So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

10年前のディスクからPSの音楽ゲームDEPTHの録音ファイル発見
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

前回の記事で、先日見つけた10年前の Mac のバックアップディスクの中に当時 Web サイトで公開していた音声ファイルの元データファイルを発見するも、フォーマットが分からず読み込みに手間取り、なんとか無事 AIFF に変換できたことを長々と書いたんですが・・・

DEPTH その発見したデータというのが、当時(1996~97年頃)ハマっていた PlayStation 用の音楽ゲームソフト「DEPTH」で作った曲を Mac の AV 端子につないで録音したもので、残っていたのは全部で72曲。(画面を取り込んだ小さめの画像も一緒に発見)

 PS 本体も DEPTH も既に処分してしまっていて手元になく、録音したデータもずいぶん前に消してしまったと思い込んでいて、もう二度と聴くことはできないと諦めていただけに嬉しさ倍増です。

 せっかく見つけた音楽コンテンツをまたこのまま眠らせておくのもなんなので、記念(?)に約10年ぶりに再公開することにしました。

DEPTH とは?

 DEPTH は1996年に Opus Corp. が開発し、Sony Computer Entertainment (SCE) からリリースされていた音楽アドベンチャーゲームで、ゲーム性よりも曲作りの部分に重点が置かれていて、当時の PS ソフトのなかでも異色の存在でした。

 ゲーム中の画面はこんな↓感じで、イルカを海中や異空間(全部で12エリア)の中で泳がせてサウンドパーツを集めてミニマルテクノな曲を作るというものです。





YouTube にプレイをアップしている人がいたので参考に↓

Loading...

 パーツは8種類(ドラムx4、ベースx1、シンセx3)のサンプルループ素材になっています。

 1つのエリアに複数のパーツが隠されていて、集めたパーツは8パート A/B 2パターン構成のシンプルなトラック編集画面で曲の素材として使うことができます。


 出来上がった曲はゲーム画面で再生しながら、イルカを操作してリアルタイムでアドリブパートを演奏することも可能でした。

10年ぶりに発掘した曲を公開

 見つけた録音ファイルが22kHz/8ビット/モノラルというショボい音質だったのは、当時細かいことを考えずに Mac OS(7~9のどれか) に付いていたサウンドレコーダーで録ってしまったら、フォーマットがシステムサウンド(System7 サウンド)形式だった、というのが本当のところだと思うのですが録った本人は細かいことはすっかり忘れてしまってます。

 DEPTH のサンプルループ自体も元々軽く作られていてサンプリングレートが低めだったので、44.1kHz/16ビットとかで録ってもあまり変わらなかったかもしれません。

 録音されていた曲はどれも30秒ほどの短いもので、A/B パターンを短時間で切り替えているだけでアドリブは入ってなく、各エリアの映像の雰囲気は無視して作ってあります。

 たまにブツブツとノイズが入った曲があるのですが、たしか普段のプレイ中でも特定のパーツを組み合わせすると時々発生していたような覚えがあるので録音が原因ではなかったかもしれません。



おまけ:隠しコマンド公開

使う人がいるのかどうかは別にして、ついでに当時見つけた隠しコマンドも10年ぶりに再公開。

» デバッグモード
 タイトル画面で素早く ↓,↑,←,→+□ と押します(最後は→□同時押し)。「シュー」という SE が鳴れば入力成功です。
 START ボタンを押してサイレントスペースに入ると初めから全ステージで全てのパーツが使用可能になります。

» 金色のイルカ
 タイトル画面で素早く ↓,↑,→,←+□ と押します(最後は←□同時押し)。「シュー」という SE が鳴れば入力成功です。
 START ボタンを押してサイレントスペースに入れば金色のイルカが出現します。使えるのはサイレントスペースだけで、デバッグモードとの併用はできません。

» 透明のイルカ
 まず金色イルカになってから、サイレントスペースで START ボタンと SELECT ボタンを両方押してソフトリセットでタイトル画面に戻ります。
 メニューが出たら SELECT ボタンを押してカーソルを [START] に合わせ、ここで SELECT ボタンを押したまま START ボタンを押します。(サイレントスペースに入るまで両方のボタンは押しっぱなし)

今は安価な中古がたくさん出回っているので、PS をもっていて興味のある人はぜひやってみてください。サンプルのドラムループにはドラムンベース以前のジャングルっぽいのも入ってたりして若干時代を感じさせてくれますが、今遊んでも十分面白いソフトだと思います。

最近では PS3/PSP 用に再リリースもされていて、PlayStation Store のゲームアーカイブスのオンラインショップで600円でダウンロード販売されています。

[関連サイト]
 Opus Corp.
 PlayStation.com(Japan) - ソフトウェアカタログ - DEPTH
 PlayStation.com (Japan)
 XSPF Flash MP3 Player : FMP3 Extended version


DEPTH

DEPTH

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game
BEAT PLANET MUSIC

BEAT PLANET MUSIC

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 2

コメント 8

えぐち

はじめまして、面白そうなゲームですね!
PSP版を購入して遊んでみますー



by えぐち (2009-05-31 18:21) 

TAN

えぐちさん、はじめまして。
遊んでみて良かったら是非感想を聞かせてください。

今月初めに新しいPSPが発表されるらしいですね。
ちょっと気になります。
by TAN (2009-06-01 11:28) 

KAz

はじめまして。

DEPTHですか。
私もすごくはまってました。
大好きなゲームです。
ゲームというよりインタラクティブアートみたいな点も。
でも隠しコマンドは知らなかったです。
ホントありがとうございます。

PSP/PS3Ver.買い直ししたら試したいと思います。
by KAz (2009-06-03 03:14) 

TAN

KAzさん、はじめまして。
隠しコマンドの手順は自分でいろいろやってて見つけたものなので、
もしかしたらもっと簡単なやり方があるかもしれません。
by TAN (2009-06-03 12:26) 

321k

これはなつかしい!

私はこれをやりたくて当時PSを買いました。
これ、ひたすらやったなぁ~
懐かしくて、聞き入ってしまいました。
私もBPMかなり遅くしたり、早くしたり、なんか色々工夫して遊びました。

またやってみようかな。
なんか、記事読んでて笑顔になりました。
ありがとうございます。

by 321k (2009-08-28 03:49) 

TAN

321kさん、コメントありがとうございます。
操作系はシンプルなのに、ループサウンド素材のラインナップが絶妙で
工夫次第でいろんなタイプの曲が作れてすごく奥が深かったですね。

当時はDEPTHのセーブデータためだけにメモリカードをいくつも買い増してたのも懐かしい思い出です。
by TAN (2009-08-28 23:50) 

セセビ

アップロードされた音源を聞いて感動しました。 曲数、音数、の多さがすごいですね。これは作った曲ですか?それとも元から入っていた曲を録音したものですか?
by セセビ (2010-10-25 03:22) 

TAN

セセビさん、はじめまして。
記事で説明したように、DEPTHというPSソフトで自分で作ったものです。
というかそれが目的のゲームですから・・・

各8パートのサウンドループのパーツはあらかじめ用意されていて、
それを組み合わせて曲を作っていきます。
パーツごとにテンポやピッチを変えることができるので
同じパーツでも使い方次第で全然違う曲が作れるようになってます。
by TAN (2010-10-25 17:37) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac