So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

JavaScriptで動的にWAVデータを生成して再生
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

こういう手があったのかと、まさに目から鱗の方法。

 JavaScript で動的に WAV フォーマット (RIFF waveform Audio Format) のデータを生成して data URI スキーム (data:audio/wav;base64, に続いてデータ列)に変換して EMBED 要素で音声プレイヤーに流し込むというものです。

 ただしこの方法には制限があって、IE6/7 は data URI スキームに対応していないので FirefoxSafariOperaChrome でないと動きません。

指定の周波数のサイン波を再生

Dynamic .WAV Generation in JavaScript


独自のミュージックマクロ (MML) を定義してメロディを再生

JavaScript Song Player


現時点では IE では再生できないのと、対応しているブラウザでも WAV ファイルの再生が割り当てられているプラグインに依存するため実用的とはいえませんが、こういう手法もあることを知っておくと後々いろいろと応用できるかもしれません。

[関連サイト]
 Dynamic .WAV Generation in JavaScript
 JavaScript Song Player
 SK's Journal
 Ajaxian » Generating and Playing Sound in Javascript
 Wikipedia - data URI scheme


JavaScriptクイックリファレンス

JavaScriptクイックリファレンス

  • 作者: デイビッド フラナガン
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本
JavaScript 第5版

JavaScript 第5版

  • 作者: David Flanagan
  • 出版社/メーカー: オライリー・ジャパン
  • 発売日: 2007/08/14
  • メディア: 大型本
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 0

コメント 0

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac