So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2015年02月 | 2015年03月 |2015年04月
前の10件 | -

ストックホルムから来たカラフルな高性能ヘッドフォン URBANEARS PLATTAN ADV
» ハードウェア(オーディオ) 

スウェーデン、ストックホルムのヘッドフォンメーカー Zound Industories の日本代理店 Zound Industories Tokyo が発売予定の URBANEARS PLATTAN ADV を紹介。
カラー全10色、4月中旬発売予定、市場予想価格は9,200円。



 URBANEARS は同社が2009年に立ち上げたブランドのひとつで、シンプルで飽きのこないミニマリズム・デザイン、豊富なカラーバリエーション、高機能・高品質を備えたシリーズをラインナップしています。



PLATTAN ADV は、密閉型ヘッドフォン PLATTAN の進化版で、以下のような特徴があります。
  • 既存モデルの PLATTAN に比べてより軽量化
  • 装着すると自然に頭と耳にフィットする 3D ヒンジ (特許出願中)
  • スライド方式によるサイズ調整
  • 取り外して洗濯が可能なファブリック素材のヘッドバンド
  • 左右の両ユニットに入力ジャックを備え、カスケード接続可能な ZoundPlug
    (片方にプレイヤー、もう片方に別のヘッドフォンを接続して二人で共有)
  • マイクとリモコンを備えたステレオミニプラグ・ファブリックコード(120cm)
  • 40mmドライバーユニット (20Hz~20kHz/60Ω/115dB/50mW)
  • カラフルな単色カラーバリエーション全10色



 カラーは全10色で、Black、Indigo、Tomato、Dark Grey、White、Mulberry、Moss、Mint、Jam、Chick がラインナップされています。
 本国サイトには13色が掲載されていますが、その中から日本向けに厳選されたものと思われます。


Black、Indigo、Tomato、Dark Grey、White

Mulberry、Moss、Mint、Jam、Chick





ユニット両方にジャックが付いてるのは意外に使い勝手が良さそう。
ヘッドフォンを追加接続してリスニング共有できるのはいいですね。

実物はまだ見ていないので、装着感や音質についてはまた機会があった時にレポートしたいと思います。

ちなみに、既存モデルの PLATTAN のほうは、ZoundPlug 機能やマイク・リモコン付きコードは付いていますが、ヘッドバンドは固定で、3D ヒンジではない代わりに折畳み機構になっています。
市場価格7,200円前後で発売中です。

[関連サイト]
 Zound Industories
 Zound Industories Tokyo


【国内正規品】 URBANEARS PLATTAN 密閉型 フルサイズ ヘッドフォン ブラック 4090058

【国内正規品】 URBANEARS PLATTAN 密閉型 フルサイズ ヘッドフォン ブラック 4090058

  • 出版社/メーカー: URBANEARS
  • メディア: エレクトロニクス

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

HTML5 と Web Audio で作られたブラウザで動くドラムマシン HTML5 Drum Machine
» 音楽コンテンツ(作曲/演奏) 

先週見つけて記事にしようか迷っていたら出遅れました。
すでに各所で取り上げられているので目新しさはありませんがとりあえず紹介。
HTML5 + JavaScript + Web Audio API を使って作られたブラウザベースのドラムマシン HTML5 Drum Machineです。

Chrome、Firefox で動きます。
Safari、Internet Explorer では動きません。
対応していない場合は最初にメッセージダイアログが表示されます。



 13パート、16ステップのオーソドックスなドラムマシンで、音色の違う5種類のドラムキットを選ぶことができます。

 上段のパート名が書かれたボタンを選択して、下段のステップボタンでパターンのトリガーを指定します。各パートはチューンとボリュームを独立して調整することができます。

 作ったパターンは2つ保持できて、気に入ったパターンは WAV 形式でエクスポートしてファイルに保存できます。






UI デザインは見やすくて操作性も普通のドラムマシンと変わりなく、再生ももたつきなくスムーズに動作するのは素晴らしい。

惜しいところは、ハイハットが排他になっていないのと、各キットの音色のチョイスが微妙なところでしょうか。

今後のバージョンアップに期待したいところですね。

[関連サイト]
 HTML5 Drum Machine
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンダ付け不要、CVパッチベイ搭載、シンプルでコンパクトなMoogのシンセ組み立てキット Moog Werkstatt-Ø1
» ハードウェア(楽器) 

昨年夏に発表されて一部で話題になった Moog のシンセ組み立てキット Workstatt-Ø1 と Werkstatt CV Expander の国内正規取り扱いを KORG Inmport Division (KID) が開始していました。

市場価格はWorkstatt-Ø1 本体が42,000~45,000円(税込)前後、CV Expander が5,800円(税込)前後、シングルピンのパッチケーブル10本セットが1,700円(税込)前後になっています。



 Moog 伝統のシンセ回路をベースに、完全アナログ回路の構成で開発されたパッチ可能な 1VCO のアナログシンセで、元々は昨年開催された Moog 公式イベント Moogfest 2014 の Engineering VIP ワークショップで使われた教材用の限定キットでしたが、好評による多数の製品化リクエストに応える形で、ハンダ付け不要の組み立てキットとして再構成されたものです。

 組み立ては簡単で、すべての回路上の電子パーツは既に組立加工済みのためハンダ付けは不要で、プラスドライバーとハサミだけで、すぐに組み立てられ工作初心者にもやさしい構成になっています。

 Werkstatt-Ø1 本体右側にあるパッチャブルヘッダーは、各セクションの主要な CV 入出力を備えた20ピン仕様のパッチベイになっていますが、別売りの CV Expander をタンデム接続すれば各 CV 入出力を3.5mmミニジャックタイプに変換可能です。

  • オシレーター
    • 1VCO (8Hz~16kHz ピッチコントロール付き)
    • ノコギリ波、パルス波(パルス幅調整可能)回路を内蔵
    • パルス幅調整により矩形波も出力可能
    • エンベロープ、LFO によるモジュレーションが可能(ピッチ/パルス幅、アマウント付き)
  • フィルター
    • 伝統の4ポール(24dB/oct) レゾナンス付きラダーフィルター(20Hz~20kHz)
    • エンベロープ、LFO によるカットオフフリケンシーのモジュレーションが可能
    • フィルターモジュレーション極性を切り替えるポラリティスイッチ装備
  • LFO
    • 矩形波/三角波を切替可能(周期コントロール付き、2Hz~600Hz)
  • VCA/アンプ
    • エンベロープまたはオン(ドローン)に切替可能
  • エンベロープ
    • アタック、ディケイ、サスティン(ON/OFF)を装備
  • キーボード
    • 13鍵(1オクターブ)キーボードスイッチ(グライド機能付き、低音優先、シングルトリガー)
  • CV パッチャブルヘッダー(パッチベイ)
    • 入力: VCA IN、VCF IN、VCO LIN FM IN、VCO EXP FM IN、LFO CV IN、VCF AUD IN
    • 出力: KB CV OUT、TRIG OUT、GATE OUT、EG OUT、LFO OUT、VCF OUT、VCO OUT
      (出力は各2系統装備)
  • その他
    • オーディオ出力端子(フォーンジャック/モノラル)
    • 電源: 12V DC 専用ACアダプター
    • 外形寸法:215(W) × 132(D) × 31(H)mm、重量:780g






この価格で Moog のアナログサウンドが手に入るのはなかなか魅力的。

ハンダ付けなしで組み立てできるのは工作ビギナーにやさしい半面、外部同期端子が CV/GATE だけなので、システムアップの面ではシンセビギナーには若干の敷居の高さがありますが、そこを乗り越えらればさらに面白くなるはず。

[関連サイト]
 Moog Music
 KORG Inmport Division (KID)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Roland AIRA SYSTEM-1 用 PLUG-OUT ソフトシンセ第三弾はPROMARS
» ソフトウェア(VST/AU) 

RolandAIRA シリーズのシンセサイザー SYSTEM-1 用の PLUG-OUT 対応ソフトシンセ第三弾として PROMARS PLUG-OUT Software Synthesizer を発表していました。

すでに公式ストアでは発売中で、市場予想価格は通常版が15,120円(税込)、SYSTEM-1 ユーザー向けには優待版(9,720円)が用意されています。
他店舗では2015年3月14日発売予定となっています。


ノーマルパネルモード

 モデルになったオリジナルの PROMARS Compuphonic (MRS-2) は1979年に Roland が発売したモノフォニック・シンセサイザーで、デチューン可能な2基のオシレーターと2基のサブオシレーターを搭載し、分厚いベースやリードサウンドを得意としていました。

 10個のプリセット音色ボタンに加えて、当時としてはまだこのクラスでは珍しかった8個のユーザー音色メモリボタンを搭載していました。

 外部制御端子としては CV-GATE IN/OUT 端子のほか、ベンドを外部から電圧(CV)でコントロールできる BEND CONT IN 端子が装備されていました。


オリジナル Roland PROMARS Compuphonic MRS-2

 PROMARS PLUG-OUT では、PROMARS のアナログ回路設計に起因するパラメーターの相互作用を ACB で精密に演算、独特の分厚い倍音構成やピッチの揺らぎが忠実に再現されています。

 Windows 7 以降の VST 3.6 (32bit/64bit)、OS X 10.8.5(Mountain Lion) 以降の AU/VST 3.6 (32bit/64bit) に対応、SYSTEM-1 がなくても単体の AU/VST ソフトシンセ・プラグインとしても動作します。 (体験版も用意されています)

 同シリーズの SH-101 PLUG-OUT、SH-2 PLUG-OUT と同様に、SYSTEM-1 と PC/Mac を USB ケーブルで接続することで、SYSTEM-1 を PROMARS PLUG-OUT の専用コントローラーとして使用可能。

 音色データのパラメーターは PC/Mac 側と SYSTEM-1 本体側の相互に転送が可能で、USB を経由したオーディオ信号の入出力にも対応しています。


SYSTEM-1 パネルモード

 他に新機能として、リバーブ、ディレイのエフェクト、テンポ同期可能なアルペジエーターを搭載しています。


PROMARS とはまたマニアックなチョイスですね。
さて、次は残りの SH-1、SH-7、SH-09 あたりか、それとも…

[関連サイト]
 Roland
 Roland - AIRA


楽天で Roland PROMARS PLUG-OUT を探す

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Web Audio対応ブラウザで動くReBirth風3トラックアシッドボックス Errozero Acid Machine
» 音楽コンテンツ(作曲/演奏) 

Web Audio 対応ブラウザで動く ReBirth RB-338 風のアシッドマシン Errozero Acid Machine Beta を紹介。

Web Audio API に対応した Chrome、Safari、Firefox なとで実行してください。
iOS の mobile Safari は Web Audio API に制限があるため動きません。
Internet Explorer は Web Audio API に対応していないので動きません。



 TB-303 風ベースシンセ×2、TR-909 風ドラムマシン×1の3トラック構成で、それぞれ16ステップ×8パターンのステップシーケンサーでフレーズを打ち込んで再生できます。




 ベースシンセは、ノコギリ波/矩形波の波形選択のほか、チューニング、カットオフ、レゾナンス、エンベロープモジュレーション、ディケイ、アクセントのパラメータが変更でき、エフェクターとしてディストーションとディレイが付いています(パラメータは変更不可)。

 右側の UP/DOWN ボタンでステップを切り替えて、ノート、アクセント、スライド(TB-303 でのグライド効果)などのボタンでトリガーを指定します。

 左側のランダマイズボタンで、ノート、スライド、アクセントがランダムに配置されたフレーズが生成されます。



 ドラムマシンは、キック、スネア、ロータム、ミッドタム、ハイタム、リムショット/ハンドクラップ、クローズ/オープンハイハット、ライド/クラッシュシンバルの計11音色のパート構成になっています。
 右側6パートは2つずつセットになってますが、排他ではなく同時使用可能です。

 各パートボタンでステップシーケンスを切り替えて、16ステップの中からトリガーするステップを指定します。


処理全体は JavaScript で書かれていて、シンセエンジン部分は Web Audio API を利用したオリジナルのソフトシンセで、ドラムマシンは各パートごとにサンプルの mp3 を用意して発音しているようです。
エフェクトのエンジン部分は tuna.js が使用されています。

UI 関連は jQuery 2.x & jQuery UI にサークルノブの部分はプラグインで jQuery Knob が使用されています。

音やグライドもちゃんと TB-303っぽくてなかなかよくできてますね。素晴らしい。
ベータ版のようなので今後機能が増えていくのかもしれません。

[関連サイト]
 Acid Machine
 Errozero
 jQuery
 jQuery UI
 tuna.js
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


SXSW 2015でドラムマシン Roland TR-808のドキュメンタリー映画「808 The Movie」を初披露
» 音楽ネタ全般 

今月の13日~22日まで米国テキサス州オースティンで開催される音楽・映像・インタラクティブの統合イベント SXSW (South by Southwest) で、Alexander Dunn 監督の Roland TR-808 ドキュメンタリー 808 The Movie が初披露されるようです。


 上映日時: 2015年3月13日 15:45~17:31 (現地時間)
 上映会場: Alamo Lamar C (Alamo Drafthouse South Lamar, 1120 S Lamar Blvd)

 詳しくは SXSW イベントスケジュールページ参照↓




 本編には Arthur Baker、Pharrell、David Guetta、Phil Collins、Lil Jon、Afrika Bambaataa、Norman Cook (Fatboy Slim)、Rick Rubin、Diplo、Goldie など錚々たる面々が登場。

 Produced by You Know Films in association with Atlantic Films
 Directed by Alexander Dunn
 Executive Producer: Alex Noyer
 Producers: Alex Noyer, Craig Kallman & Alexander Dunn
 Producer & Co-Executive Producer Arthur Baker for Re-Covered Content Ltd
 Written by Alexander Dunn & Luke Bainbridge




ん?前にも似たような記事を書いたようなと思ってチェックしてみたら…


という記事を3年ほど前に書いてました。
2013年公開予定だったものがようやく今完成したということなのですね。

[関連サイト]
 SXSW
 808 The Movie


ROLAND TR-808 リズムマシン (premium vintage)

ROLAND TR-808 リズムマシン (premium vintage)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


8人でプレイするガムラン・ピンボール Gamelan Wizard
» 音のインスタレーション 

オーストラリアのパフォーマー・アーティスト Lucas Abela が制作した8人でプレイできるガムラン・ピンボールのインタラクティブ・インスタレーション Gamelan Wizard を紹介。



 キャビネット全体はインドネシアのジャワ島の王宮などに見られる八角形の建築物プンドポ (Pendopo) を模したもので、プレイフィールドも八角形になっていて8人で同時に遊ぶことができます。

 ボタンを押してフリッパーを動かすのは普通のピンボールと同じで、プランジャーはフリッパーの下(本来はアウトホールがあるところ)に付いています。

 フィールド中央に9個のボナン、周囲には16個のグンデル(もしくはスルントゥム?)が配置されています。

 通常のガムランでのグンデルは鉄琴のように台座に並べて置かれて、その下に共鳴のための竹筒が設置されていますが、同じようにこのグンデルの下にも穴が開けられて竹筒が格納されているのが見えます。(ボナンの下にも穴が開けられているのかどうは未確認)



考案者: Lucas Abela
協力: Wukir Suryadi and Rully Shabara
プンドポ、彫刻、ガムラン: Wibowo
サポート: Australia Council of the Arts, Asialink & DFAT



Gamelan Wizard というタイトルは The Who の Pinball Wizard をもじったもの?

[関連サイト]
 Gamelan Wizard


≪ジャワ≫ジャワの宮廷ガムラン1

≪ジャワ≫ジャワの宮廷ガムラン1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: CD
ジャワ ジャワの宮廷ガムラン2-スラカルタのイスタナ・ヌガラン王宮にて

ジャワ ジャワの宮廷ガムラン2-スラカルタのイスタナ・ヌガラン王宮にて

  • アーティスト: 民族音楽
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: CD
≪ジャワ≫ジャワの宮廷ガムラン3~ジョクジャカルタ宮廷にて

≪ジャワ≫ジャワの宮廷ガムラン3~ジョクジャカルタ宮廷にて

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: CD

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音のインスタレーション
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Appleがさらに薄く内部構造を刷新した新しいMacBook 12インチ(Early 2015)を発表
» Apple 関連 

Apple が MacBook Air よりもさらに薄く、内部構造を刷新した新しい MacBook 12インチ (Early 2015) を発表していました。
2015年4月10日発売予定で、日本での価格は未発表。
(参考: 1.1GHzモデル 1,299ドル/1.3GHzモデル 1,599ドル)




MacBook (Eary 2015) の主な特徴

  • プロセッサと SSD の違いで2モデル構成
  • カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色
  • 12インチ Retina ディスプレイ (2304×1440ピクセル)
  • 消費電力5W の小型化されたロジックボードとファンレス構造
  • 新設計バタフライ構造のLED バックライト付きフルサイズキーボード
  • 新しい Tapic Engine を採用した感圧タッチトラックパッド
  • 第5世代 Intel Core M "Broadwell" プロセッサ(1.1GHz/1.2GHz)
  • グラフィックス Intel HD Graphics 5300
  • メモリ 8GB (オンボード/1600MHz LPDDR3)
  • SSD 256GB/512GB (PCIe ベースフラッシュストレージ)
  • 分割され内部フレームにフィットした薄型バッテリー(最大10時間)
  • 電源、USB、外部ディスプレイ出力など多目的対応の USB type C 端子



MacBook Air/MacBook Pro 13インチもアップデート



 MacBook Air 11インチ/13インチモデル (Early 2015) は、プロセッサが第5世代 Broadwell の Intel Core i5 (1.6GHz デュアルコア)、Thunderbolt 2 端子などがアップデートされました。

 MacBook Pro 13インチ Retina モデル (Early 2015)は、プロセッサが第5世代 Broadwell の Intel Core i5(2.7GHz/2.9GHz デュアルコア)、新設計の感圧タッチトラックパッド、PICe ベースの高速 SSD、バッテリー容量などがアップデートされました。(MBP 15インチ Retina、MBP 13インチは仕様変更なしで価格改定 )

公式デモ




今回で MacBook Air よりもスリムな MacBook になってもはやプロセッサくらいしか差別化できなくなっていることから、今後 MacBook Air はなくなるか統合されるということなのかもしれません。

今年の後半にはスリムになった MacBook Pro も出てきそうな…

あと、Apple Watch は日本でも4月24日から発売だそうですが、個人的にはあまり興味がないのでここではスルーで。

[関連サイト]
 Apple

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iPhone用木製アコースティックホーンスピーカー kinoto woodhornと、新型リリースのためのクラウドファンディング
» ハードウェア(オーディオ) 

iPhone 用の木製アコースティックホーンスピーカー kinoto woodhorn を紹介。
電源アンプを使わずにホーン構造によって音を増幅するタイプのスピーカーです。



 愛知県常滑市の生活雑貨専門メーカー「紡 (TSUMUQ)」の土本浩孝さんが発案し、愛知県半田市で手作り家具・スピーカー木工房「あちゃちゃ・わちゃちゃ・ぎっちょんちょん!」を構える木工作家の原田佳文さんが製作を請け負うかたちで生まれました。

 原田さんは、JBL パラゴンをイチから1人で全復元したこともあるスゴい方で、その奮闘の記録を工房の Web サイトで見ることができます。

 kinoto のレギュラーモデルは Wood Horn S、Wood Horn L、Wood Horn TALL、Wood Horn WIDE の4種類があり、それぞれ iPhone 4~6 に対応しています。(6 Plus は非対応)

4つの現行レギュラーモデル


» KINOTO Wood Horn S
価格: 6,500円(税抜)
寸法: (W)230mm × (D)148mm × (H)65mm
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装、ウォールナット板目


» KINOTO Wood Horn L
価格: 10,000円(税抜)
寸法: (W)314mm × (D)217mm × (H)65mm
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装、ウォールナット板目


» KINOTO Wood Horn TALL
価格: 18,000円(税抜)
寸法: W115 × D285 × H227(mm)
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装、ゼブラ柾目、黒檀柾目柄


» KINOTO Wood Horn WIDE
価格: 20,000円(税抜)
寸法: (W)510mm × (D)370mm × (H)120mm
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装、ゼブラ柾目、黒檀柾目柄


iPhone 6/6 Plus 対応の新型の支援を受付中



 現在、iPhone 6 Plus に対応した新モデルを、 知的財産アイディア企画支援の LIFTOFF (リフトフ) 協力の元、クラウドファンディングの kibidango で支援を受け付けています。


 元々レギュラーモデルは、iPhne 4~5s の底面にあわせて設計されたもので、iPhone 6/6Plus がリリースされた後に iPhone 6 には急遽対応できたものの、本来のバランスではないということで、最初から iPhone 6/6 Plus にも最適化された新型を製作したいという思いがあったそうです。

 設計までは完了したものの、材料調達のなど資金的問題があり、新型モデルの生産計画は早々にして暗礁に乗り上げました。

 そこで LIFTOFF とのコラボレーションにより、クラウドファンディングで kinoto 新型リリースプロジェクトを立ち上げることになったとのことです。

 kinoto 新型リリースプロジェクトの目標金額は65万円で、2015年3月31日23時59分までに目標金額に達するとプロジェクトは達成となります。

 新型はiPhne 4~6 まで対応の Wood Horn S、iPhone 4~6/6 Plus まで対応の Wood Horn L の2種類が予定されています。


» Wood Horn S - LIFTOFFコラボ限定色ウエンジモデル
対応機種: iPhone4/4S/5/5c/5S/6
寸法: (W)230mm × (D)148mm × (H)66mm
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装
LIFTOFF コラボ限定色 ウェンジ仕上げ


» Wood Horn L - LIFTOFFコラボ限定色ウエンジモデル
対応機種: iPhone4/4S/5/5c/5S/6/6 Plus
寸法: (W)314mm × (H)217mm × (H)66mm
本体: 合板、表面: 突板仕上げ、ウレタン塗装
LIFTOFF コラボ限定色 ウェンジ仕上げ

●支援は下記支援特典品を選択して購入することで成立します。
(詳しい内容はクラウドファンディング kibidango のプロジェクトページを参照)

支援特典品支援額備考
 新型 kinoto woodhorn L (LIFTOFF コラボモデル) 13,960円
 新型 kinoto woodhorn S (LIFTOFF コラボモデル) 10,180円
 kinoto woodhorn L 11,800円
 kinoto woodhorn S 8,020円限定10台 先にお届け予定
 kinoto woodhorn TALL 20,440円限定10台 先にお届け予定
 kinoto woodhorn TALL 20,440円7月末にお届け予定
 マルチセルラースピーカー 100,000円
 kinoto マグカップ 2,000円
 kinoto 缶バッヂ&シール 1,000円




この記事を書いている時点で、支援者21人、支援額244,060円が集まっています。
プロジェクトの期限は2015年3月31日23時59分となっています。

興味がある方はぜひプロジェクトページを一度見てみてください。

[関連サイト]
 kinoto
 紡 (TSUMUQ)
 あちゃちゃ・わちゃちゃ・ぎっちょんちょん!
 LIFTOFF
 kibidango
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ハンガリーの民族衣装の刺繍模様が音楽に生まれ変わる Sound Weaving
» 音のインスタレーション 

WIRED で紹介されていたサウンドプロジェクト Sound Weaving がなかなか興味深かったので、ここでも紹介しておきます。


© photo by Fovenyi Sandor

 ブダペストにあるモホリ・ナジ芸術大学 (MOME) の修士学生 Zsanett Szirmay による作品で、2014年のウィーン・デザイン・ウィーク (Vienna Design Week) で、その年のゲスト国であるハンガリーからの実験的プロジェクトの1つとして出展されました。

 ハンガリーの民族衣装や枕などの布製品に施されるクロスステッチの刺繍模様を、パンチカードに写し取って手回しオルゴールで再生すると、規則性のある音楽的な旋律が奏でられるというものです。


© photo by Fovenyi Sandor

 古くは手縫いで施されていた刺繍の作業は、19世紀に入って織機が発明されてからは刺繍の模様を紙のシートに穴を開けて記録した所謂パンチカードを使って半自動化され織られていました。

 Szirmay さんは、大学での機織りのワークショップでその機構を見たときに、子供の頃に遊んだ手回しオルゴールに似ていることに気が付きました。


© photo by Fovenyi Sandor

 思いついたアイディアを元に、ハンガリーの打弦民族楽器ツィンバロム奏者で作曲家の Bálint Tárkány-Kovács 氏の助けを得て、Sound Weaving プロジェクトに取り掛かりました。

 ハンガリーのシャツや枕などのほか、隣国ルーマニアのトランシルバニア地方のブコヴィナやカロタセグの衣装などの刺繍パターンを参考に、オルゴール再生用のパンチカードと、展示用のレーザーカットのテキスタイルシートが製作されました。

 Szirmay さん曰く、刺繍と音楽の作り方には、基本となるパターンを繰り返したり、上下左右を反転させたりといった手法に共通する要素があって、それは数学的で言い換えれば「見た目の良いものは、聴いても大抵良い旋律になる」のだそうです。

※ツィンバロム(cimbalom): ツィンバロンとも呼ばれ、ハンマーダルシマーと同じように金属弦をマレットで叩いて発音する打弦楽器。動画3, 4つ目に Bálint Tárkány-Kovács 氏の演奏を入れておきました



こういう類のものは音階の割り当て次第で旋律やハーモニーの印象が変わったりするので、変換の調整には手間が掛かりそう。

民族衣装の刺繍の模様は他にもたくさんあるので、国ごとや地方ごとに旋律にどんな違いでるのか(その地方の民族音階の割り当ても含めて)比べてみるのも面白いかも。


[関連サイト]
 Sound Weaving
 WIRED


カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事

カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事

  • 作者: 谷崎 聖子
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2013/09/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
可愛いハンガリー刺しゅう ---はじめてでも楽しめる伝統ある手仕事

可愛いハンガリー刺しゅう ---はじめてでも楽しめる伝統ある手仕事

  • 作者: 筒井 はるみ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音のインスタレーション
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の10件 | -
2015年02月 |2015年03月 |2015年04月