So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
音楽Webサービス(作曲/演奏)
前の5件 | -

ブラウザベースのオーディオワークスペース AudiotoolのHTML5/Web Audio対応化が進行中?
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

以前にも何度かここで紹介したブラウザから利用できるオーディオワークスペース Audiotool の HTML5/Web Audio 対応化のプロジェクトが進行しているようです。

現在 Audiotool にラインナップしている2つのシンセ HeisenbergPulverisateur とドラムマシン Machiniste の HTML5/Web Audio 版が試験的にプレビュー公開されています。

Web Audio 対応ブラウザならどれでもおそらく動くと思われますが、Chrome の最新版(v.43)を使うことを推奨します。
Internet Explorer 11 は Web Audio に対応していないので動きません。



HTML5 + Web Audio 対応の Heisenberg、Pulverisateur、Machiniste

現行の Audiotool は Flash ベース

Audiotool はブラウザ上に仮想の電子楽器を配置・結線して音楽を制作できる画期的な Web アプリで、元々システムは Flash Player で動くように作られています。
(詳細は過去記事を参照↓)


現在の Flash 版 Audiotool


Flash から HTML5 Audio、Web Audio API へ

Audiotool が最初に登場した2008年3月頃、HTML5 はまだ W3C の草案段階 (Working Draft) で、各主要ブラウザは段階的に仕様をサポートし始めたばかりで、当時はまだ Flash コンテンツが一般的でした。

 2010年後半になると主要ブラウザは HTML5 Audio/Video に対応し始めていて、当時このブログでもブラウザの対応状況を調べた記事を書いています。


 HTML5 Audio/Video はオーディオやビデオのプレイヤー的機能を主に扱うもので、楽器のような音響をリアルタイムに生成する処理にはあまり向いていません。
 そこで 、より細かくプリミティブにオーディオデータを JavaScript から扱う Web Audio API が発案されました。

 2010年時点はまだ Web Audio API は HTML5 の標準仕様にはなっていません。最初に Web Audio API に対応したブラウザは Chrome で、2011年のバージョン10から実験的に実装され、同年バージョン14から正式に利用可能になっています。

 ここ数年、ブラウザ上で特定コンテンツを表示・再生するためにサードパーティ製プラグインを利用する方法は、バージョンの分散化によるセキュリティホール発生の危険性などを理由に、ブラウザ側が徐々にサポートしなくなりつつあります。

 上記理由も含めて、爆発的に増えつつあるモバイルデバイス環境では Flash がサポートされなくなったこともあって、従来 Flash で構築していた部分を可能な限り HTML5 + JavaScript に置き換えて動くようにしようという流れが加速しています。

Heisenberg



 Heisenberg は、49種類の波形をもつ4つのオシレーターとフェイズモジュレーション (PM) の組み合わせにより複雑な波形を生成できるポリフォニック・シンセサイザーです。

 モジュレーションマトリクス、3系統のエンベロープとピッチエンベロープ、2系統の LFO、12~48dB/oct 対応の XY フィルターを搭載。
 
 他に、エフェクターはパラメーター固定のリバーブとディレイ、固定パターンのアルペジエイターが利用可能です。

» Web MIDI API で外部 MIDI デバイスから制御可能
Chrome 43 以降では標準で実装された Web MIDI API を利用して、外部 MIDI デバイスを接続してコントロールすることができます。


Chrome 43 の「設定」→「プライバシー」→「コンテンツの設定」

 試しに PC(Windows 7) と Mac(OS X 10.9) に、USB-MIDI 対応の MIDI キーボードを USB ケーブルで接続してみたら、どちらも MIDI キーボードの鍵盤から演奏することができました。

 さらに iPad Air に入れてある OSC コントローラーアプリ touchOSC から CoreMIDI で出力して、 ネットワーク MIDI (Mac は CoreMIDI、PC は rtpMIDI)を設定して LAN 経由でも演奏するとこができました。

 マシンスペックが足りなかったり、レイテンシーで Best を選択するとクリックノイズが出るときがあるかもしれません。(Core i5 2400S 2.5GHz では問題なかったが、Core 2 Duo E8400 3.0GHz ではやはり少々荷が重かった)

Pulverisateur



 Pulverisateur はセミモジュラーのアナログタイプのシンセサイザーで、4種類の波形をもつ3つのオシレーターとノイズのほか、外部音声入力にフィルタリングすることもできます。(外部入力の反応は未確認)

 レゾナンス付フィルターはローパスとハイパスの組み合わせで、LFO と2系統のエンベロープを搭載しています。

 グライド機能の他、エフェクターにはパラメーター固定のリバーブとディレイ、固定パターンのアルペジエイターが利用可能です。

 Heisenberg と同じく Web MIDI API に対応しているので、Chrome 43 以降なら外部 MIDI デバイスからコントロール可能です。

Machiniste



 Machiniste は4つのバンクと8つのパターン(最大128ステップ)の再生機能を持ち、9パートで構成されるサンプルベースのドラムマシンです。

 各パートサウンドのサンプルの再生開始と終了ポイント、ピッチ、フィルター、エンベロープ、パン、レベルなどが調整可能なほか、エフェクターにはパラメーター固定のリバーブとディレイが利用可能です。

 こちらも Heisenberg、Pulverisateur と同じく Web MIDI API に対応しているので、Chrome 43 以降なら外部 MIDI デバイスからコントロール可能です。


単体ではかなりイイ感じのところまで移植できている印象を受けましたが、これを現在の Audiotool のように複数同時に動かすとなると、現状の Web Audio API の仕様では少々キビシイような気もしたのですが、本当のところはどうなんでしょう。

当時 Audiotool の見たときはかなり衝撃的だったので、また驚かせてくれることを期待したいですね。

[関連サイト]
 Audiotool

permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

ツマミを操作して効き具合を確認できるギターエフェクター試聴サイト PEDAL FORGE
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

ブラウザからギターエフェクター(ストンプボックス/ペダル)のツマミを操作して効き具合を確認しながら試聴ができるサイト PEDAL FORGE を紹介。
日本語、英語、フランス語の表示に対応しています。



 高品質な録音環境で作成されたサンプルフレーズを再生しながら、エフェクターのツマミを操作して音質の変化を聴き比べることができます。



 カテゴリーは、Gain、Compressor、Delay、EQ、Modulation、Reverb、Wah の7種類に分けられています。

 現時点で、Overdrive、Distortion、Fuzz など Gain 系が20個登録されていて、他のカテゴリーはまだ登録がありません。

 絞り込み検索では、エフェクトの種類(Overdrive/Distortion など)、スペック(アナログ/デジタルなど)、ノイズ度、メーカー、使用ギタリストなどの項目が複数指定できます。



 各エフェクターの試聴ページでは、フレーズを再生しながら、パネル上のツマミに表示される(+)/(-)を押してパラメーターを変更して音色・音質の違いを比較することができます。

 ページ下段にはユーザーレビュー欄もあり、14項目を5段階で評価した結果やコメントなどを読むことができます。

 また、ページ右側には取扱ショップのリストが価格(新品/中古/オークション)の安い順に表示され、最安値のショップですぐに購入ができるようになっています。



 自分でツマミを操作する以外にも、各エフェクターの持ち味が際立つセッティングで演奏されたアルペジオ、バッキング、ソロフレーズで比較することもできます。
 こちらはシングルコイル、ハムバッカー、アンプレスの3種類が用意されています。


いろんなパターンが実際に聴き比べられるのは良いアイディアですね。
現時点ではまだ登録数が少なめなので、今後の拡充に期待したいところです。

ギタリストな人はとりあえずブックマークしておくと後々重宝するかも。


[関連サイト]
 PEDAL FORGE


ギター・エフェクター実用バイブル CD付 自分らしいサウンドを出すために~歴史と基本原理、接続&トーン攻 略まで[改訂拡大版]

ギター・エフェクター実用バイブル CD付 自分らしいサウンドを出すために~歴史と基本原理、接続&トーン攻 略まで[改訂拡大版]

  • 作者: デイヴ・ハンター
  • 出版社/メーカー: DU BOOKS
  • 発売日: 2014/01/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラウザで動くJavaScriptベースのオーディオプログラミング環境 wavepot
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

lifehacker で面白い音楽作成 Web サービス wavepot が紹介されていました。

ブラウザ上のエディタからオーディオ波形を生成する JavaScript プログラムを作って再生できます。
Web Audio API が使用されているので Chrome、Safari でないと利用できません。


正弦波でラの音(=440Hz)の持続音を再生するサンプル

 "The Digital Audio Workstation on the Web" と銘打たれているものの、音楽の作曲知識よりもテクニカルな音響技術的知識と JavaScript のプログラミングスキルを必要とするので、Cubase や Logic Pro のような多くの人がイメージする一般的な DAW とはかなり内容が違います。

 メインのテキストエディタの上段に再生などの操作ボタン、右側のプロジェクト&モジュールブラウザが配置されています。
 ライブエディタになっているので再生しながらソースコードを変更するとすぐに出力に反映されます。

 アウトプット関数として dsp( t ) が用意されていて、時間軸の分解能係数 t に合わせて波形を生成・合成して戻り値に結果を返してやると音声が出力されます。
 dsp() は引数 t と return に指定する戻り値だけフォーマットが決まっていて、関数内は自由にユーザー自身が作ることができます。


TB-303 風のシーケンスを再生するサンプル

 現時点ではまだ機能は限定されていて、ブラウザにある20個のサンプルプロジェクトをロードして再生・再編集するか、全消去して自分でいちからコーディングすることになります。

 右側のモジュールリストのツリーには、effects、oscillators、sequencers、synths、various などのプリセットのモジュール項目がありますが、現時点ではまだ実装されていないため機能しません。
 いくつかのサンプルプロジェクトのソースコードの中には似たような関数が含まれています。



現在、開発継続のために目標2000ドルの寄付を募っていて、この記事を書いている時点ではすでに目標額に到達しています。

これからどのように進化していくのか楽しみですね。

[関連サイト]
 wavepot
 lifehacker
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


オンラインで音楽ファイルを自動でマスタリングしてくれるWebサービス LANDR
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

カナダのモントリオールにある音楽技術会社 MixGenius が提供しているクラウドベースの音楽マスタリングサービス LANDR を紹介。



 LANDR (ランダー) は楽曲制作の最終工程ともいえるマスタリング処理を、独自のアルゴリズムと人工知能ベースのシステムを用いて自動で行ってくれる Web サービスです。

 人工知能システムはアップロードされたトラックの特徴を独自のマルチ機能解析を用いて分析し、個々のトラックに合わせて最適なマスタリングのスタイルを選択します。

 ユーザーからアップロードされた様々なトラックを分析・学習した結果を蓄積して、定期的にシステムアップデートを行うことでマスタリングのスタイルも多様化していくそうです。

無料プランと3種類の有料プラン(月額)

無料プランと3種類の有料プラン(月額)が用意されていて、マスタリングされたファイルをダウンロードする場合はアカウントの登録が必要です。

プラン月額出力形式と制限回数
 Amateur無料 MP3: 無制限
 Pro9ドル WAV: 4回まで/月
 MP3: 回数無制限
 Pro Unlimited19ドル WAV: 無制限
 MP3: 無制限
 Business
 (for Label/Production)
29ドル WAV: 無制限
 MP3: 無制限

 MP3 は192kbps、WAV は44.1kHz 16bit で生成されます。

 ダウンロードせずにサイト上で結果をプレビューで比較するだけなら、アカウントがなくても利用は可能ですがトラック全体を聴くことはできません。

アカウントの登録


アカウント登録ページ

 アカウントを作成するとすぐに登録の確認メールが届くので、メールに書かれた確認用 URL をクリックしてアクティベーションを行います。

利用方法



 使い方はとてもシンプルで、ページのドロップエリアにマスタリングしたい WAV ファイルや MP3 ファイルをドロップするか、ドロップエリアの下にある + click here を押してファイル選択ダイアログからアップロードするだけです。



 アップロードが完了すると続いてマスタリング処理が開始され、しばらくすると結果画面が表示されます。


マスタリング結果

 結果ページではオリジナルとマスタリングの結果をプレビュー再生しながら比較できます。

 注: この記事は Pro プランで書いているので、WAV と MP3 の2つの項目が表示されていますが、無料プランの場合は 192kbps MP3 だけになります。


Intensity Level の選択

 マスタリング結果の音圧が高すぎたりコンプが掛かり過ぎたと感じた場合は、「Change Intensity」でダイナミックレンジの最大レベル強度を3段階から選択できます。


マスタリング結果で表示される警告メッセージ(赤い部分)

 アップロードしたファイルがクリッピングして0dBに張り付いていたり、平均音圧レベルが高すぎてヘッドルームに余裕がないと「このファイルはマスタリングするにはラウドすぎる」という警告メッセージが表示されます。

 FAQ には、最大ピークが -4dB~-5dB くらいに収まっていてヘッドルームに余裕を持った状態であることや、最終ミックス(2 Mix)作成時に EQ やリミッター/コンプをかけずにミックスダウンしたラフな状態であることが推奨されています。

 また、アップロードするファイルはなるべく解像度の高いもの(24bit/48kHz、24bit/96kHz など)のほうが、より精度を上げて解析することが可能になるとのことです。


ダウンロードページ

 満足する結果が出たら、出力フォーマットを選択して「Save and Send」を押すと、マスタリングされたファイルのダウンロード URL が記載されたメールが届き、URL をクリックするとダウンロードが開始されます。

 ダウンロードしたトラックはアカウント管理ページのヒストリーから再ダウンロードが可能です。

ユーザーデモ




いくつか試してみたところ、たしかに音圧が上がってにミックスに変化があることが確認できました。

ただ、曲やサウンドのスタイルによっては向き不向きがあるようで、ドラムやパーカッションなどのアタックが強くリリースが短いサウンドは結果が良いほうに現れる一方、エレピやパッド系など中音域でリリースが長めのサウンドは若干苦手な印象を受けました。
(元の 2 Mix のバランス自体が悪かった可能性も否めませんが…)

これからユーザーが増えていくにしたがって、システムの学習度が高まって今より精度が上がれば、また違った結果になるかもしれません。

今後のシステムアップデートとして、リスニング環境に対応した出力オプションの追加なども予定されているようです。

DTM/DAW の初心者でマスタリングのコツがよくわからないときや、音圧アップが上手く行かないといったときに試してみるのもよいかも。

[関連サイト]
 LANDR
 MixGenius


エンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニック (DVD-ROM付き) (リットーミュージック・ムック)

エンジニア直伝!DAWミックス&マスタリング・テクニック (DVD-ROM付き) (リットーミュージック・ムック)

  • 作者: リットーミュージック出版部
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2010/10/20
  • メディア: ムック
DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説 (DVD-ROM付き)

DAW自宅マスタリング 音圧&音質アップのための実践テクニック徹底解説 (DVD-ROM付き)

  • 作者: 江夏 正晃
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2011/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本 3タイプの曲で必修テクニックを完全網羅(DVD-ROM2枚付)

ミックス・ダウンをDAWで学ぶ本 3タイプの曲で必修テクニックを完全網羅(DVD-ROM2枚付)

  • 作者: 早乙女 正雄
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2013/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラウザで動くHTML5/JavaScriptベースのMIDIシーケンサー g200kg WebSequencer
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

藤本健さんのブログ "DTM ステーション" で紹介されていたブラウザで動く HTML5/JavaScript で作られた MIDI シーケンサー WebSequencer を紹介。
作者は前にも取り上げたことがある g200kg さん(新谷垣内さん) さんです。

 過去の参考記事はこちら↓
 » Webアプリ間でMIDIデータの送受信を可能にする WebMidiLink
 » HTML5、JavaScript、Audio APIで作られたブラウザで動くモジュラーシンセ

 シーケンサー本体は HTML5 と JavaScript に対応するブラウザなら利用可能のようですが、WebMIDILink を介して制御される Web シンセ音源のほうが Chrome の Web Audio API を利用したものが多いので、Chrome で実行することをお勧めします。(Java で作られているものもあります)



  • データ入力はマウスドラッグ操作のピアノロール形式
  • ベロシティ、テンポ、ピッチ、プログラム、CC の指定が可能 (8bpqn)
  • 最大4台の WebLinkMIDI 対応 Web シンセをロード可能
  • 最大16トラックが利用可能 (1トラックに対して1つの Web シンセを選択)
  • MIDI ファイルのデータ読み込みが可能
  • MIDI ファイル形式でデータ保存が可能 (他の MIDI プレイヤーで再生可能)
  • URL スキーマ形式でも直接データ保存が可能 (リンクで共有)
といった感じでシンプルながらも MIDI シーケンサーとしての編集機能は一通り実装されています。

 プリセット音源のコンボボックスの一番下にある GMPlayer は、GM 互換のマルチティンバー音源で各 ch ともポリフォニック対応になっているので、既存の GM 用 MIDI ファイルもそこそこ再生できます。


HTML 5 と JavaScript の組み合わせでここまでできる、見本的・実験的な Web アプリといえますが、それを踏まえても素晴らしい取り組みといえるのではないでしょうか。

今後の進化が楽しみですね。

[関連サイト]
 g200kg
 藤本健の"DTM ステーション"
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | -
音楽Webサービス(作曲/演奏)