So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.6 (ハノイのクルマ事情) 
» ベトナム・カンボジア旅行記 

■■■■■ 4/9(日) ハノイ近郊(ベトナム)

ハノイのクルマ事情

今回はハノイ近辺のクルマ事情です。クルマ好きとしてはこれは外せません。
移動中に車内から撮ったのが多くて中途半端なアングルが多いです。
写真が多いのでサイズ小さめで掲載します。


 ハノイ市内の大きな道は片側2~3車線あって交差点にはたまに信号が付いていることがあります。それ以外の道にはたいてい信号はなく、クルマもバイクもそのまま交差点に突っ込んで器用にクルマやバイクを交わして抜けていきます。
 密集しているときにたまにゴツンと接触してたりしますが、みんな気にしていないようで何事もなく走っていきます。何回かそんな光景を見かけましたが転倒しているバイクは見かけませんでした。

 交差点のかわりのロータリーもけっこうあって、激混みメリーゴーランド状態の中に隙間をみつけては器用に入り込みぐるぐるまわって目的の道へ抜けていく様には感心してしまいました。たまに自転車までよろよろ周ってたりしてもうびっくり(笑)。




 路面は市内も郊外も綺麗に舗装されていて意外にも滑らかです。日本のように水道工事や年度末の予算消化などで掘り返したりしないため無駄な凸凹がありません。郊外の道には有料道路もありました。
 有料道路は制限速度がちがうためなのか、市内と違ってバイクはやや端を走ってました。ヘルメット着用率も市内に比べると少し上がります(それでも少ない)。

 鉄道もあって踏切がたまにあるのですが、遮断機がない(警報機はあるのかも)ところが多く、みんな一旦停止せずにそのまま突っ走ってました。





 バイクはほとんどが日本製で中でもホンダ(の現地生産車)が人気で、街中で見かけるバイクの大半はホンダと言ってもいいほどたくさん走ってました。韓国や中国のメーカーはホンダの半額くらいで安いが壊れやすい、とガイドが言ってました。

 デザインが独特でスクーターとスーパーカブを合体させたようなカッコをしています。シートの下は物いれが付いているいわゆるメットインタイプです。でもヘルメット入れている人は少なそう(笑)。スクーターや普通のバイクも少なからず走っていました。
 街の通りのあちこちにはフォーの食堂をたくさん見かけますが、それと同じくらいかそれ以上にバイク屋さんは多いです。



 バイクに乗っている人はマスク(写真右)やスカーフ(写真左)をしている人が結構いました。これだけバイクが多いと排気で喉をやられたり、鼻の穴がすぐ真っ黒になってしまうからでしょうか。女性は肘まである手袋とセットでつけている人も多く、多分日焼け対策なのでしょう。

 マスクは立体裁断で防塵マスクのような形をしています。カラフルでいろんなデザインのものが売られていました。市場などで1枚1ドルくらい、安いものだと選り取り3枚で1ドルです。(写真は嫁がホーチミンの市場で買ったものです)

 ハノイ市内や近郊を入っているクルマはほとんど日本メーカーか韓国メーカーです。ざっと見た感じ9割りくらいでしょうか。9割のうちの日韓の割合は半分くらいでやや韓国車が多く、日本で発売していない現地生産車種がたくさん走ってました。

 日韓以外ではバンタイプはフォードベンツ、トラックやバスはヒュンダイが多かったです。ベンツのC、E、Sクラスや BMWの3、5、7シリーズも意外とよく見かけました。中国では多いフォルクスワーゲンはここでは全然見かけませんでした。
 イタ車ではフィアットのセダン(多分テンプラかクロマ)を何台か見かけました。仏車はさらに少なくプジョー405、ルノー19(ディズヌフ)を1台ずつ見ただけでした(プジョーオーナーとしてはちょっと悲しい状況・・・)。

 ガイドはトヨタホンダ(二輪/四輪)は現地工場があると言ってましたが、他にもマツダ三菱スズキダイハツベンツフォードデウも現地に工場を持っているようです。



ハイルーフのバンはほとんどが観光用です。ベンツやフォードブランドが多いですね。
ハノイではトヨタ以外に三菱、マツダが結構走ってます。左2番目は三菱シャリオですね。


真ん中は三菱ランサー、その右横はトヨタのZACEという名前のSUV風の現地生産車。
このZACEはタクシーでもよく使われていました。
三菱の現行車種は日本では不評だったグリルの真ん中が三角のいわゆる「ブーレイ顔」です。


ここに写っているバンは全部フォードブランドですね。
ちょっと見難いですが真ん中右はフィアットのセダン(多分テンプラ)、左はトヨタ・カムリ。


左から三菱ミラージュ、デウ・ラセッティ、ベトナムフォード(車種不明)、トヨタZACE、デウ・ラノス
デウのラセッティとラノスは顔がそっくりで遠くからだと見分けが付きにくいです。


デウ・ラノス、ベトナムフォード(車種不明)、トヨタ・ヴィオス



トヨタ・カローラ・アルティスとデウ・ラセッティ
この二台とデウ・ラノスはとくに多くタクシーでもよく使われていました。
右上のラセッティのように同じGMグループのシボレーのエンブレムを付けているのもあります。


日本でも売られているデウのマティス。タクシーでも多く使われていてよく見かけました。
左奥はマツダ・プレマシー



三菱パジェロ、トヨタ・ランドクルーザー、メルセデスベンツのEクラス。
レクサスのバッジをつけたランクルやハリアーも走ってました。


フォードのモンデオ。欧州フォードのオリジナルとちがって顔つきが日本車みたいですね。
右はモンデオのリアではなく、トヨタのカムリ(現行)です。
カムリは新旧モデルいろいろ走ってます。


これも(上の1世代前の)カムリです。古いカローラもまだ走ってます。奥の白はトヨタ・ヴィオス。


新旧マツダ。ファミリアのセダンとマツダ3(日本名はアクセラ)です。


トヨタのZACEのフロントとリア。


ヒュンダイのソナタもあります。日本でも売られていてペ・ヨンジュンがCMに出てますね。
ハノイ郊外ではこの丸目のトラックによく出会いました。


軽トラも走ってます。日本のそのままのように見えますがちゃんと左ハンドルなんです。
スタンドは一応セルフ式ですがプリペイドカードのような便利なものはないので店員に直接払います。

ここからは面白い(?)写真をいくつか。

こんな感じで荷物満載のバイクや自転車もよく見かけました。
戸棚、竹竿を束ねたようもの、テレビか洗濯機のような家電の箱とか、
とにかく運べるものは何でも積むって感じです。


この自転車の人は左折するために手信号を出しているところです。

 バイクでもウィンカーをつけながら手信号を出している人もたまに見かけました。自転車は市内では大人では乗っている人は少なく、郊外へ行くと多少増えますが乗っているのは主に学生や小さい子供です。ちなみに女子学生の制服はアオザイです。

 天秤や頭に物を載せて物を売ったり運んだりしている人もたまにいます。以前はこういう格好が一般的だったようですが今ではすっかりバイクとクルマに変わりました。


これは人力三輪車のシクロ。
観光客向けですが(いろんな意味で)あぶないのでタクシーに乗ったほうが無難です。
路上(歩道)で散髪しているところを結構見かけました。普通の床屋よりも安いそうです。

今回はここまで。
次回はハノイの3日目、市内観光(ホーチミン廟、一柱寺、文廟、玉山祠)です。


[ブログ内の関連記事]
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.16 (ホーチミン2日目 午後)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.15 (ホーチミン2日目 午前)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.14 (ホーチミン1日目)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.13 (シェムリアップ3日目)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.12 (シェムリアップのクルマ事情)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.11 (アンコールワット)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.10 (アンコールトム)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.9 (シェムリアップ到着)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.8 (ハノイの3日目)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.7 (ハノイの2日目の夜)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.6 (ハノイのクルマ事情)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.5 (ハノイの通貨と治安)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.4 (ハノイの2日目 後編)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.3 (ハノイの2日目 前編)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.2 (ハノイの1日目)
 ベトナム・カンボジア旅行記 Vol.1 (ダイジェスト)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ベトナム・カンボジア旅行記
permalink
trackback


» スポンサーリンク


nice! 0

コメント 4

kenta-ok

私も海外旅行行くと、現地で散髪します。パスポートを見せて、この通りにしてと指示します。
by kenta-ok (2006-04-20 00:30) 

TAN

なるほど、パスポートの自分がモデルになるとは良いアイディアですね。
それなら細かい指示しなくてもやってもらえそう。
by TAN (2006-04-20 12:01) 

うにゃにゃ

シクロが(いろんな意味で)危ないってのは
観光客が前座席に乗るから・・・でしょうか?
(大通りへの飛び出しとか 急ブレーキとか・・・w)
by うにゃにゃ (2006-04-20 20:20) 

TAN

>観光客が前座席に乗るから・・・でしょうか?

それも大きな理由の1つですね。
フロントヘビーなためステアリングやブレーキが重くて危険回避も遅れますし。
あと、すべてのシクロの運転手がそうだとは言いませんが、
全然違う行き先に行ったあげく法外な運賃を要求したりとか。

ハノイのシクロはだいぶ台数が減ったようであまり見かけませんでした。
by TAN (2006-04-20 22:37) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac