So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク
2008年01月 | 2008年02月 |2008年03月
前の10件 | -

PC に接続できるUSB 端子付き真空管アンプ : Vital Audio VA-20T/USB
» ハードウェア(オーディオ) 

今回もシステムリニューアル前のストックネタです。

フックアップの Vital Audio ブランドからリリースされている USB 端子を装備した真空管アンプ VA-20T/USB を紹介。希望小売価格は62,790円(税込)、一般販売価格は55,000円前後。
VitalAudio1.jpg
© Hookup Inc.

 使用されている真空管は 12AX7 と2本の 6BQ5 で、五極管接続のA級シングルアンプ回路(38W)を採用しています。PC 側からはドライバ不要の USB オーディオデバイスとして認識されます。USB 端子以外にも通常のライン入力も備えているので、CD プレイヤーや iPod も接続可能です。

 真空管というと、その音を聴いたことがない人でも電球のような形とヒーターのオレンジ色から「温かみのある音」というイメージを持つ人が多いと思いますが、アンプのなかの真空管がどんな働き(役割)をしているのか知らない人も多いのではないでしょうか。(ちなみに、現在真空管本体を製造している国内メーカーはありません)

 真空管はトランジスタと先祖ともいえるもので、双方とも大きな役割は電流の増幅と整流です。名前のとおりガラス管の内部は真空状態(もしくは少量の希ガスを注入)になっていて、ヒーターで暖められた陰極(カソード)から飛び出した電子を陽極(プレート)で受け止めるのを制御格子(グリッド)の電圧で制御します。
 カソードとプレートだけの二極管は整流に使われ、間にグリッドが1つ入る三極管や、VA-20T/USB で使われているグリッドが3つある五極管は整流以外に主に増幅に使われます。

 間に入っているグリッドの電圧を変化させる(入力した音)と、それに合わせてカソードからプレートへ流れる電子の量が変化して、グリッドに入力したものと同じ形の倍率が違う電圧変化(出力される音)がプレートに現れます。かなり端折った説明ですが分かってもらえるでしょうか・・・

デジタルな音が真空管でどんなふうに味付けされるかちょっと興味が沸いてきません?

[関連サイト]
 フックアップ
 Vital Audio VA-20T/USB
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


iTunes App Store / Mac App Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac





» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス

米SONYがUSB出力端子付きターンテーブル発表 : SONY PS-LX300USB
» ハードウェア(オーディオ) 

ブログシステムがリニューアルされたのだが・・・

リニューアル後のブログシステムの不具合でさっきまでログインできませんでした。
セッション的にはログインできているのに、表示がログイン前のままで管理ページに入るリンクがないという生殺し状態。他にもまだいろいろ不具合があって、もうボロボロです・・・

あと、ブログの URL が blog.so-net.ne.jp/sothis から
sothis.blog.so-net.ne.jp に強制的に変更になりました。

アクセスは新旧どちらからもできるので閲覧の不都合はありませんが、ソーシャルブックマークの被リンク数表示がまたイチからカウントしなおしというのはちょっとツラい。


さて、ここからはいつも通りに。

米 SONY が USB 出力端子付きのターンテーブル PS-LX300USB を発表しました。
3月に発売予定で直販価格は150ドル。現在のところ日本では発売の予定はないようです。

SONY-PS-LX300USB.png
© SONY

 ベルトドライブ式で、回転数は 33 1/3 rpm と 45 rpm に対応。フォノイコライザを内蔵しているので、オーディオアンプにも接続して通常のターンテーブルとしても利用可能です。付属品は、カートリッジのほかに同社系列の波形編集ソフト Sound Forge Audio Studio も付属しています。

USB 対応のターンテーブルって日本で発売しても意外と需要ありそうな気がします。

[追記] 2008/03/12
 4/15から日本でも発売されるようです。価格は28,350円(税込)
 → プレスリリース 「USB端子搭載のステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB 発売」

[関連サイト]
 米 SONY - PS-LX300USB ニュースリリース


ソニー ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB

ソニー ステレオレコードプレーヤー PS-LX300USB

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(オーディオ)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


Animusic実物版? ABSOLUT MACHINES - Absolut Quartet
» 音のインスタレーション 

出遅れネタですが、面白いので紹介。
まさか Animusic のような自動演奏マシンがほんとにあるとは思いませんでした。



 ニューヨーク在住の Dan Paluska 氏と Jeff Lieberman 氏が製作した ABSOLUT MACHINES (Absolut Quartet) という大仕掛け。発射レーンから次々飛ばされる玉でマリンバを演奏しつつ、ワイングラスを回してグラスハープも演奏するという凝った作りになっています。

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=1e9AJVtuCKc

ニューヨークの 186 Orchard St. に行けば実物が見れるそうです。

[関連サイト]
 ABSOLUT MACHINES
 MAKE Blog ABSOLUT MACHINES
 Animusic
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音のインスタレーション
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマハ TENORI-ONの日本語サイトがオープン
» ハードウェア(楽器) 

お約束の作業延長も含めて約2日半にも及ぶ So-net ブログのシステムリニューアル作業が終わって、ようやくいつも通りのサイクルに戻れました。

 管理画面がかなり大幅に変わっていて、事前予告で分かっていながらも、どれから手をつけようかまよっているのが正直なところです。やっとスキンの HTML テンプレートが直接編集できるようになってカスタマイズがぐっとラクになったのは良いのですけど、今回は他にも新機能の追加が多すぎて混乱している人も多いのではないでしょうか。

あと、不具合頻発しすぎ。(ていうかもう、いいかげんにしろと言いたい・・・)



今回はストックネタの中からヤマハの TENORI-ON の日本語サイトを紹介。

tenorion.png

 2年前のプロトタイプの発表当時から注目されて市販化の声が高まる中、去年の9月ついに英国でリリースされたのは記憶に新しいところです。
 つい最近、英国サイトと同じレイアウトの日本語サイトがオープンしました。
 国内リリース間近か?と期待が高まるものの、現時点では残念ながら予定はないそうです。(なのになぜわざわざ日本語サイトを公開するのか真意は不明)

 TENORI-ON てなんじゃい?と思う人は長々と説明するより YouTube にある公式デモを見てもらったほうが早いかも。(注: 一番最後のは公式デモではありません)
Loading...

デザインサイトはこちら↓
tenorion2.png

開発日誌ブログもあります↓
tenorion3.png

KORG の Kaossilator の人気っぷりを見ると、こういうタイプの楽器が欲しい人って国内でも結構いると思うのですけど、なぜ日本で発売してくれないのでしょう・・・

[関連サイト]
 YAMAHA TENORI-ON (日本語)
 YAMAHA TENORI-ON (英語)
 YAMAHA Design - TENORI-ON
 TENORI-ON 開発日誌 (エキサイトブログ)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


新しいオンライン音楽制作サービスが近々登場か? : Hobnox Audio
» 音楽Webサービス(作曲/演奏) 

Create Digital Music 経由の情報です。



 ドイツのサブカルチャーエンターテインメント系サイトの Hobnox が近々サイトを一新するために、2/28 からクローズドベータテストを開始するようなのですが、そのサービスのなかに Flash ベースのオンライン音楽制作アプリケーションが含まれているらしいです。



 現在、関係者のブログで、Roland TR-909、TB-303 や BOSS のコンパクトエフェクターにそっくりのソフトインストルメントが表示されている画面がティーザースナップショットとして公開されています。(←この人、AS3 向け音響合成ライブラリ popforge や以前紹介した FL-909 の作者でもある)

 今のうちにアカウントを登録しておけば、2/28 以降にクローズドベータテストの招待メールが抽選で届くようなので、とりあえずアカウントを登録してはみたんですが招待されるかどうか・・・

上のスナップショットを見るとちょっと期待してしまいません?

[関連サイト]
 Hobnox
 andre michelle - volksmusik 2.0 » Hobnox Audio Teaser
 Create Digital Music » Teaser for New Flash Music Environment
 popforge - Google Code
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


レトロなアルバムカバーの写真がたくさん : LP Cover Lover
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

いろんなジャンルの古いアナログ盤のカバーアートワークがたくさんある LP Cover Lover というアーカイブサイトを見つけました。



↑こんな感じのオネエサンもいろいろ・・・

[関連サイト]
 LP Cover Lover
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


ビンテージポラロイド SwingerのCM映像
» 音楽ネタ全般 

今月8日に米ポラロイドが米国、メキシコ、オランダにあるインスタントフィルムの工場の完全閉鎖を発表したのは記憶に新しいところです。
 既にインスタントカメラ本体は2006年に生産が終わっていて、今回のフィルムの供給終了で1948年から60年間続いた歴史に幕が下ろされます。

 そのポラロイドが1965年にリリースした Swinger というモデルの CM 映像が YouTube にあったので紹介しておきます。映像もさることながらバックの音楽もなかなかいい感じだと思いません?

Loading...

↓wikipedia の Polaroid Swinger から抜粋


 今年の初めに米ポラロイド社はインクリボンやインクカートリッジを使わずに4色フルカラー印刷を可能にする ZINK (ゼロインク)という技術を応用したインスタントモバイルプリンタを発表しています。リリース予定は今年中で具体的なスケジュールはまだ発表されていません。



はたしてデジタルでもインスタントプリントスタイルが普及するでしょうか。
価格次第では大ヒット商品になり得るかもしれません。

[関連サイト]
 Polaroid
 日本ポラロイド
 日本ポラロイド - 「ポラロイドから大切なお知らせ」
 Polaroid Digital Mobile Photo Printer
 日本ポラロイド - Polaroid Digital Mobile Photo Printer プレスリリース
 Wikipedia - Polaroid Swinger
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽ネタ全般
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


待ちわびた十二国記の新作が今月末発売のyom yom VOL.6に掲載
» 本・雑誌・コミック関連 

昨日久しぶりに 2ch の小野不由美&十二国記スレを覗いてみたら、テンプレにある発刊表の今月のところに*マークが付いてるではないですか!

yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]約7年ぶりに、ついに新作が読める・・・な、長かったです

 新潮社の yom yom のサイトで、今月27日に発売される3月号 (VOL.6) に「丕緒(ひしょ)の鳥」というタイトルで90ページが掲載されることが発表されていました。

 新刊じゃないのがちょっと残念ではありますが、ボリュームのある新作が読めるとあっては贅沢は言ってられません。

今回は慶国の話だそうです。
本編の「黄昏の岸 暁の天」の続編なのか、それとも別の時代の話なのか・・・
(今まで出版してた講談社から、シリーズ前の外伝「魔性の子」を出版してた新潮社に替わったのもちょっと気になる・・・)

ともかく今月末が楽しみです。

[追記] 2008/03/01
無事 VOL.6 入手できました。


[関連サイト]
 新潮社 yom yom
 講談社 - 小野不由美の異世界ファンタジー「十二国記」
 アニメ版 公式サイト
 アニメ版 公式サイト (NHK アニメワールド内)
 wikipedia - 「十二国記」


黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 文庫
黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 文庫
yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]

yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/02/27
  • メディア: 雑誌
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:本・雑誌・コミック関連
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


白いRoland SH-101 (by www.CustomSynth.co.uk)
» ハードウェア(楽器) 

Matrixsynth に載っていた白い Roland SH-101
古いシンセのボディカスタマイズを行っている www.CustomSynth.co.uk からリリースされているものです。



 Roland が1982年にリリースしたオリジナルモデルはグレーで、少し遅れて赤と青のカラーバージョンもリリースされました。
 ごく少数の白い限定バージョンも存在していたという話が一部で囁かれていたようですが、噂の域を出るものではありません。



オネエサン、じゃなくて白い SH-101 なかなかいい感じです。

[関連サイト]
 Matrixsynth - Customsynth.co.uk White SH-101
 www.CustomSynth.co.uk
 Vintage Synth Explorer : Roland SH-101
 ローランド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ハードウェア(楽器)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


旬なDJミックスのMP3がたくさん : www.newmixes.com
» 音楽コンテンツ(楽曲再生) 

主にハウスとトランスが中心で他のジャンルは少なめです。
MP3 のダウンロード以外に埋め込みプレイヤーで聴くこともできます。



[関連サイト]
 New Mixes
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽コンテンツ(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


前の10件 | -
2008年01月 |2008年02月 |2008年03月