So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
ハードウェア(楽器)
前の5件 | -

KORG volcaシリーズに新にFM音源を搭載したデジタルシンセ volca fm が登場
» ハードウェア(楽器) 

KORG が volca シリーズの新機種で FM 音源を搭載した デジタルシンセ volca fm を発表していました。
2016年3月下旬発売予定で、市場予想価格は13,000円前後。



 FM (Frequency Modulation=周波数変調)音源方式というと、1983年の YAMAHA DX 7 の衝撃的な登場を始め、DX/TX/SY/TG シリーズや PC 用音源チップ (OPxシリーズ) などに採用され、デジタルシンセの代表的音源方式として幅広く知られていますが、volca fm は3ボイスながら6オペレーター、32アルゴリズム構成で、KORG と関連会社である YAMAHA との関係から、内部的には DX シリーズのサウンドを完全再現しているようです。


主な特徴

  • 3 ボイスポリフォニックの FM 音源デジタルシンセサイザー
  • 6 オペレーター、32 アルゴリズムによる DX 7 との完全な互換性
  • YAMAHA DX 7 の SYS-EX/SYX データを読み込み可能
  • 最大プログラム数 32音色
  • FM のサウンドエディットを容易にする MODULATOR、CARRIER ノブ
  • コーラスエフェクトを搭載
  • オートメーション可能な16 ステップ×16パターンのシーケンサー
  • 複雑なパターンを作り出す WARP ACTIVE STEP、ARPEGGIATOR、PATTERN CHAIN
  • volca シリーズ初のアルペジエイター機能
  • 2 台のvolca fm をシンク接続してデータを完全クローン化可能
  • 単三電池6本駆動、内蔵スピーカー内蔵でどこでも使えるコンパクトサイズ
  • ヘッドフォン出力、MIDI IN 端子、SYNC IN 端子、SYNC OUT 端子
  • FM エディットパラメータ/アルゴリズムリスト、シンクケーブルが付属
  • 別売りアクセサリー AC アダプター (KA350)



 volca fm を2台シンク接続することで、パラメーターをエクスポートしてクローン化が可能なほか、従来通り volca シリーズや SYNC/MIDI 端子対応機器との連携や制御が可能です。



 FM 音源のエディットパラメーターとアルゴリズムをリストにしたチートシートが標準で付属します。

公式デモ






KORG の FM 音源シンセの今昔

KORG が FM 音源のシンセをリリースするのは今回が初めてではなく、1986年に DS-8、1987年に 707 がリリースされていたりします。




 当時経営状態が芳しくなく、YAMAHA との資本提携で供給された 4オペレーター8アルゴリズムの FM 音源チップが採用されていました。

 機能面では正弦波以外の波形やデジタルエフェクトが追加されていたり、操作面では難解な FM 音源のパラメーターのエディットがしやすいように独自の工夫がしてあり、volca fm にもその精神やノウハウは受け継がれているかもしれません。


[関連サイト]
 KORG
 KORG - volca fm



楽天で KORG volca fm を探す

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

シンセ音源も内蔵したMIDI/USB/CV/Bluetooth対応コントローラー Roland A-01
» ハードウェア(楽器) 

RolandRoland Boutique シリーズ の新製品 で、MIDI/USB/CV-GATE/Bluetooth に対応した A-01 を発表していました。
2016年1月29日発売予定で、市場予想価格 56,000円前後。(A-01K)

コントローラー A-01 と Roland Boutique シリーズのキーボードユニット K-25M がセットになった A-01K として販売されます。
(A-01 単体の販売があるのかは現時点では未確認)



 有線接続用にMIDI IN/OUT 端子、USB micro B 端子(USB-MIDI)、CV/GATE OUT 端子を装備、ワイヤレス接続用に Bluetooth LE に対応。
 最新のシンセや音源、モバイルデバイスの音楽アプリ、PC/Mac の DAW から CV/GATE を備えたビンテージアナログシンセまで幅広い機器のコントロールに対応。



 フロントパネル上には 4個のロータリーノブ、12個のファンクションボタン、2つのリボンコントローラー、192×40ピクセルの LCD を搭載。

 また、8bit CPU と 8KB のメモリを利用して作られたバーチャルアナログシンセ音源と16ステップのシーケンサーも搭載し、単体でもサウンドジェネレーターとしても利用が可能になっています。

 単三電池4本で駆動可能なほか、USB バスパワー駆動にも対応、本体内には 0.5W のモノラルスピーカーを内蔵しています。







全方位対応のコントローラーにシンセ音源まで載せたのが Roland らしいというか。
贅沢をいえばコントローラー機能だけ、シンセ音源だけにしたローコストバージョンもあればなお良かった?

8bit CPU と 8KB のメモリという少ないリソース縛りで開発されたシンセ部分には、職人の拘りを感じさせます。
1983年の JX-3P の開発を担当した元 Roland の方が開発されたとのこと。
興味がある方は開発者インタビューもぜひ読んでみてください。
「Roland Boutique 製品開発ストーリー #3」


[関連サイト]
 Roland
 Roland Boutique
 Roland A-01


ROLAND A-01K MIDIコントローラー シンセサイザー

ROLAND A-01K MIDIコントローラー シンセサイザー

  • 出版社/メーカー: ROLAND
  • メディア:

楽天で Roland A-01K を探す

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Rolandからモジュラー式アナログシンセ全部入りセット SYSTEM-500 Complete Setが登場
» ハードウェア(楽器) 

Roland がモジュラー式アナログシンセサイザー SYSTEM-500 シリーズのモジュール5台をラックケースにセットした全部入りセット SYSTEM-500 Complete Set を発表していました。
2016年3月下旬発売予定で、初年度生産台数は1,000台を予定。



 同社が1970年代にリリースした名機 SYSTEM-700/SYSTEM-100 の流れを汲み、純アナログ回路が採用された SYSTEM-500 シリーズは、512(オシレーター)、521(フィルター)、530(アンプ)、540(エンベロープ/LFO)、572(エフェクト)の5種類で構成されます。


 
 各モジュールは専用ユーロラックケース SYR-E84 に収められ、各モジュールへの電源供給とモジュール同士の基本接続済みなほか、前後に取り付け可能なケースカバー1つ、AC アダプター、パッチングケーブル10本が付属しています。

主な特徴

  • SYSTEM-500 シリーズ5機種のアナログモジュールがワンパッケージに
  • 最新技術による Roland ビンテージアナログサウンド
  • パワーサプライ機能、パッチケーブルも付属した入門にも最適なセット
  • 平置き/斜め置き/スタックが可能な可搬性に優れた堅牢なラック
  • 矩形波/三角波/ノコギリ波を持った VCO を2基搭載した512(オシレーター)
  • 2種類のカットオフを持つ HPF と LFO を2基搭載した521(フィルター)
  • 3ch のオーディオ/CV ミキサーを各2基搭載した530(アンプ)
  • 反転出力可能な ENV を2基と5波形の LFO を搭載した540(ENV/LFO)
  • Phaser/Delay/Gate Delay、反転可能な LFO を搭載した572(エフェクト)
  • 各モジュールの配列は用途やプレイスタイルに合わせて自由に変更可能
  • アメリカで生産し日本で組み立てる事で厳格な品質管理を徹底

512 Modular VCO (オシレーター)


独立した2つのオシレーター構成で、矩形波、三角波、ノコギリ波の3種類の波形を搭載。

521 Modular VCF (フィルター)


2ブロックのフィルター構成で、各ブロックのローパスフィルターは、フリケンシー (FRQ) とレゾナンス (RES) の操作によるリアルタイムコントロールが可能。

530 Modular VCA (アンプ)


3チャンネルの CV ミキサーを各2基装備し、各インプットのオーディオ信号に対してリニア/エクスポネンシャルの2種類の特性による CV ゲインのコントロールが可能。

540 Modular 2ENV-LFO (エンベロープ/LFO)


エンベロープジェネレーター (ENV) を2基と LFO (Low Frequency Oscillator)を1基搭載した多目的モジュール。

572 Modular PHASE SHIFTER/DELAY/LFO (エフェクト)


LFO、フェイザー、アナログディレイ、ゲートディレイを持ったマルチエフェクト・モジュール。

公式デモ





各モジュールとラックは単品単位では既に年末から発売されていますが、完売しているところも多く品薄状態が続いているようです。

単品で揃えた場合と Complete Set でどれくらい価格差があるか現時点では不明ですが、パッチケーブル10本分を含めてもそれほど大きな差はないと思われます。

セットで買うか、見つけ次第単品を買うか、悩ましいところですね。


[関連サイト]
 Roland
 Roland - SYSTEM-500 Complete Set
 Malekko Heavy Industry


楽天で Roland SYSTEM-500 を探す

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


電子レイヤー音源を内蔵したハイブリッド・カホンが登場 Roland ELCajon EC-10
» ハードウェア(楽器) 

Roland がエレクトロニックレイヤー音源を内蔵したハイブリッド・カホン ELCajon EC-10 を発表していました。
2016年1月23日発売予定、市場価格は48,600円(税込)前後。



 従来のアコースティック・カホンのサウンドと、内蔵の電子パーカッション音源キット30種類のレイヤーサウンドをミックスできるハイブリッド・カホンです。

 各サウンドキットにはヘッドとエッジに別々のレイヤーサウンドが割り当ててあり、トップパネルでサウンドグループの切り替えやキット選択可能、リアパネルで音量やトリガーバランスなどが調整可能です。

 3W のアンプと16cmのスピーカーを内蔵、AC アダプター駆動に加えて単三電池6本で最大約12時間(最大負荷で約6時間)の連続駆動が可能です。


トップパネルのコントロール(サウンドグループ選択ボタン、キット選択ボタン)

主な特徴

  • サイズ 50×30×30cm、打面にはサペリ材を採用
  • 30種類の電子パーカッションレイヤーサウンドキットを内蔵
    (カホン:10音色、パーカッション:10音色、SFX:10音色)
  • 各キットには打面のエッジとヘッドで別々の音色をアサイン
  • 様々なジャンルの演奏表現に対応する豊富なサウンドバリエーション
  • キット選択、音量調節、トリガーバランスなど直感的な操作が可能
  • MIX IN 端子で外部オーディオ音声をミックス可能
  • オーディオ出力端子装備 (電子レイヤーサウンドのみ出力)
  • 3W アンプ内蔵の16cm コアキシャルスピーカー搭載
  • 単三電池6本で最大12時間(最大負荷6時間)の連続使用が可能
  • AC アダプターが付属

公式デモ






ピックアップを内蔵した"エレクトリック"カホンやピックアップキットは既に他メーカーからいくつかリリースされていますが、内蔵音源をレイヤーする"エレクトロニック"カホンは世界初?

ピックアップを内蔵してアコースティックサウンドのほうもミックスしてオーディオ出力できたらなお良かったかも…

[関連サイト]
 Roland
 Roland - ELCajon EC-10


Roland ローランド Electronic Layered Cajon EC-10

Roland ローランド Electronic Layered Cajon EC-10

  • 出版社/メーカー: Roland(ローランド)
  • メディア: エレクトロニクス

楽天で Roland ELCajon EC-10 を探す


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


KORGから新世代の純アナログ・シンセサイザーが登場 KORG minilogue
» ハードウェア(楽器) 

KORG から新世代のフルプログラマブル・4ボイス・アナログ・シンセサイザー minilogue (ミニローグ) が発表されていました。
発売時期は2016年1月下旬予定、市場予想価格は55,000円前後。



 minilogue は、41個のパラメーターをもつ新開発の(デジタル物理モデリングではない本物の)4ボイス・アナログ回路と、ベロシティ対応 37鍵スリム鍵盤を搭載したコンパクトなアナログシンセです。
 
 4つのボイスを柔軟に割り当てる8つのボイスモードを持つほか、モーションシーケンスのオートメーション対応の16ステップ・ポリフォニックシーケンサーも装備しています。

 入出力端子には MIDI IN/OUT に加えて、同社 volca シリーズなどとシンク可能な SYNC IN/OUT 端子、PC/Mac と USB-MIDI 接続可能な USB 端子、外部入力音声をフィルター加工できる AUDIO IN 端子も装備。



主な特徴

  • ベロシティ対応 37鍵スリム鍵盤採用
  • 新開発された4ボイスのアナログ・シンセサイザー回路を採用
    (2VCO、1VCF、2EG、1VCA、1LFO)
  • 41 個のパラメーター専用ノブ/スイッチ・コントロール
  • プログラムごとに異なるパラメーターを割り当て可能なスライダー
  • フルプログラマブル仕様で 200 音色のプログラムをメモリー可能
    • 各プログラムはボイスモード、モーションシーケンスを含む
    • ファクトリープリセットプログラム×100
    • ユーザープログラム×100
    • フェイバリット×8 (ワンタッチ呼び出し可能)
  • 4ボイスを柔軟に組み換えられる8つのボイスモード
    • POLY : 4 ボイスのポリフォニック・シンセとして動作
    • DUO : ユニゾン2 ボイスのポリフォニック・シンセとして動作
    • UNISON : 4ボイスユニゾンのモノフォニック・シンセとして動作
    • MONO : サブオシレーター付きモノフォニック・シンセとして動作
    • CHORD : 最大4和音のコードを発音
    • DELAY : ボイス2~4 はボイス1 から順に遅延して発音
    • ARP : 最大4 音のアルペジエーターが動作
    • SIDE CHAIN : 直前に発音されたボイスの音量を下げて発音
  • オートメーション可能な16 ステップ・ポリフォニックシーケンサー
    • 最大4つのパラメーターをモーションシーケンス可能
    • ステップ REC、オーバータブ可能なリアルタイム REC
  • EL ディスプレイに波形を視覚的に表示するオシロスコープ機能
  • アルミパネルとウッドパネルによるタフでスタイリッシュなボディ
  • SYNC IN/OUT 端子で他のグルーヴマシンとセッションが可能
  • MIDI IN 端子、MIDI OUT 端子、SYNC IN 端子、SYNC OUT 端子、
    AUDIO IN 端子、USB type B 端子、 ヘッドフォン端子
  • AC アダプター KA350 付属
  • 外形寸法: 500(W) × 300(D) × 85(H) mm、重量: 2.8kg




公式デモ






分かりやすいパラメーターとパネルレイアウトは使い勝手が良さそうです。
純アナログなのに価格がリーズナブルなところも◎。

プロからアマチュアまで幅広い支持を集めそうですね。
アナログシンセ初心者にもお勧めしたい機種です。

[関連サイト]
 KORG
 KORG minilogue

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | -
ハードウェア(楽器)