So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

Web Audio APIとJavaScriptで作られたブラウザで動くシンセ : WebSynth by aike
» 音楽コンテンツ(作曲/演奏) 

いつものように Delicious をつらつらと眺めつつネタ探してたらスゴいの見つけました。
ブラウザで動く Web Audio API と JavaScript で作られたシンセです。

作られた方はなんと日本人の aike さんで、こちら↓で公開されています。
現時点では Web Audio API が実装されている Google Chrome だけで動作します。

» aikeの日記 - 2012-01-29 ヤター!ウェブブラウザで動くシンセできたよー



アナログシンセの基本ともいえるツボを押さえたパラメーター構成になってます。
パネルのデザインもなかなかいい感じです。
  • 基本構成: OSC ×2 → Mixer → Filter + ENV → ENV →OUTPUT + FX
  • 三角波/ノコギリ波/方形波が選べるオシレーター2つ (ピッチ/レベルの調整可)
  • レゾナンス付きのフィルターとフィルターエンベロープ (Attack/Decay/Sustain)
  • 出力エンベロープ (Attack/Decay/Sustain)、ディレイ、マスターレベル
  • グライド (ON/OFF、効果調整可)
  • プリセット・シーケンサー (バッハの無伴奏チェロ組曲第1番が再生される)

Chrome をインストールしてない人はこちらのデモをどうぞ↓

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=Hx_XPN_tDys


素晴らしい。
こういうのをさらっと作れる人って尊敬しちゃいますね。
今後のバージョンアップにも期待。


じつは前に作った HTML5 + JavaScript の簡易ドラムマシンWeb Audio API 版を去年の11月ごろに作ってはいたのですが、フィルターとかエフェクトも付けてみたいと思いながら API を使いこなせずに公開しないまま放置してました。



ちなみに↑このドラムマシンは、パートごとのサンプリング音をグリッドのタイミングに合わせてミックスしてプレイバックするだけのシンプルなもので、Web Audio API のほんの一部分だけを使っています。

すごく刺激を受けたので、またいろいろいじってみようと"思ってはいる"のですが・・・

[関連サイト]
 aikeの日記
 Web Audio API


シンセサイザーがわかる本 〜予備知識から歴史、方式、音の作り方まで

シンセサイザーがわかる本 〜予備知識から歴史、方式、音の作り方まで

  • 作者: 相原 耕治
  • 出版社/メーカー: スタイルノート
  • 発売日: 2011/10/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(作曲/演奏)
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 2

コメント 0

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac