日リリースした iTunes の新機能のひとつとして開始した Mastered for iTunes のマスタリング・エンコードツール Apple Audio Mastering Tools を無料で配布開始していました。

ユーザ登録などは必要なくすぐにダウンロードできます。
現時点ではツールは OS X 版だけで、ドキュメントは別途 PDF で配布されています。



 Mastered for iTunes は、iTunes Plus のフォーマット (AAC/VBR 256kbps/16bit) で iTunes 専用に最適化してマスタリングされた楽曲コンテンツ配信で、従来多かった CD マスター (44.1kHz/16bit) などからマスタリングされた iTunes/iTunes Plus フォーマットと比べて、より高品質・高音質で再生が楽しめるというものです。

 今回公開されたツールは、CD マスタリング工程前の高ビット・高解像度 (24bit/96kHz など)の状態から iTunes Plus 用にマスタリング・エンコード行えるというもので、作業段階にあわせて4つのツールが提供されています。

  • Master for iTunes Droplet
    ドラッグ&ドロップで WAV/AIFF ファイルを iTunes Plus ファイル (AAC 256kbps) にエンコードできる単独アプリ
  • afconvert
    WAV/AIFF ファイルを iTunes Plus ファイル (AAC 256kbps) にエンコードできるコマンドライン・ユーティリティ
  • afclip
    様々な種類のオーディオファイルのクリッピングをチェックできるコマンドライン・ユーティリティ
  • AURoundTripAAC Audio Unit
    オリジナルとエンコード後のテストリスニング比較やクリッピングチェックなどが行える AU プラグイン

日本語ドキュメントも配布

 あわせて、Mastered for iTunes を採用した経緯やエンコードの際の注意点、ツール類の使用法などを解説した日本語ドキュメントが PDF ファイルでダウンロードできます。


  • 革新的で秀逸なサウンド
  • デジタル配信のためのマスタリング
  • AAC、iTunes Plus とは?
  • ハイレゾリューション・デジタルレコーディング
    • ハイレゾリューション・レコーディングのエンコーディングにおける問題点
    • 改善された AAC 変換およびエンコーディング
  • 最適な iTunes 向けマスタリングのために
    • ハイレゾリューション・マスターの提供
    • iTunes Plus のためのマスター
    • ダイナミックレンジとクリッピングに注意
    • Sound Check およびその他の音量調整技術に適したマスター
    • iTunes のためのリマスタリング
    • マスタリングツール
      • Master for iTunes ドロップレット
      • afconvert による LPCM から iTunes Plus AAC への変換
      • 変換したオーディオファイルのプレビュー
      • afconvert による AAC エンコード M4A ファイルのデコード
      • afclip によるクリッピングのチェック
      • afclip からの出力
      • AURoundTripAAC Audio Unit

インストール

ZIP ファイルを展開した中に apple_audio_mastering_tools.dmg があり、マウントしてやると以下の3つファイルが入っています。



 ツールはインストーラ形式になっていて、実行するとそれぞれ決めたられたフォルダへインストールされます。



Master for iTunes Droplet


 Master for iTunes Droplet は「アプリケーション」の「ユーティリティ」フォルダにインストールされます。

 ドラッグ&ドロップで WAV/AIFF ファイルを iTunes Plus ファイル (AAC 256kbps) へエンコードできるスタンドアローンのユーティリティです。設定項目がないシンプルなツールで、ドロップするだけで自動的に最適なパラメータでエンコードされます。

afconvert / afclip



 afconvert はWAV/AIFF ファイルを iTunes Plus ファイル (AAC 256kbps) へエンコードできるコマンドライン形式のツールで、ターミナルから呼び出します。

 afclip はいろんな種類のオーディオファイルのクリッピングがチェックできるコマンドライン形式のツールで、ターミナルから呼び出します。

 afconvert、afclip の使い方とオプションの詳細は、コマンドラインのヘルプもしくはドキュメントを参照してください。

AURoundTripAAC Audio Unit

AURoundTripAAC は Audio Unit (AU) プラグインとして提供されるので、Logic や GarageBand など AU プラグインに対応した DAW のマスターアウトプットにインサートして使います。


 オリジナルとエンコード状態のリスニング比較や、クリッピングのチェックなどがリアルタイムで行えます。



 プラグインのリスト上の名前は "AURoundTripAAC" ではなく "RoundTripAAC" になっているので、探すときに見失わないように注意してください。

Mastered for iTunes の配信には音質向上の確認審査がある?

ドキュメントの途中に重要なことがさらりと書いてありました。
マスタリング済み CD 音源からのリマスターでも良い結果が得られることは事実ですが、Mastered for iTunes として認定されるには、オリジナルのアナログ音源からの高解像度デジタライズが必須であり、既存のリリースからの音質の向上が明確でなくてはなりません。

ドキュメントはとても分かりやすく書かれているので、現在配信作業に携わる人はもちろん、今後予定している人や、音楽制作でマスタリングに興味がある人は読んでおくとよいかもしれません。

Logic のバウンスでは直接 AAC/256kbps で書き出しできますが、一旦 24bit/96kHz の WAV ファイルで書き出して今回のツールでエンコードしたものと、直接バウンスしたものに音質の違いはあるのかとか、気になるところはありますが細かい検証はまたの機会に。
(誰か検証してくれたらいいな、なんてね・・・)

[追記] 2012/03/05
藤本さんが AV Watch の Digital Audio Lab で今回のツールを使ったエンコード結果の比較記事を書かれているのでぜひ参考にしてみてください。
波形表示では20kHz以上付近に多少違いがでるものの、聴感上での明確な違いは現れないようです。


[関連サイト]
 Apple - Mastered for iTunes
 Apple - iTunes


Mac App Store からダウンロードApple Logic Pro 9
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2011/12/08 (Ver.9.1.6)
価格: 17,000円

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 1

コメント 4

シバイタロカ

ん?とゆーことわ、今後?デジタル配信をする場合には従来の16bit/44.1KHzではなく24bit/96KHzでマスタリングをしないとイケナイとゆー方向になる...でつか?(^^;

LAMEでエンコード...とか、どないなるんでしょね?
メンドくさいことになってきたかも....orz
by シバイタロカ (2012-03-02 14:21) 

TAN

今までのiTunes Plus(256kbps)となくなりつつあるDRM付き128kbpsに変わって、今後は従来方法でCDマスターなどからエンコしたiTunes Plusと今回のMastered fot iTunesの2種類(フォーマット自体は1種類)がしばらく共存するのだと思います。

数年後にはおそらくノーマルiTunes Plusもなくなって、Mastered fot iTunesが標準になって、元から24bit/96kHzの"iTunes Plus+"みたいな新しいMasteredがでてきそうですね。

実践してないので分かりませんが、純正のエンコツール以外を使って高ビットマスターをエンコをしたものでも音質向上が認められればMasterd for iTunesとしてリリースできるのかも。

あと、Mastered以前でもエンコ後の音質を意識して同様の方法でリリースしていたアーティストも少なからずいたはず。
by TAN (2012-03-02 20:21) 

シバイタロカ

現実路線としてはやっぱりそーなんでしょーねぇ〜〜〜。

一方で語弊があるのを承知で言いますと「"ホンマに"一音の違いを聴き分けられる耳を持ったユーザーがどんだけ居るか...」とゆー本人しか分からない部分もあると思うのですヨ。(^皿^;
スペックの数値等に翻弄されて"分かったフリをする"とゆーのは日本人の得意とするコンプレックスの賜物ですし、レコーディングエンジニアとかやってる奴でも「実は聴こえていない」ってなのも居ますから。

炎上してまうでしょかしら?(;^皿^)ゞ
by シバイタロカ (2012-03-04 15:55) 

TAN

実は自分もその意見には同感だったりしますw

Mersterd for iTunesのリリースには一応審査があるらしいのですが、どのようにチェックするのか気になりますね。
まさかテスターが聴いて判断とか主観に頼るチェックだけとか・・・なんてことはないはず。

制作側もリスナーも実際にどこまで聴き分けできてるのか、というのは興味深い部分ですね。
by TAN (2012-03-04 16:11) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac