So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

TEACがW録再/Wリバースのカセットデッキを発表 : W-865R
» ハードウェア(オーディオ) 

ノスタルジックネタではありません。新製品です(笑)

TEAC が 11月下旬にカセットデッキの新機種 W-865R を発売予定。
希望小売価格は税込み 47,040円。リモコン付属で、カラーはシルバーとブラックの2色。
TEAC ブランドになってますが製造はハイエンド部門の TEAC ESOTERIC が行うようです。


© TEAC

主な特徴

  • ティアック独自の高精度リバース
  • 定速、倍速の2モード・ダビング・スピード
  • ワンタッチ・ダビング・スタート
  • デッキ1→デッキ2→デッキ1・・・連続5回までの連続再生機構
  • 長さが異なるテープのダビングでもB面の頭が揃えられるシンクロリバース・ダビング
  • デッキ1・2とも同じ内容を同時録音出来るパラレルREC
  • 約4秒の無音録音部分が作れるオート・レックミュート
  • 10秒以上の曲間があるとスキップして次の曲を再生するブランク・スキャン
  • 各曲の冒頭部分だけを順番に15秒ずつ再生するイントロチェック
  • CDのように曲がスキップできる C.P.S.
  • ライン入力とミキシングが出来るマイク入力端子装備 (MONO)
  • デッキ1・2独立した4桁ツインウンター
  • ±10%のピッチコントロール
  • ヒスノイズを低減するドルビーBノイズリダクション
  • 高域特性を改善するドルビー HX-PRO
  • タイマー録音・再生(市販のタイマーが別途必要)
  • ヘッドホン端子装備
  • 別売のラックマウントアングルを取り付けることにより19インチラックにマウント可能
  • ノーマル、クロームテープは録音・再生、メタルテープは再生のみ対応
 といった感じで機能満載。録音主体というより以前録音したものを効率よく再生してデジタル化するためのプレイヤー的な用途に使われることが多くなるのかもしれません。
 そういう意味ではWデッキでなくてもいいわけで、シングルの廉価版もあってもいいのでは思ったら、すでに R-565 という機種がありました(Wデッキで下位機種の W-790R というのもあります)。

大昔録ったカセットテープがたくさんあるけど既にデッキは処分してしまったという人、意外と居るんじゃないでしょうか?(←自分もそうなんですが)

クロスオーバーイレブンとかエアチェックしてた時代が懐かしいです・・・

[関連サイト]
 ティアック 公式サイト W-865R 製品ページ
 MYCOMジャーナル 2006/11/07付記事 - ティアック、Wリバースカセットデッキを発表
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 1

コメント 2

takaboy

私も本日確認いたしました。http://www.phileweb.com/news/audio/200611/07/6913.htmlエソテリック、“W録再+Wリバース”機能搭載のカセットデッキを発売
の記事ですね。TEACが窓口ですね>私もAV大好きです。エソテリックのオーディオFANなんです。[OK][ニコニコ]
by takaboy (2006-11-08 15:25) 

TAN

azabuboyさんコメントありがとうございます。
ティアック・エソテリックが製造しているようですが、
ブランドはティアックになってますね。
ハイエンドモデルではないからでしょうか?
by TAN (2006-11-08 17:21) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac