So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2013年07月 | 2013年08月 |2013年09月

Hang Drumの流れを汲むフランス発のスチールハンドドラム Spacedrum
» ハードウェア(楽器) 

今回はフランス製のスチールハンドドラム Spacedrum を紹介。
20年間スチールドラムの製作と調律に携わってきた Phillipe Maignaut 氏と彼が所属する楽器店 Djoliba が中心となってリリースしている Hang Drum (ハングドラム)タイプのメロディックなハンドドラムです。
(Hang Drum について知らない人は過去記事も参考に)



 Djoliba はスイス PANArt 社製の Hang Drum をフランス国内で5年間ディストリビュートしていました。PANArt と友好関係を保ちながら、Maignaut 氏と Djoliba は2005年から Spacedrum の製作プロジェクトを開始。

 その後、2009年に第一世代、2010年に第二世代をリリース、2011年には軌道に乗ってきた事業を安定させるため関係者らと共同でメーカー Metal Sounds を設立後、2012年には第三世代、現時点では第四世代の Spacedrum Evolution がリリースされています。



 上の写真の19インチ(48cm)のほかに、21インチ(55cm)、24インチ(60cm)のサイズがラインナップされています。
 材質はステンレススチールで打面はワックスがかけられています。

SIZE WEIGHT PRICE
19 inch (48cm) 3.3kg 729€ (約96,000円)
21 inch (55cm) 4.5kg 1,050€ (約138,000円)
24 inch (60cm) 5.2kg 1,240€ (約164,000円)

 サイズによって打面の数やチューニングが違います。特注で好みのチューニングを施したカスタムモデルにも対応してくれるようです。

 公式サイトにある "Models" で各モデルのサンプルサウンドが聴けます。

SIZE NOTE TUNING
19 inch 6 B♭ major: B♭3 C4 D4 E4 G4
21 inch 8 A minor: A3 B3 C4 D4 E4 F4 G4 A4
Hitzazkair: C4 C♯4 E4 F4 G4 G♯4 B♭4 C5
A major Pentatonic: G3 A3 C4 D4 E4 G4 A4 C5
24 inch 8 Deep Sky: C3 E♭3 G3 B♭3 C4 D4 E♭4 F4
Atlantic 'O: D3 F3 A3 C4 D4 E4 F4 A4
9 Akebono: E3 A3 B3 C4 E4 F4 A4 B4 C5
13 Chromatic: C4 C♯4 D4 E♭4 E4 F4 F♯4 G4 G♯4 A4 B♭4 B4 C5

 Hitzazkair はヒジャーズ (Hijaz) 系のいわゆるアラビア音階の一種です。
 Akebono は日本の陰旋法の下行形と同じで伝統音楽的な響きです。
 Deep Sky、Atlantic 'O もおそらくどこかの民族音階と思われます。


日本の Spacedrum プレイヤー Yuki Koshimoto さんの演奏が素晴らしかったのでいくつか集めてみました。



日本で取り扱っているところはまだないようですが、公式オンラインショップ Metal Sounds で直接買うことができるので、Hang Drum 系のハンドドラムが欲しくて探していた人は検討してみては?

[関連サイト]
 Spacedrum
 Metal Sounds
 Djoliba
 PANArt
 PANArt - HangBlog
nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

JavaScriptで手軽にチップチューンサウンドが演奏できるライブラリ 8bit.js
» 音楽コンテンツ(作曲/演奏) 

IDEA*IDEA で紹介されていた、ブラウザでチップチューサウンドが手軽に演奏できる JavaScript のライブラリ 8bit.js です。

オシレーターの音源は Web Audio API が使われているので、Chrome もしくは Mac の場合は最新の Safari に対応しています。
(Web Audio API 非対応の Firefox、IE では残念ながら動きません)



 ライブラリは演奏全体の操作を受け持つメインの EightBit クラスと、ノートの発音を受け持つ Instrument クラスで構成されています。

 API の構成はシンプルで、簡単に言ってしまえば MML(Music Macro Language) のマクロを関数単位で呼び出すような仕様になっています。



 発音を行う Instrument のインスタンスは EightBit クラスの createInstrument() で波形を指定して生成します。
 複数生成してメロディとベースなど複数パートを同時演奏させることが可能です。

 note() で音程と音長、休符の場合は rest() で音長を指定、また note() は複数の音程をカンマで区切って複数並べれば和音を発音できます。
 メソッドチェーンにも対応しているので、note()、rest() をつなげて続けて書くこともできます。


デモの3曲はオンライン上でそのままソースの編集や実行テストができる Plunker で公開されているので、いろいろ改造して試してみるとよいかも。

そういえば、Firefox は次期メジャーバージョンの Ver.24 から Web Audio API が正式サポートされるようですね。
すでに Nightly Buildpre-beta (Aurora) には実装されているようです。

 » Web Audio API comes to Firefox - Mozilla Hacks


[関連サイト]
 8bit.js
 Plunker
 Mozilla Hacks - the Web developer blog
 IDEA*IDEA
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ウクレレがドラムに変身? 箸を使って変幻自在なビートを作り出すウクレレ奏者 James Hill
» 音楽系動画ネタ 

カナダ人ウクレレ奏者の James Hill 氏が披露するお箸を使ったビートメイキングテクニック。



ウクレレはピックアップが装備されたエレクトリックタイプです。
2つ目以降には Billie Jean のカバーとボサノバの名曲 One Note Samba の演奏を入れておきました。



ウクレレでミニマルテクノとかいけそうw
なんだか楽しそうで、生の演奏を聴いてみたくなりますね。

[関連サイト]
 James Hill


Man With a Love Song

Man With a Love Song

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Borealis Recording
  • 発売日: 2011/10/11
  • メディア: CD

MAHOLO エレクトリックウクレレ ULP1E CS

MAHOLO エレクトリックウクレレ ULP1E CS

  • 出版社/メーカー: MAHALO
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽系動画ネタ
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


トイレットペーパーの芯で作るiPhone用インスタントスピーカー
» 音楽ネタ全般 

まあ、見たまんまなんですけど、トイレットペーパーの芯を iPhone が挿せる大きさに適当に切って、プッシュピンで足を付ければ出来上がり。



この画像、tumblr とか google+ でたくさん出回ってるんですが、どこが出どころなのか特定できませんでした。



シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー

シャワートイレのためにつくった吸水力が2倍のトイレットペーパー

  • 出版社/メーカー: 日清紡
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


主要パーツがオールステンレスのベースギター Stash Stainless Bass Guitar
» ハードウェア(楽器) 

カナダの Stash からリリースされている主要パーツがオールステンレス製のベースギター Stash Stainless Bass Guitar を紹介。
直販価格は3,000ドル (税/送料別)


© Stash

ボディ、ネック、ブリッジ、弦が100%のステンレススチールで作られています。

 同一素材を採用することで全体の熱膨張が均一化され、従来のギター/ベースよりもチューニングのずれを長時間抑えることができるとか。

 また、ネックはフレット側も含め全体が円形のフレームになっていて、演奏時の指や手の筋肉の負担を軽減する効果があるそうです。


© Stash
  • アルニコ磁石とスプリットコイルを採用したカスタムメイドのピックアップ
  • 総重量 4.5kg
  • ブラシ仕上げのボディ
  • スケール 34インチ、24フレット
  • 直径38mm(1.5インチ) のチューブラーフレームのネック
  • (H)1mm × (W)3mm のラウンドエッジ加工のフレット
  • 調整可能なブリッジ
  • 250KΩ のポテンショメーターを採用したボリューム、トーン
  • Gotoh タイプのチューナー
  • ストリングスペースナット 8.5mm、ブリッジ 15.5mm
  • Switchcraft 社製ジャック



© Stash




自分はギタリスト/ベーシストじゃないんで単に「なんか変わっててかっこいい」程度の感想しかないのですけど、ギタリスト/ベーシストのみなさんはプレイヤー的にはこれはアリなんでしょうか?

[関連サイト]
 Stash
 Gotoh
 Switchcraft
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加



2013年07月 |2013年08月 |2013年09月