So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2010年09月 | 2010年10月 |2010年11月
前の10件 | -

盤面がはみ出るポータブルUSBターンテーブル : Crosley - Revolution CR6002A
» ハードウェア(オーディオ) 

Crosley Radio からリリースされている USB 端子を装備したコンパクトなアナログターンテーブル Revolution CR6002A を紹介。
日本では Dance Music Record から19,800円(税込)で販売されています。


© Crosley Radio

主な仕様

 3年ほど前に記事で取り上げたオーディオテクニカのサウンドバーガーに似たちょっと懐かしいデザインと機構に加えて、PC に接続できる USB 出力端子、FM トランスミッター、ステレオスピーカー、ヘッドフォン端子を内蔵しています。

 カラー  ブラック
 駆動方式  ベルトドライブ
 回転数  33 1/3 rpm、45 rpm
 出力端子  ステレオライン ×1 、ヘッドフォン ×1、USB ×1
 スピーカー  ダイナミックフルレンジ型ステレオスピーカー
 無線出力  FM トランスミッター (88.1MHz または 89.9MHz)
 付属品  USB ケーブル ×1、レコード針(ダイヤモンド針) ×1、AC 電源アダプター ×1、
 取扱説明書 ×1、録音用ソフト Audacity (Win/Mac/Linux 対応) ×1

公式デモ


[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=-t5j60jMDz4


見た目の奇抜さ(+懐かしさ)だけでなく、使い勝手がちゃんと考慮されてるところがいいですね。
思わず欲しくなりそうな一品。

参考:同系統のプレイヤーいろいろ

Audio-technica SOUND BURGER AT727 (1982年)のカタログ写真

© audio-technica

SONY Flamingo PS-F9 (1983年)、Heli Player PS-Q7 (1983年)のカタログ写真

© SONY

[関連サイト]
 Crosley
 DMR オンラインショップ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

マルチタッチ対応のUSB-MIDIフットコントローラー : Keith McMillen Instruments - SoftStep
» ハードウェア(機材) 

MusicRader.com 経由の情報。
Keith McMillen Instruments がリリースしたマルチタッチ対応の USB-MIDI フットコントローラー SoftStep を紹介。
価格は289ドル。


© Keith McMillen Instruments

 USB バスパワーで動作する MIDI/OSC コントローラーで、2色の LED バックライトを内蔵した同時押し対応の10個のメインボタンと4つの補助ボタンを装備しています。

入出力

 メインボタンは単純なプッシュ動作だけではなく、ボタン中央を支点軸にして XY 方向に押すことができ、さらに時計回り (CW) と反時計回り (CCW) でもコントロールが可能です。


© Keith McMillen Instruments

 USB B 端子のほかに、MIDI 端子が増設できる SoftStep MIDI Expander (49.95ドル)用の USB ミニ B 端子、ボリューム/エクスプレッションペダル接続用にミニジャック端子を備えています。

ユーティリティソフトウェア


© Keith McMillen Instruments

 各ボタンの動作マッピングは付属の専用ユーティリティソフトできめ細かい設定が可能で、MIDI と OSC の両方に対応しています。

公式プレイデモ




足で操作するにはちょっとボタンが小さいような気も。
(そのへんの問題はクリアしてるからあえてこのサイズ?)

[関連サイト]
 Keith McMillen Instruments
 MusicRader.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(機材)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


主要ブラウザのHTML5 audioタグで使えるファイル形式の再生対応状況を調べてみた
» 音楽ネタ全般 

このブログを iPad の Safari でもそこそこ見れるように埋め込みの mp3 プレイヤーとか Flash 関連の扱いを前からコツコツといじっているのですが、いろいろやるついでに主要ブラウザの HTML5audio 要素の再生ファイル形式がどこまで対応しているのか調べてみました。

HTML5 の audio 要素について

» 基本構文
<audio src="音声ファイルのURL" >ここに未サポート時のメッセージ</audio>

» 属性
属性 用途
 src  再生する音声ファイルの URL
 controls  再生/停止ボタンなどのインターフェイスを表示する
 autoplay  ロード後に自動再生する
 loop  ループ再生する
 preload  none
 metadata
 auto
 再生前にデータを読み込まない
 再生前に再生時間などのヘッダ情報を読み込んでもよい
 再生前にデータを全て読み込んでもよい

テスト環境

» OS とブラウザ
OS、ブラウザともに現時点の最新バージョンで確認。
Internet Explorer は現行の IE8 は HTML5 に対応していないので対象外としました。
[追記]
IE9 beta を追加しました。(VirtualBox 上の Windows 7 にインストールして確認)» 音声ファイル形式
用意したファイル形式は以下の5種類7種類。
既に他の方々が検証したおおよその結果は知っているので、今回はもう少し突っ込んでダメ元で仕様に含まれていない SHOUTcast もテストしてみました。
[追記2]
AAC、FLAC を追加しました。
  • WAV (16bit/44.1kHz/stereo)
  • AIFF (16bit/44.1kHz/stereo)
  • MP3 (16bit/44.1kHz/128kbps/stereo)
  • OGG (16bit/44.1kHz/128kbps/stereo)
  • AAC (16bit/44.1kHz/128kbps/stereo)
  • FLAC (16bit/44.1kHz/stereo)
  • SHOUTcast ストリーミング (16bit/44.1kHz/128kbps/stereo)
    * SHOUTcast はストリーミング元のサーバの URL を指定
» テストページ
テスト用のページはこちら (注: IE 6~8 では動きません)

テスト結果

 OS  ブラウザ WAV AIFF MP3 OGG AAC FLAC SHOUT
cast
 Windows (7/XP)  Firefox 3.6 ○ × × ○ × × ×
 Chrome 7.0 × × ○ ○ ○ × ×
 Safari 5.0 ○ ○ ○ × ○ × ×
 IE9 beta × × ○ × ○ × ○
 OS X (10.6.4)  Firefox 3.6 ○ × × ○ × × ×
 Chorme 7.0 × × ○ ○ ○ × ×
 Safari 5.0 ○ ○ ○ × ○ × ○
 iOS 3.2 (iPad)  Safari ○ ○ ○ × ○ × ○
注: IE9 は XP 非対応のため Windows 7 だけでテスト

 どのブラウザでも再生できる共通のファイル形式がないというのは前から知っていたので驚くほどの結果ではないのですが、OS X と iOS の Safari で SHOUTcast の再生ができたのはちょっと意外でした。
 同じ Safari でも Windows 版では再生できなかったというのも興味深いところですね。
 
[追記]
IE9 beta の結果を追加しました。
WAV が再生できずに SHOUTcast が再生できたのが意外。

[追記2]
AAC、FLAC の結果を追加しました。
Firefox 以外で AAC が再生できて、FLAC が全滅という予想外の結果。

[追記3]
Chrome 9 は WAV 形式も再生できるようになっています。(Chrome 8 は未対応)

各ブラウザのスクリーンショット

参考までに各ブラウザのスクリーンショットも掲載しておきます。
audio 要素で表示されるプレイヤーはブラウザごとに見た目が変わります。(↓クリックで拡大)

» Windows 7 (XP でも結果とプレイヤーの見た目は同じ)
Firefox 3.6 - Windows 7Google Chrome 7.0 - Windows 7Safari 5.0 - Windows 7Microsoft Internet Explorer 9 beta

» OS X 10.6
Firefox 3.6 - OS X 10.6Google Chrome 7.0 - OS X 10.6Safari 5.0 - OS X 10.6
» iOS 3.2 (iPad)
Safari - iOS 3.2 (iPad)

 スクリーンショットだけを見ると Chrome と Safari は5つともプレイヤーが表示されていて、一見再生できるように見えますが、Chrome で再生ボタンがグレーになっているものと、Safari でミュートボタン(スピーカーのアイコン)が表示されていないプレイヤーは動きません。

IE9 beta はまだインストールしていないので後日改めて検証してみたいと思います。

[追記]
IE9 では HTML5 の DOCTYPE 宣言のままでは、IE7 互換表示モードになってしまって HTML5 のレンダリングが有効にならないので、以下の宣言をテストページの head 要素に追加しました。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=9">

[追記2]
AAC、FLAC を追加してテストしたときに、Windows 7 と XP の Safari でページのロード時間が極端に遅くなる現象が発生しました。
プレイヤーの数を2つ減らして前回のテストの状態に戻すと発生しなくなります。
今回のテスト中では OS X の Safari では発生していません。(偶然?)
詳しい理由は分かりませんがあまりたくさん audio 要素を並べるのは良くなさそう。

[追記] 2012/05/19
Windows 版 Safari 5では、QuickTime 7 がインストールされていないと audio 要素が無効になってしまうようです。

[追記] 2013/06/29
Firefox 21.0から mp3 の再生に対応しているとの情報をいただきました。


[関連サイト]
 HTML5 W3C Working Draft
 Mozilla Firefox
 Google Chrome
 Apple Safari
 Microsoft Internet Explorer 9
 SHOUTcast


Google API Expertが解説するHTML5ガイドブック

Google API Expertが解説するHTML5ガイドブック

  • 作者: 羽田野 太巳
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2010/09/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


アルゼンチン発、内蔵マイクとチューニング機構が付いたハンドドラム : Garrahand
» ハードウェア(楽器) 

MusicRadar.com で取り上げられていたアルゼンチンのパーカッショニスト Mariano Cantero が発案したハンドドラム Garrahand を紹介。
価格は直販で400ドル。(2個セットなら750ドル、専用バッグ+30ドル)


 材質はクロム(おそらく表面のメッキのことでベースは鉄?)で、音階スリットは7つでそれぞれにチューニング機構付いてます。
 内部にピックアップマイクを内蔵していて、ボディの側面にフォーン出力端子と XLR 出力端子、ボリュームダイヤル、固定用にシンバルスタンド互換のホールが付いています。




 現行かどうかは分かりませんが、マイクなしのアコースティックモデルやチューニング機構のないモデルもあるようです。

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=T8kQbu1a9g8
http://www.youtube.com/watch?v=tFmhUM5VFAs


スティールハンドドラムは材質と構造から音色が似通ってしまうのは致し方ないところですが、そんななかであったらいいなというポイントを上手く押さえてますね。

日本で取り扱ってるところないんでしょうか?
(去年の楽器フェアでモリダイラのブースに展示されてたらしいが・・・)

[関連サイト]
 Garrahand
 MusicRadar.comm
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Flex Time、グルーブマッチングなどが追加されさらに高機能に : GarageBand '11
» Apple 関連 

iLife '11iPhoto '11iMovie '11 と共に含まれ、今後リリースされる Mac にも標準でプリインストールされる GarageBand '11 が、Logic Pro/Express の機能の一部を取り込んでさらに高機能になりました。
価格 4,800円で既にアップルストアで購入可能になっています。



主な新機能

  • Flex Time
    録音した音声の波形を部分指定して音やビートのタイミングを柔軟に変更できる
  • グルーブマッチング
    トラック間のずれたビートをいっきにまとめて指定のトラックのビートにシンクロできる
  • 新しいギターアンプとストンプボックスエフェクト
    7種類のギターアンプ(合計12種類)と5種類のストンプエフェクト(合計15種類)が追加
  • レッスン評価機能
    レッスンを受けながら録音した演奏をリアルタイムで評価してくれる
  • 新しいピアノとギターのレッスン
    新たにギターとピアノの22種類のレッスン(合計40種類)が追加

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=tZvQ0LXWzXA


もう入門用としては十分すぎるほど。これで iPhoto、iMovie とあわせて4,800円なら安い?
冒頭にも書いたように新 MacBook Air も含め今後リリースされる Mac には標準でプリインストールされます。

このままどんどん進化していけば、そのうち Logic Express に追いついてしまって、ただでさえ中途半端なポジションの Logic Express が消滅なんてことも・・・

[関連サイト]
 Apple


iLife 11

iLife 11

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: DVD-ROM
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Appleが11インチと13インチの新しい MacBook Air をリリース
» Apple 関連 

Apple が11インチと13インチのLED バックライト付き液晶ディスプレイを採用した新しい MacBook Air をリリースしていました。
既にアップルストアで購入が可能になっています。


© Apple

MacBook Air 11インチ 13インチ
 価格  88,800円  108,800円  118,800円  148,800円
 ストレージ  SSD 64GB  SSD 128GB  SSD 128GB  SSD 256GB
 ディスプレイ  11.6インチ 1366x768
 LED バックライト
 13.3インチ 1440x900
 LED バックライト
 プロセッサ  Core 2 Duo 1.4GHz
 Core 2 Duo 1.6GHz (オプション)
 800MHzフロントサイドバス
 Core 2 Duo 1.86GHz
 Core 2 Duo 2.13GHz (オプション)
 1066MHzフロントサイドバス
 メモリ  2GB (1066MHz DDR3)
 4GBまでカスタマイズ可能
 2GB (1066MHz DDR3)
 4GBまでカスタマイズ可能
 グラフィックス  NVIDIA GeForce 320M (256MB/メインメモリと共有)
 サイズ
 W×D×H
 29.95 × 19.2 × 0.3~1.7cm  32.5 × 22.7 × 0.3~1.7cm
 重量  1.06kg  1.32kg
 入出力端子  USB 2.0 x2、ヘッドフォンミニジャック、
 無指向性マイク、FaceTime カメラ、
 ステレオスピーカー、Mini Display Port
 USB 2.0 x2、ヘッドフォンミニジャック、
 無指向性マイク、FaceTime カメラ、
 ステレオスピーカー、Mini Display Port、
 SD カードスロット
 バッテリー  35Wh/45W ワイヤレス環境 最大5時間
 スタンバイ時間 最大30日間
 50Wh/45W ワイヤレス環境 最大7時間
 スタンバイ時間 最大30日間
 ワイヤレス  Wi-Fi 11n/g/a/b 対応、Bluetooth 2.1+EDR
 付属  リカバリー用 USB スティックメモリ、MagSafe 電源アダプタ(プラグ、ケーブル)

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=GSWQdYq3qcU


スペックが業界最新とまではいかなくても、デザインと価格的にはかなり魅力的?
あと本体ばっかりじゃなくて、そろそろあの豆腐みたいな AC アダプタをもう少しスマートにしてほしいと思ってるのは自分だけ?

[関連サイト]
 Apple


Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB  MC505J/A

Apple MacBook Air 1.4GHz 11.6インチ 64GB MC505J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
Apple MacBook Air 1.86GHz 13.3インチ 128GB MC503J/A

Apple MacBook Air 1.86GHz 13.3インチ 128GB MC503J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ペットボトルと牛乳パックで手作りヘッドフォン : Sony Science Program ワークショップ
» 音楽ネタ全般 

今回は読者のAさんから教えていただいたネタを紹介。
SONYCSR (社会貢献) の一環として行っているスペシャルプロジェクトのひとつソニー・サイエンスプログラムで公開されている「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドフォンのレシピ」です。



 身の回りにあるもので実際に音が出るヘッドフォンを作る企画で、スピーカーの構造と原理である電磁誘導が理解できるというものです。

材料 個数 備考
 ペットボトル  2本  フィルムが上の方まであるもの
 牛乳パック  2本  1リットルのもの
 ホルマル線  2本  長さ20m、太さ0.2mm
 エナメル線やポリウレタン導線でも代用可
 磁石  2個  円柱形、直径20mm
 オーディオ用接続ケーブル  1本  片方がステレオミニプラグのもの
 ヘッドセットの型紙  PDF 形式でダウンロード可
 ティッシュ、毛糸

 市販のヘッドフォンのようにハウジングのなかにドライバユニットがあるのではなく、ハウジングそのものがドライバになって振動するシンプルでユニークな構造になっています。


ここに動画が表示されます
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/csr/ForTheNextGeneration/contentslist/ssp/report007.html
  » ワークショップの公式レポートはこちら


小学生くらいならそんな難易度も高くないので、親子でいっしょに作ってみては?
大人が作っても意外と面白いかも。

[関連サイト]
 SONY
 Sony Science Program ソニー・サイエンスプログラム
 Sony Japan CSR・環境・社会貢献


SONY ステレオヘッドホン Z1000 MDR-Z1000

SONY ステレオヘッドホン Z1000 MDR-Z1000

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス
SONY ステレオヘッドホン ZX700 MDR-ZX700

SONY ステレオヘッドホン ZX700 MDR-ZX700

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Logic Pro 9.1.2でOSCを利用したiOSコントロールサーフェスを正式サポート
» Apple 関連 

Synthtopia 経由の情報。
Logic Pro のアップデート 9.1.2 で、OpenSound Control (OSC) を利用した iOS コントロールサーフェス (iPhone、iPod touch、iPad) のサポートに正式に対応したようです。

 » 2010/10/14 - TS2565: Logic Pro 9.1.2 Release notes
  (日本語のリリースノートはまだ未発表)

で、早くも 9.1.2 と iPad + TouchOSC で試してしているユーザ↓がいました。

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=gzjnVTqjblY


Mac 側で OSC の中継ソフトを動かさなくてよくなったのは朗報かも。
iPad 持ってても Logic が古いバージョンのままだから試せてないんですどね・・・

[関連サイト]
 Logic Pro 9.1.2 Release notes (TS2565)
 Apple - Logic Studio
 OpenSound Control
 h e x l e r . n e t | TouchOSC
 Synthtopia


Logic Studio

Logic Studio

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: DVD-ROM
iTunes App Store からダウンロード TouchOSC
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2010/10/14 (Ver.1.6.2)
価格: 600円

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:Apple 関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


500MBのライブラリが付属したSampleTank 2.5 FREEが配布開始 : IK Multimedia SampleTank 2.5 FREE
» ソフトウェア(VST/AU) 

IK Multimedia がプレイバックサンプラー音源 SampleTank 2.5 のフリー版 SampleTank 2.5 FREE を配布開始していました。
ダウンロードするには事前のユーザアカウントの登録が必要です。



 Windows XP/Vista/7 のスタンドアローン、VST/DX/RTAS プラグイン、OS X 10.4(Tiger) 以降 のスタンドアローン、AU/VST/RTAS プラグインに対応。

 以前の SampleTank FREE と違うのは本体の機能や使用日数の制限がなくなり、製品版の SampleTank 2.5 L/XL と同等になった点で、500MB(204音色)のサウンドライブラリが合わせてダウンロードできます。(製品版のライブラリは L が 2.11GB、XL が 6.43GB)

主な特徴

  • 204音色 500MB を超えるサウンドライブラリが付属 →収録サウンドリスト
  • レイヤー/ミックスが容易な16パートマルチティンバー
  • 3種類のシンセエンジン
    • STRETCH[トレードマーク] (フォルマント・プリサービング・ピッチシフト/タイムストレッチ)
    • ポリフォニック・ピッチシフト/タイムストレッチ
    • リサンプリング
  • T-Racks, Amplitube 譲りの33種類の強力なマルチエフェクト
    • 1パートあたり5つまでインサート/センド可能
    • マスターエフェクト装備
  • パート/マスターループシンク機能
  • 別途購入した SampleTank 2.5 L/XL、"Powered by SampleTank" 製品 (Miroslav Philharmonik, Sonik Synth 2, SampleMoog, SampleTron) の追加拡張に対応。
  • 別途購入した Xpansion Tank 2 シリーズ製品の追加拡張に対応
  • WAV, AIFF, SDII, AKAI S-1000/3000, SAMPLECELL 形式のインポート対応
  その他の詳しい仕様は Media Integration の製品紹介ページ(日本語) を参照。

ユーザアカウント登録


http://www.ikmultimedia.com/sampletankfree/download/

 ダウンロードはユーザエリアページから行うので、まずはユーザ登録を済ませておく必要があります。SampleTank 2.5 FREE のページにある赤字のリンクをクリックすると、ユーザ情報入力ページにジャンプします。

クリックで拡大 ユーザ情報は、ユーザ ID、パスワード、パスワードの確認入力、メールアドレスの4つは正しい情報を入力してください。名前や住所などその他の情報は後で変更できるので適当でかまいません。
(←クリックで拡大します)


 しばらくすると登録したメールアドレス宛に確認メールが届きます。メールに記載されている URL をクリックすればユーザアカウントの登録が完了して、IK User Area にログインできるようになります。

ダウンロード

ユーザアカウントの登録が完了したら、IK User Area にログインします。



 SampleTank 本体とサウンドライブラリは別々のリンクからダウンロードするようになっています。両方をダウンロードしたら、シリアルナンバーをを控えておくことを忘れずに。
 シリアルナンバーはコピペできるようにテキストに残しておくと後で行う認証のとき手間が省けます。

 本体の zip ファイルは Windows 用が SampleTank_FREE.zip、OS X 用が SampleTank_FREE.dmg とそれぞれ別々になっていますが、サウンドライブラリは共用で SampleTank_Free_Sounds.zip 1つになっています。

展開とインストール

zip/dmg を展開すると下のような構成になっています。
» Windows
SampleTank_FREE.zip
SampleTank_Free_Sounds.zip

» OS X
SampleTank_FREE.dmg
SampleTank_Free_Sounds.zip


 本体、サウンドライブラリそれぞれインストーラ形式なので、あとはウィザード(画面)の指示に従ってインストールしていけば特に難しいところはありません。

オーサライズ

インストールが終わったら、Authorization Manager を起動して次にシリアルコードの認証を行います。

Windows はプログラムメニューに IK Multimedia Authorization Manager があります。


OS X はアプリケーションフォルダの中に Authorization Manager があります。


 Authorization Manager のバージョンが古いときは、新しいバージョンのダウンロードを促すメッセージが出るので、指示に従ってバージョンアップを行ってください。


ここ2つは順に進むだけです。


ユーザ名とパスワードを入力します。
シリアルナンバーは入力欄に直接ペーストできないので「PASTE」ボタンを使います。


シリアルナンバーが正しければ「OK」になるので、次に進めばオーサライズは無事完了です。


以前の SampleTank FREE は本体の機能が制限されていましたが、今回製品版と同じになったのはやっぱり Native Instruments が先にフリーの KORE PLAYER/KONTAKT PLAYER を出した影響?

[追記] OS X 版でサウンドライブラリが音色選択リストに出てこない場合

SampleTank 本体画面の右側にある「PREFS」をクリックして表示されるダイアログの項目 ROOT 「Browse」で、サウンドライブラリの場所を手動で設定する必要があります。
サウンドライブラリは以下のディレクトリにインストールされています。

 ハードディスク名/ライブラリ/Application Support/IK Multimedia/Instruments
 ↑ユーザ名/ライブラリ~ ではないことに注意

[追記] Windows 版でサウンドライブラリが音色選択リストに出てこない場合
サウンドライブラリのインストーラを実行したとき、ライブラリのファイルをコピーせずにすぐに完了のメッセージが出てしまう場合は、手動で Instruments フォルダを SampleTank のフォルダ内にコピーしてください。

 C:\Program Files\IK Multimedia\SampleTank


[関連サイト]
 IK Multimedia
 Media Integration - IK Multimedia 製品 (日本語)


SampleTank2.5 XL

SampleTank2.5 XL

  • 出版社/メーカー: メディアインテグレーション
  • メディア: CD-ROM
nice!(3)  コメント(23)  トラックバック(1)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマハがiPad/iPhone版 VOCALOID を近々リリース予定? : YAMAHA iVOCALOID VY1/VY1t
» ソフトウェア(iOS/Android) 

ヤマハが iPad/iPhone に対応した VOCALOID アプリ iVOCALOID VY1/VY1t を発表していました。

 リリース、価格は現在のところ未発表ですが開発自体は既に完了しているそうで、ニュースリリースを発表したということは具体的なリリースの目処が立っているものと思われます。



 iPad 版がピアノロール入力形式の UI を持った iVOCALOID VY1、iPhone 版がピッチカーブ入力形式の UI を持った iVOCALOID VY1t というラインナップで、それぞれの画面サイズに合わせた仕様になっています。

 また主な機能として、iPad 版では「伴奏同時再生機能」と「メール送信機能」がありますが、iPhone 版には明記されていません。

 歌声合成のデータベースは、VY1 が採用されていて、ユーザーの入力する日本語の歌詞や音程に対応できるように160MBを超える大容量音声データベースを搭載しているそうです。

 ↓参考までに VY1 の公式デモソング


肝心の価格や詳しいスペックはまだ発表されていませんが、発売されればいっきにベストセラーアプリにランクインすること間違いなし?
あと、iOS で動くのなら、いずれ(既存製品も含めて) OS X 版も、なんてのは都合良過ぎ?

[追記] 2010/12/13
App Store で販売が開始されていました。
iPad 版 iVOCALIOD-VY1 が1,800円。iPhone 用 iVOCALIOD-VY1t が350円。

[関連サイト]
 YAMAHA - 2010/101/4 ニュースリリース
 YAMAHA
 VOCALOID
 VOCALOID STORE - VY1


iTunes App Store からダウンロード YAMAHA iVOCALOID-VY1 (for iPad)
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2010/12/13 (Ver.1.1)
価格: 1,800円


iTunes App Store からダウンロード YAMAHA iVOCALOID-VY1t (for iPhone/iPod touch)
カテゴリー: ミュージック
リリース: 2010/12/13 (Ver.1.1)
価格: 350円


VY1 標準パッケージ

VY1 標準パッケージ

  • 出版社/メーカー: ビープラッツ
  • メディア:
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1)   » カテゴリー:ソフトウェア(iOS/Android)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の10件 | -
2010年09月 |2010年10月 |2010年11月