So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2011年02月 | 2011年03月 |2011年04月
前の10件 | -

Amazonがオンラインストレージサービス Cloud Drive、Cloud Player をサービス開始
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

Amazon.com がオンラインストレージ Cloud Drive のサービスを開始していました。
現時点では Amazon.com だけで米国内がサービス対象になっています。


無料で5GBまで使える

Amazon.com のアカウントを持っていれば、無料プランでは 5GB の容量が利用可能で、有料プランでは年間20ドルで 20GB から最大1,000ドルで 1TB の容量を利用することができます。

プラン 費用 写真 動画
 5GB  無料  約1,000曲  約2,000枚  約20分
 20GB  20ドル/年  約4,000曲  約8,000枚  約1.5時間
 50GB  50ドル/年  約10,000曲  約20,000枚  約3.5時間
 100GB  100ドル/年  約20,000曲  約40,000枚  約7時間
 200GB  200ドル/年  約40,000曲  約80,000枚  約14時間
 500GB  500ドル/年  約100,000曲  約200,000枚  約35時間
 1,000GB  1,000ドル/年  約200,000曲  約400,000枚  約70時間

Cloud Drive



 ユーザがアップロードして保存できるファイルは MP3、AAC などの音楽ファイル(ビットレートなどはそのまま)のほかに、動画ファイルや文書ファイルも対象になっています。
 アップロードしたファイルは、管理画面からダウンロード、削除、別フォルダにコピー・移動などの操作が可能です。

 また、Amazon MP3 でダウンロード購入した曲は、ユーザがアップロードしなくても自動的に Cloud Drive にストアされるようになっていて、しかもストレージ容量の消費対象にはならないという商売上手な仕様になってます。

Web と Android に対応した Cloud Player

Cloud Drive に保存されたファイルは、PC/Mac の主要ブラウザから「Amazon Cloud Player for Web」、Android 端末ではアプリ「Amazon Cloud Player for Android」を利用して再生できます。



 ただし現時点では、米国外では Amazon.com のアカウントがあれば Cloud Drive のアップロード、ダウンロード、削除など一通りの操作はできますが、Cloud Player 経由の再生は利用できないように制限がかけられています。

公式イントロダクションデモ

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=WkQ55Iij-1M


米国に遅れて Amazon MP3 が日本でも利用可能になった経緯を踏まえると、Cloud Player が利用できる日も近い?

[関連サイト]
 Amazon Cloud Drive
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

オーケストラ音源 Miroslav Philharmonik CE が期間限定で91%引きの1,470円で販売
» ソフトウェア(VST/AU) 

IK Multimedia がリリースしている定番オーケストラ音源 Miroslav Philharmonik の廉価版 Miroslav Philharmonik Classik Edition が、2011年3月28日(月)~4月8日(金)の期間限定で定価16,800円の91%引きの1,470円で販売されています。

国内代理店の メディア・インテグレーションのオンラインストアから購入可能です。



 Miroslav Philharmonik Classik Edition は、Miroslav Philharmonik (7GB/1,300音色/28,140円) のサウンドのクオリティはそのままに音色数を 1.5GB/250音色に絞った廉価版です。

 16パートマルチティンバー、最大同時発音数256音で、OS は Mac OS X 10.4 Tiger (PPC/Intel) 以降、Windows XP/Vista/7 (32bit) に対応、プラグイン形式は AU、VST、RTAS、スタンドアロン起動にも対応。

 →詳しい製品情報はこちら (メディアインテグレーション)

公式チュートリアルデモ

注: チュートリアルは Classik Edition ではなくフルバージョンの Miroslav Philharmonik が使われています



今まで買いそびれていた人、安価でリアルなオーケストラ音源を探していた人、この機会に購入してみては?

[関連サイト]
 IK Multimedia (英語)
 IK Multimedia (日本語)
 Media Integration
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


KORG iMS-20 / iELECTRIBEのVer.1.5でiPad 2台の同期再生が可能に
» ソフトウェア(iOS/Android) 

KORGiMS-20iELECTRIBE の Ver.1.5 をリリースしていました。
前バージョンのユーザは無料でアップデート可能です。
また、2011年4月30日まで限定で、iMS-20 が1,800円、iELECTRIBE が 1,200円の特別価格で販売されます。

iMS-20 v.1.5

  • 2台の iPad のアプリをワイヤレス通信で同時に演奏スタート可能
    Bluetooth で同期する WIST (Wireless Sync-Start Technology) を搭載
    例1: iMS-20 (iPad 1台目) + iMS-20 (iPad 2台目)
    例2: iMS-20 (iPad 1台目) + iELECTRIBE (iPad 2台目)

  • アプリ間でオーディオデータを共有する AudioCopy 対応
    書き出したデータを Sonoma Wire Works 社提唱のモバイルオーディオデータ相互利用規格(MAPI) の AudioPaste 対応アプリで利用可能

  • 外部 USB-MIDI 機器での演奏/コントロールの強化
    nano シリーズ 2 に完全対応したネイティブモード搭載

  • 問題の修正/改良と安定性の向上


Global タップ → Settings 画面上に「nano 2 Native Mode」、「WIST」の項目が追加されています


同期は Wi-Fi ではなく、Bluetooth 経由で iPad 同士で通信が行われます。

iELECTRIBE v.1.5

  • 2台の iPad のアプリをワイヤレス通信で同時に演奏スタート可能
    Bluetooth で同期する WIST (Wireless Sync-Start Technology) を搭載
    例1: iELECTRIBE (iPad 1台目) + iELECTRIBE (iPad 2台目)
    例2: iMS-20 (iPad 1台目) + iELECTRIBE (iPad 2台目)

  • アプリ間でオーディオデータを共有する AudioCopy 対応
    書き出したデータを Sonoma Wire Works 社提唱のモバイルオーディオデータ相互利用規格(MAPI) の AudioPaste 対応アプリで利用可能

  • 外部 USB-MIDI 機器での演奏/コントロールの強化
    nano シリーズ 2 に完全対応したネイティブモード搭載

  • 音楽配信共有サービス SoundCloud でのオーディオ・データの公開と共有

  • 問題の修正/改良と安定性の向上


Settings 画面上に「Share」、「Wist On」、メニューに「nano 2 Native Mode」の項目が追加されています。


同期は Wi-Fi ではなく、Bluetooth 経由で iPad 同士で通信が行われます。


Settings 画面上の「Share」で共有ブラウザ画面が表示されます。

公式イントロダクション

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=WdJer_6MgYI


一人で2台の iPad を駆使して演奏したりとか、二人でセッションしたりとか、いろいろ面白いことができそうですね。
これで iPad 2 買っても初代 iPad は残しておく理由ができた・・・なんて(笑)

[関連サイト]
 KORG
 KORG - iMS-20
 KORG - iELECTRIBE
 Sonoma Wire Works
 SoundCloud


iTunes App Store からダウンロード KORG iMS-20
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2011/03/24 (Ver.1.5.0)
価格: 3,800円 (2011/04/30まで特別価格: 1,800円)


iTunes App Store からダウンロードKORG iELECTRIBE
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2011/03/24 (Ver.1.5.0)
2,300円 (2010/04/30 まで特別価格: 1,200円)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(iOS/Android)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


美しいオーロラの早回し映像 : Terje Sorgjerd
» 音楽系動画ネタ 

Synthtopia で紹介されていた美しいオーロラの早回し映像。
使われている曲も雰囲気にぴったり。

ノルウェーの風景フォトグラファー Terje Sorgjerd 氏の映像作品で、他の作品も素晴らしいのでぜひ見てみてください。



オーロラに興味がある人はこちらの記事もどうぞ。
» 2011/03/08 - オーロラが放つ電磁波をVLFレシーバーで受信すると聴こえる音

[関連サイト]
 Vimeo - Terje Sorgjerd
 Facebook - TSO Photography
 Synthtopia


オーロラ ウォッチング ガイド -宇宙の神秘に迫る (楽学ブックス―自然)

オーロラ ウォッチング ガイド -宇宙の神秘に迫る (楽学ブックス―自然)

  • 作者: 上出 洋介
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/28
  • メディア: 単行本
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽系動画ネタ
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


今日からAndroidユーザー、Xperia arc SO-01C買いました
» ハードウェア(アイテム) 

Xperia arc (SO-01C) 無事購入できました。
色はあえて Midnight Blue を選ばずに Misty Silver。
ついさっき初めて電源入れたばっかりでまだ何も設定していません。



これからは Android の音楽アプリの記事も積極的に書いていきたいと思います。
(本体の解説や標準アプリの紹介は既に他のサイトでたくさん書かれているので省略)

[関連サイト]
 Sony Ericsson - Xperia arc
 NTT docomo - Xperia arc 製品情報


できるポケット docomo Xperia arc スマートに使いこなす基本&活用ワザ150

できるポケット docomo Xperia arc スマートに使いこなす基本&活用ワザ150

  • 作者: 法林 岳之
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2011/04/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
ソニー・エリクソン公式 Xperia arc ガイドブック (日経BPパソコンベストムック)

ソニー・エリクソン公式 Xperia arc ガイドブック (日経BPパソコンベストムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/03/24
  • メディア: 大型本
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(アイテム)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


シンセTシャツのThe Dole ShirtのラインナップにJuno-60が登場予定
» ハードウェア(アイテム) 

ハンガリーの The Dole Shirt から今度は Juno-60 の T シャツが発売されます。
価格は19ユーロ、60枚限定。
掲載されているのはブラックだけですが、カラーは6色用意されるそうです。



実物のサンプル写真を見せてもらいましたが今回も素晴らしい仕上がり。
近々リリースされるそうなので、欲しい人はこまめにチェックしましょう。


↓他に TB-303、TR-909、TR-808、SH-101、MS-20 バージョンもあります
» 2011/01/31 - The Dole ShirtからTR-808のTシャツもらった
» 2011/01/05 - The Dole ShirtからMS-20のTシャツもらったよ
» 2010/12/21 - シンセTシャツ The Dole ShirtのラインナップにMS-20が登場
» 2010/08/24 - The Dole ShirtからTR-909とTB-303のTシャツもらったよ
» 2010/08/13 - TR-909、SH-101をプリントしたTシャツ : The Dole Shirt
» 2010/07/11 - TB-303、TR-808をプリントしたTシャツ : The Dole Shirt

[関連サイト]
 The Dole Shirt


ROLAND JUNO-60  ローランド シンセサイザー

ROLAND JUNO-60 ローランド シンセサイザー

  • 出版社/メーカー: ROLAND
  • メディア:
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(アイテム)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


録音した鼻歌にいろんなスタイルの伴奏を付けてくれる音楽制作サービス : UJAM
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

ブラウザ上でマイクから録音したボーカルや演奏に半自動でいろんなジャンルのバックトラックを付けてくれる音楽制作サービス UJAM を紹介。
楽器はできないけど音楽作ってみたいという人にはぴったりの音楽サービスかも。
利用は無料ですがアカウントの登録が必要です。




アカウントの登録

利用するにはまずユーザアカウントを作成しておく必要があります。



 必要事項を入力して一番下の「SIGN ME UP」ボタンを押せば、入力したメールアドレス宛にアクティベーションの URL が書かれた登録確認のメールが届きます。

ボーカル/メロディの素材を用意する

アカウントの登録ができて無事ログインできたら、次はボーカルのネタを用意します。



方法は大きく分けて3つあります。
  • マイクを使ってアカペラもしくは楽器のソロプレイを録音する
  • 事前に用意した音声ファイル (WAV, AIFF, MP3) をアップロードする
  • プリセットのソングテンプレートを利用する (メロディのみ、ボーカルなし)


 自分の歌を録るのがこっ恥ずかしーという人は、ロイヤリティーフリーのアカペラ素材やボーカロイドなどを使って素材を用意しておくのもよいかもしれません。
 録音、音声ファイルともに、なるべくソロプレイで音が聴き取りやすい素材のほうがコードの解析精度がよくなります。(割り当てられたコードは小節単位で修正可能)

メイン画面

画面左側の再生ボタンの上にある「VOCAL」「INSTRUMENT」で切り替わります。
便宜上「VOCAL」と名付けられていますが、データ的には「VOCAL」が音声波形データ、「INSTRUMENT」が MIDI のようなシーケンスデータになります。

 このサービスのすごいところは、音声波形を解析してコードを判別する以外に、音声波形からメロディの音程を自動抽出して「INSTRUMENT」のシーケンスデータとしても変換してくれるところです。(おそらく処理的には先にメロディを抽出してからコードを判別している)

「VOCAL」と「INSTRUMENT」で表示される項目が若干変わります。

» VOCAL セクション



 「VOCAL」ではボーカルスタイル(エフェクト)の選択と、ピッチのチューニングができます。


 「Align Vocals」では波形のオフセット調整とタップでテンポが指定できるようになっています。

» INSTRUMENT セクション


 こちらは MIDI のようなシーケンスデータになっているので、楽器の音色選択や1音単位の編集が可能です。


 「Edir Melody」で DAW のピアノロールのような編集画面で細かい編集ができます。

コードと雰囲気の選択

コードは自動判別されたものを1小節単位で手動で修正することができます。


 明るいオレンジ色の部分のコードが推奨されるコードの候補になっています。コード進行とかよく分からないという人は、候補の中から気に入った響きのものを選んでみるのもよいかもしれません。


 全体的にコードの雰囲気を変えたいときは左の再生ボタンの下にあるコンボボックスを「Auto」から他の曲調を選択します。

バックトラックのアレンジスタイルの選択

作曲を経験したことがない人には、コードやメロディの自動判別といった地味な部分よりも、こっちのほうが変化としては分かりやすいし面白い機能といえるかも。



 テクノ、ハウスようなエレクトロニックなものから 70's、80's ポップ、ロック、クラシックやジャズっぽいものまでいろんなスタイルが揃っていて、ここを変えるだけで同じボーカルとコード進行でも全然違う曲が出来上がります。
 ここをいろいろ変えるだけで小一時間は遊べます。


 さらに、「Customize Style」でスタイル内の各パートを他の別のパターンに入れ替えて新しいスタイルを作ることもできます。

曲の保存と共有



 作った曲はセッションデータとして保存できるほかに、MP3 ファイルに変換してダウンロードしたり、SoundCloudFacebook で公開することができます。

公式デモとチュートリアル




出来上がった曲のオリジナリティがどうこうとかアーティスティックな部分はとりあえず置いといて、高度な解析機能を実装しながらもマニアックにならず、ビギナーにも分かりやすく仕上げられていて、音楽制作の面白さや楽しさを体験するのに最適なツールといえるかも。

こういうのを音楽の授業で使ってみるのはどうでしょう?

[関連サイト]
 UJAM
 SoundCloud
 Facebook
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


所構わずサックスを吹く神出鬼没のサックス男 Sexy Sax Man
» 音楽系動画ネタ 

注意されようがお構いなし、ジョージ・マイケルの Careless Whisper を吹きまくるシュールなサックスマン。
じわじわきます。

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=GaoLU6zKaws
http://www.youtube.com/watch?v=1C3HkgpKJp8

よく無事で済んでるな・・・(苦笑)


Final

Final

  • アーティスト: WHAM!
  • 出版社/メーカー: Epic Europe
  • 発売日: 1998/09/01
  • メディア: CD
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽系動画ネタ
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


フリーの物理モデリング・アコースティックギターVST/AUプラグイン : Spicy Guitar
» ソフトウェア(VST/AU) 

楽器.me で紹介されていた物理モデリングを採用したアコースティックギターの VST/AU プラグイン Spicy Guitar を試してみたら、なかなかいい感じだったのでここでも紹介しておきます。

Windows (32bit) は VST、OS X (intel/32bit) は VST/AU に対応。
無料でダウンロードできます。



 サウンドデータにサンプリング素材ファイルを使用せず、プログラム内の演算処理だけでアコースティックギターの物理モデルを生成して加工・再生する方式で、プラグイン本体のファイルサイズがわずか4MBというコンパクトかつシンプルな構成になっています。

おもな特徴

  • 物理モデリングを使用してリアルなサウンドを生成
  • 9種類のギター(フォーク×4、クラシック×2、フラメンコ×1、ジャンボ×1、ジプシー×1)
  • 2種類の弦(スチール、ナイロン)
  • 使いやすいストラミング・エンジン
  • ギター奏法の再現 (ベンド、ビブラート、パームミュート、ハーモニクス、レガート)
  • ボディと部屋の共鳴パラメータ (ルーム、弦、アタック)
  • 鍵盤で押さえた密集コードをギターコードに自動変換するコードディテクション
  • 10MB以下のコンパクトなファイルサイズ

コードストロークなどギター奏法を鍵盤で再現

 右手でコード(下の例は Csus4)を押さえつつ、他の指を残したまま(1)(2) を交互に押さえるとアップダウンのストラムが再現できます。
 他に、左手でレガート、パームミュート、ハーモニクス、サスティン、コードディテクトが割り当てられたコントロールキーとホイールに割り当てられたベンド、ビブラートを併用することでギターの奏法が簡単に再現できるようになっています。(ホイールとコントロールキーの割り当ては変更可能)

spicyguitar2.png

実際の弾き方は下のデモを見たほうが分かりやすいかもしれません。

公式デモ

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=0yaiwOjSPlg

[ここに SoundCloud Player が表示されます]
http://soundcloud.com/spicyguitar/


物理モデリングでこれだけの機能が付いててフリーなのはちょっとすごいかも。
使い方に慣れてくれば鍵盤だけでもかなりリアルなギターが再現できるのでは?

[関連サイト]
 Spicy Guitar - Acoustic Guitar Synthesis
 楽器.me


ギターで覚える音楽理論―確信を持ってプレイするために

ギターで覚える音楽理論―確信を持ってプレイするために

  • 作者: 養父 貴
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 楽譜
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


フェアライト CMIを忠実に再現したアプリ Fairlight for iPhone/iPadがリリース
» ソフトウェア(iOS/Android) 

前にここでもちらっと紹介したフェアライト CMI を忠実に再現したFairlight Instruments の iPhone/iPad アプリがリリースされていました。
iOS 4.0 以降の iPhone/iPod touch/iPad に対応。
App Store 価格は1,200円で、4,600円のアドオン購入で Pro 版にアップグレード可能。



 まだ細かいところを把握していないので、サウンドや使い勝手の印象は省略して全体的な機能などを紹介したいと思います。

ノーマル版と Pro 版との違い

Fairlight App Pro Upgrade
 最低動作対象機種 iPhone 3GS ~
iPod touch 3G ~
iPad ~
iPhone 4 ~
iPod touch 4G ~
iPad ~
 iPad フルサイズ表示 ○ ○
 オリジナル CMI II を再現した動作音 ○ ○
 オリジナル CMI II の全音色を収録 ○ ○
 Page D での CMI II サウンド波形表示 ○ ○
 Page R ソングファイル(.RS)のインポート ○ ○
 インストルメントファイル(.IN)のインポート ○ ○
 ユーザインストルメントセットの作成・編集 ○
 MIDI 入力による再生 ○
 Page R の MIDI 出力 ○
 Page R ソングの作成・編集 ○
 ボイスファイル(.VC)のインポート ○
 CMI III のボイスセレクションの利用・再生 ○
 メールによるソング/インストルメントの読込・保存 ○
 WAV/AIFF ファイルからのボイスデータ変換 ○

ユーモアの利いた起動工程



アプリのロード画面は今や知る人も少ない8インチフロッピーディスク。
さらに、完全に起動する前にもうひとつ電圧選択と電源スイッチを入れる儀式があるんですが、ここで電圧設定を間違うと・・・↓



リアルな音とともに煙がモワ~っと出てきます(笑)
さらに強行するとどうなるかは自分で確かめてみてください。
無事スイッチが入るとオリジナル CMI II のようなローディング画面が出てきます。

各機能画面

» P1: INDEX


画面右側にメインメニューが並びます。
  • P2: Disk Control
    ディスク上のソング、インストルメント、ボイスの管理と再生
  • P3: Instrument
    インストルメント(ボイスのグループセット)の編集
  • Page R
    ビルトインシーケンサー(リアルタイムコンポーザー、ソングエディタ)
  • Settings
    効果音ボリュームとフロッピーディスクドライブの動作安定度の設定
  • History
    Fairlight CMI のヒストリー紹介
  • Demo/Help
    デモソング(2曲)とヘルプ

» P2: Disk Control

 主にディスク上のデータ管理を行う画面で、ソング、インストルメント(ボイスのグループセット)、ボイス(音色)の管理、選択、再生/演奏が行えます。
 収録音色数はオリジナルディスク全32枚分の564ボイス(音色)。



 ボイスを選択して画面右上に表示される「Page D」をタップすると加速度センサーで波形がリアルタイムに変化する Page D 画面へ移動できます。

» P3: Instrument


 インストルメントは単体の音色であるボイスを最大8トラック (8ch) のグループセットとして構成されていて、ここではトラックごとのパラメータの編集ができます。

» Page R:


 Page R はオリジナル CMI II にも搭載されていたビルトインの8トラックシーケンサーで、機能もそのまま再現されて(いると思われ)ます。

» Settings:


 ここは CMI II 本体の機能設定項目ではなく、アプリが再現する効果音のボリュームと、フロッピードライブの読み込みエラーの発生率の調整ができます。芸が細かい(笑)

» History:


 1979年 から(会社としての歴史は1975年から)始まる Fairlight CMI の歴史が英語で読めます。当時ユーザだった有名アーティストたちの名前が載っていますが、日本人が一人もいないのはちょっと残念。
 似たようなものはフェアライト・ジャパンのサイトにある「フェアライトの歴史」でも読むことができます。(注: Fairlight Instruments と現在の Fairlight はルーツは同じですが別会社です)

» Demo/Help:


 デモソング2曲の紹介と、各機能のヘルプが表示できます。

公式デモ

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=iMy0p__Rx50
http://www.youtube.com/watch?v=5PZPIe2YJok


再現度はかなり高い(と思われる)だけに、今の DAW やオールインワンシンセになれた人には独特のユーザーインターフェイスはやや取っ付き難いかも。

NAMM 2011 で発表された時点では価格は50ドルを予定しているとのことでしたが、機能を限定してノーマル版と Pro 版に分けたのは良策だと思いました。
(50ドルなら諦めていたはずが、こうして術中にはまって買ってしまってるし・・・)

[関連サイト]
 Fairlight Instruments
 FairlightAU
 Fairlight Japan


iTunes App Store からダウンロード Fairlight Instruments Fairlight for iPhone/iPad
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2011/03/18 (Ver.1.0)
価格: 1,200円

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(iOS/Android)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の10件 | -
2011年02月 |2011年03月 |2011年04月