So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
音楽コンテンツ(楽曲再生)
前の5件 | 次の5件

NASAがアポロ11号の交信音声アーカイブをMP3で公開
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

今回は、NASA が公開しているアポロ11号月面着陸40周年記念のコンテンツの中から「Apollo 11 Onboard Audio」を紹介。

 アポロ11号の乗組員がヒューストンの管制センターと交信した音声アーカイブが MP3 フォーマットでダウンロードできます。



↓交信記録の中からハイライト部分を抜粋した Apollo 11 Onboard Audio Highlights
apollo11-2.png

↓交信記録を日付毎のタイムライン順に並べた Apollo 11 Onboard Audio Database
(交信内容を書き起こした PDF も見ることができます。5.5MB/248ページ)
apollo11-3.png

 解説によると、公開されている交信音声は管制センターでリアルタイムで録音されたものではなく、月を周回する司令船コロンビアが装備しているデータストレージ (DSE) で録音して、ある程度溜め込んでおいたものを時間ごとにまとめてダンプとして管制センターへ送信されたもので、月着陸船イーグルの送信機 (DSEA) から送信された音声はコロンビアが受信して DSE に録音するようになっていたそうですが、DSEA の調子が悪かった(または誤動作した)ためノイズが多くかなり聞き取りにくいと記されています。

データベースの各ダンプ内容はかなり長いので、まずは抜粋のハイライトのほうを聴いてみることをおススメしておきます。

[関連サイト]
 NASA
 NASA - Apollo 11 Onboard Audio


Apollo: Atmospheres & Soundtracks

Apollo: Atmospheres & Soundtracks

  • アーティスト: Brian Eno
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2005/01/20
  • メディア: CD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

10年前のディスクからPSの音楽ゲームDEPTHの録音ファイル発見
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

前回の記事で、先日見つけた10年前の Mac のバックアップディスクの中に当時 Web サイトで公開していた音声ファイルの元データファイルを発見するも、フォーマットが分からず読み込みに手間取り、なんとか無事 AIFF に変換できたことを長々と書いたんですが・・・

DEPTH その発見したデータというのが、当時(1996~97年頃)ハマっていた PlayStation 用の音楽ゲームソフト「DEPTH」で作った曲を Mac の AV 端子につないで録音したもので、残っていたのは全部で72曲。(画面を取り込んだ小さめの画像も一緒に発見)

 PS 本体も DEPTH も既に処分してしまっていて手元になく、録音したデータもずいぶん前に消してしまったと思い込んでいて、もう二度と聴くことはできないと諦めていただけに嬉しさ倍増です。

 せっかく見つけた音楽コンテンツをまたこのまま眠らせておくのもなんなので、記念(?)に約10年ぶりに再公開することにしました。

DEPTH とは?

 DEPTH は1996年に Opus Corp. が開発し、Sony Computer Entertainment (SCE) からリリースされていた音楽アドベンチャーゲームで、ゲーム性よりも曲作りの部分に重点が置かれていて、当時の PS ソフトのなかでも異色の存在でした。

 ゲーム中の画面はこんな↓感じで、イルカを海中や異空間(全部で12エリア)の中で泳がせてサウンドパーツを集めてミニマルテクノな曲を作るというものです。





YouTube にプレイをアップしている人がいたので参考に↓

Loading...

 パーツは8種類(ドラムx4、ベースx1、シンセx3)のサンプルループ素材になっています。

 1つのエリアに複数のパーツが隠されていて、集めたパーツは8パート A/B 2パターン構成のシンプルなトラック編集画面で曲の素材として使うことができます。


 出来上がった曲はゲーム画面で再生しながら、イルカを操作してリアルタイムでアドリブパートを演奏することも可能でした。

10年ぶりに発掘した曲を公開

 見つけた録音ファイルが22kHz/8ビット/モノラルというショボい音質だったのは、当時細かいことを考えずに Mac OS(7~9のどれか) に付いていたサウンドレコーダーで録ってしまったら、フォーマットがシステムサウンド(System7 サウンド)形式だった、というのが本当のところだと思うのですが録った本人は細かいことはすっかり忘れてしまってます。

 DEPTH のサンプルループ自体も元々軽く作られていてサンプリングレートが低めだったので、44.1kHz/16ビットとかで録ってもあまり変わらなかったかもしれません。

 録音されていた曲はどれも30秒ほどの短いもので、A/B パターンを短時間で切り替えているだけでアドリブは入ってなく、各エリアの映像の雰囲気は無視して作ってあります。

 たまにブツブツとノイズが入った曲があるのですが、たしか普段のプレイ中でも特定のパーツを組み合わせすると時々発生していたような覚えがあるので録音が原因ではなかったかもしれません。



おまけ:隠しコマンド公開

使う人がいるのかどうかは別にして、ついでに当時見つけた隠しコマンドも10年ぶりに再公開。

» デバッグモード
 タイトル画面で素早く ↓,↑,←,→+□ と押します(最後は→□同時押し)。「シュー」という SE が鳴れば入力成功です。
 START ボタンを押してサイレントスペースに入ると初めから全ステージで全てのパーツが使用可能になります。

» 金色のイルカ
 タイトル画面で素早く ↓,↑,→,←+□ と押します(最後は←□同時押し)。「シュー」という SE が鳴れば入力成功です。
 START ボタンを押してサイレントスペースに入れば金色のイルカが出現します。使えるのはサイレントスペースだけで、デバッグモードとの併用はできません。

» 透明のイルカ
 まず金色イルカになってから、サイレントスペースで START ボタンと SELECT ボタンを両方押してソフトリセットでタイトル画面に戻ります。
 メニューが出たら SELECT ボタンを押してカーソルを [START] に合わせ、ここで SELECT ボタンを押したまま START ボタンを押します。(サイレントスペースに入るまで両方のボタンは押しっぱなし)

今は安価な中古がたくさん出回っているので、PS をもっていて興味のある人はぜひやってみてください。サンプルのドラムループにはドラムンベース以前のジャングルっぽいのも入ってたりして若干時代を感じさせてくれますが、今遊んでも十分面白いソフトだと思います。

最近では PS3/PSP 用に再リリースもされていて、PlayStation Store のゲームアーカイブスのオンラインショップで600円でダウンロード販売されています。

[関連サイト]
 Opus Corp.
 PlayStation.com(Japan) - ソフトウェアカタログ - DEPTH
 PlayStation.com (Japan)
 XSPF Flash MP3 Player : FMP3 Extended version


DEPTH

DEPTH

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game
BEAT PLANET MUSIC

BEAT PLANET MUSIC

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ハードディスクが故障する前兆の音いろいろ : Data Cent - Failing Hard Drive Sounds
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

ちょっと変わったページを見つけました。
データリカバリー会社 Data Cent のサイトなんですが、メインメニューにある「Sounds」でハードディスクドライブ (HDD) が故障する前兆になる音がたくさん公開されています。



 Western Digital、Seagate、Maxtor、Samsung、HGST(日立/IBM)、東芝、富士通、Quantum の各メーカーの故障の前兆になるリアルな音を録音した MP3 音声を聴くことができます。

 前兆音と合わせて各社の HDD の弱点と具体的な故障例の解説も掲載されています。(ちなみに、現在 IBM の HDD 部門は日立に、Maxtor/Quantum は Seagete に吸収されています)

やっぱり日頃のバックアップ作業は大切ですよね。
みなさんはちゃんとバックアップとってますか?

自分はというと、一応定期的にバックアップはとっているのですが、前にバックアップ用に使っていた HDD ボックスケース(3.5インチを4台格納できるやつ)の電源コンデンサから煙が出てきて冷や汗かいたことがあります(笑)

[関連サイト]
 Data Cent
 Western Digital
 Seagate
 Maxtor
 Samsung
 HGST(日立/IBM)
 東芝 セミコンダクター
 富士通 - 電子デバイス・半導体
 Quantum
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


これが聴こえればあなたは10代? : The Teenager Audio Test
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

可聴テストサイト The Teenager Audio Test を紹介。

 テスト音声を再生して聴こえたかどうかを答えるだけのシンプルなテストです。タイトルでは10代と書きましたが、サイトの説明によれば25才以下の聴覚があるかどうかが判定できるそうです。
 Windows Media Player プラグイン(もしくは QuikTime プレイヤープラグイン)が動作しない場合は、MP3 ファイルのリンクから直接再生してみてください。



 使われている音声は15kHz付近にピークがあって、テストとしては比較的易しいレベルなので年齢に関わらず大抵の人は聴こえるかも。



 人間の耳は加齢とともに本人が気づかないうちに少しずつ低域と高域が聴こえ難くなっていきます。
 テストで使われている音声は25才以上の人には聴こえにくい(いわゆるモスキート音という)もので、海外ではコンビニ前にたむろする若者たちを追い払う音波機器に使われたり、それを逆手にとって若者にしか聴こえないケータイ着信音が作られたりして数年前から注目されはじめています。(詳しくは過去の関連記事参照)

[関連サイト]
 The Teenager Audio Test


聴覚心理学概論

聴覚心理学概論

  • 作者: B.C.J.ムーア
  • 出版社/メーカー: 誠信書房
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 単行本
音入門―聴覚・音声科学のための音響学

音入門―聴覚・音声科学のための音響学

  • 作者: チャールズ・E. スピークス
  • 出版社/メーカー: 海文堂出版
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


デイヴィッド・リー・ロスの雄叫び
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

あけましておめでとうございます。
本年も音楽方丈記をよろしくお願いします。

新年一発目は・・・
ヴァン・ヘイレンの曲「Runnin' with the Devil」からデイヴィッド・リー・ロスのシャウトを集めたジョークフラッシュ 「David Lee Roth Runnin' with the Devil SOUNDBOARD」。



新年早々おバカなネタですみません・・・

Loading...


[関連サイト]
 David Lee Roth Runnin' with the Devil SOUNDBOARD


Best of Van Halen, Vol. 1

Best of Van Halen, Vol. 1

  • アーティスト: Van Halen
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 1996/10/22
  • メディア: CD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | 次の5件
音楽コンテンツ(楽曲再生)