So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
音楽ネタ全般
前の5件 | -

潮の満ち引きで打ち鳴らされる時の鐘 Tide and Time Bell (by Marcus Vergette)
» 音楽ネタ全般 

英国のデヴォンを拠点に活動する彫刻家で作曲家、ダブルベーシストの Marcus Vergette 氏が主導して進められているプロジェクト Tide and Time Bell を紹介。


photo by Kev Lewis

 21世紀に暮らす現代人の生活の中で、危ぶまれ失われていくあらゆる要素に対する警告と関連付けて、温暖化の気候変動による海面上昇の影響を潮汐力で打ち鳴らされる鐘の音で感じようというプロジェクトです。


photo by Kev Lewis

 鐘は2つの釣鐘の頭をを上下に合体させたような形をしていて、空洞になった結合部分を支点に上下の鐘が打たれるようにハンマーが付けられた振り子の下端が波を捉えるような構造です。
 水位が上がって鐘が浸ってくると段々と音程が変化して高くなっていきます。



 今現在、鐘は英国内に全部で5つあり、デヴォン州のアップルドアなど海岸に設置されています。6つ目の場所として英国の東海岸が候補に挙がっていて、最終的には英国の海岸に12の鐘が設置されるのだとか。
  • Appledore (Devon) - 2009年7月設置
  • Bosta (Isle of Lewis) - 2010年6月設置
  • Trinity Buoy Wharf (London) - 2010年9月設置
  • Aberdyfi (Wales) - 2011年7月設置
  • Cemaes (Anglesey) - 2014年4月設置

Google Maps のストリートビューでも見れるかもしれないと思って探してみたら、5つとも場所を特定できました。

» Appledore (Devon)


» Bosta (Isle of Lewis)

こちらはストリートビューでは海岸まで近寄れませんでしたが、おそらく砂浜の右側で砂浜と2つ目の岩がつながってる辺り。
↓こちらの360度写真には写っていました。
https://goo.gl/maps/J2YAqTP6y8H2

» Trinity Buoy Wharf (London)

こちらはワーフの岸壁の階段の途中にあるためストリートビューでは近寄れませんでしたが、船からのストリートビューに写っていました。

» Aberdyfi (Wales)

中央に写ってる桟橋の下にあるはず。

» Cemaes (Anglesey)

ストリートビュー撮影日が設置前で発見できず。位置的にはこの辺り。
↓こちらの360度写真には写っていました。
https://goo.gl/maps/pVdv9Ckoojt


自然の作用で時間に関係なく音が鳴るオブジェの設置は場所の選定が難しそうです。
1つ目の Appledore では普段は鎖で振り子を固定してあるようでした。

[関連サイト]
 Tide and Time Bell
 Marcus Vergette


アイアンベル Welcome 61127

アイアンベル Welcome 61127

  • 出版社/メーカー: ポッシュリビング
  • メディア: Tools & Hardware
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

重力波を可聴域の音声波形データに変換すると聴こえるさえずりのような音
» 音楽ネタ全般 

1916年にアインシュタインが一般相対性理論からその存在を導き出し、現在まで観測されたことがなかった重力波 (Gravitational-Wave) が、米国マサチューセッツ工科大学 (MIT) を中心とする国際研究チームによって初観測されたことがワシントン現地時間の2月11日に発表されました。

 質量を持つ物体はその質量に応じて空間をゆがめ押しのけています。重力波は、大質量の物体が動いた際に空間のゆがみが波となって光と同じ速さで空間を伝播していく現象です。



 昨年9月に、地球から13億光年離れたところにある2つのブラックホール(それぞれ太陽の約30倍の質量)が合体したときに発せられたシグナル (GW150914) を、ワシントン州ハンフォードとルイジアナ州リビングストンにある観測施設 LIGO (Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory) の装置で検出、解析を続けた結果それが重力波であると結論付けられました。

 LIGO の Web サイトでは重力波に関する公開資料として、観測した波形を可聴域の音声データ(音波)に変換した動画も公開しています。

 連続するノイズのなかに「プヨ」という短いスイープ音が繰り返し聴こえるのが重力波による「さざ波」なのだそうです。
 このスイープ音は鳥のさえずりに似ていることから Chirps (さえずり)と呼ばれています。




あくまで元々音波ではない波形データを人が聴こえる周波数に変換したものなので勘違いないように。
(重力波が地球に到達しても音は聴こえません)

音に関する時事ネタということで取り上げてみました。
日本の大型低温重力波望遠鏡 KAGRA も含めて今後の成果に期待が膨らみますね。

[関連サイト]
 LIGO (Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory)
 KAGRA 大型低温重力波望遠鏡


ブラックホール・膨張宇宙・重力波 一般相対性理論の100年と展開 (光文社新書)

ブラックホール・膨張宇宙・重力波 一般相対性理論の100年と展開 (光文社新書)

  • 作者: 真貝 寿明
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: 新書

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


SXSW 2015でドラムマシン Roland TR-808のドキュメンタリー映画「808 The Movie」を初披露
» 音楽ネタ全般 

今月の13日~22日まで米国テキサス州オースティンで開催される音楽・映像・インタラクティブの統合イベント SXSW (South by Southwest) で、Alexander Dunn 監督の Roland TR-808 ドキュメンタリー 808 The Movie が初披露されるようです。


 上映日時: 2015年3月13日 15:45~17:31 (現地時間)
 上映会場: Alamo Lamar C (Alamo Drafthouse South Lamar, 1120 S Lamar Blvd)

 詳しくは SXSW イベントスケジュールページ参照↓




 本編には Arthur Baker、Pharrell、David Guetta、Phil Collins、Lil Jon、Afrika Bambaataa、Norman Cook (Fatboy Slim)、Rick Rubin、Diplo、Goldie など錚々たる面々が登場。

 Produced by You Know Films in association with Atlantic Films
 Directed by Alexander Dunn
 Executive Producer: Alex Noyer
 Producers: Alex Noyer, Craig Kallman & Alexander Dunn
 Producer & Co-Executive Producer Arthur Baker for Re-Covered Content Ltd
 Written by Alexander Dunn & Luke Bainbridge




ん?前にも似たような記事を書いたようなと思ってチェックしてみたら…


という記事を3年ほど前に書いてました。
2013年公開予定だったものがようやく今完成したということなのですね。

[関連サイト]
 SXSW
 808 The Movie


ROLAND TR-808 リズムマシン (premium vintage)

ROLAND TR-808 リズムマシン (premium vintage)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


KORGがNAMM 2015開催前日に新製品発表イベントをYouTubeで現地ライブ配信予定
» 音楽ネタ全般 

KORG が The NAMM Show 2015 の開催前日(日本時間 2015年1月22日)に新製品発表イベントを現地で開催して、その模様を YouTube Live で配信予定だそうです。



» KORG 公式 Web サイト 告知ページ:
 A special invitation from KORG; Join the Evolution

» YouTube Live 配信 URL:
 http://jointheevolution.korg.com/

» 配信日時:
 現地時間 2015年1月21日(水) 15:00~17:00
 日本時間 2015年1月22日(木) 8:00~10:00



ライブ配信までにいくつか追加情報の発表もあるようです。
いよいよ ARP Odyssey の現物初披露でしょうか。


[追記] 2015/01/15
発表イベント内容の続報が届きました。

好評のフラグシップワークステーション KRONOS や、今回が初のお披露目となる新製品 ARP ODYSSEY のプレゼンテーションの実施が予定されています。


Jordan Rudess / Jonah Nilsson

また、グラミー賞ノミネート歴を持つ DreamTheater のキーボーディスト Jordan Rudess、YouTube にアップしたカバー曲動画で注目された Dirty Loops のキーボーディスト/ボーカリスト Jonah Nilsson が、KRONOS によるライブパフォーマンスを披露予定。


David Friend / Cory Henry

さらに、ARP Instruments 社の共同創業者であり、ARP ODYSSEY 復刻においてアドバイザーも務めた David Friend によるプレゼンテーション、マルチ・プレイヤー/プロデューサーの Cory Henry によるデモンストレーションなども予定されています。


[関連サイト]
 KORG
 KORG ARP Odyssey


KORG コルグ / ARP ODYSSEY アープオデッセイ

KORG コルグ / ARP ODYSSEY アープオデッセイ

  • 出版社/メーカー: KORG
  • メディア:
楽天で KORG ARP Odyssey を探す
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


NASAがSoundCloudにアカウントを開設、アポロやスペースシャトルの通信音声などを公開
» 音楽ネタ全般 

NASASoundCloud にアカウント NASA's stream on SoundCloud を開設してアポロやスペースシャトルの発射音や通信音声、宇宙空間の電波を可聴化したサウンドなどを公開しました。




現在、NASA's stream on SoundCloud で公開されている音声は合計62個で、全て MP3 ファイル形式でダウンロード可能になっています。
その中からいくつか抜粋↓

» Apollo Sounds


» Space Shuttle Discovery Sounds


» Solar System & Byond Sounds



 今のところ内容的には、3年前にここでも紹介したスマホ用の着信音がダウンロードできる NASA sounds で公開されている mp3/m4r ファイルと同じものと思われます。(NASA sounds のほうは合計65個)



個人的にはあまり新鮮味がなかったので、今後の拡充に期待したいところです。

[関連サイト]
 NASA's stream on SoundCloud
 NASA
 SoundCloud


Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered

Apollo: Atmospheres and Soundtracks/Remastered

  • アーティスト: Brian Eno
  • 出版社/メーカー: Virgin Catalogue
  • 発売日: 2009/07/06
  • メディア: CD

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の5件 | -
音楽ネタ全般