So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

Amazonがオンラインストレージサービス Cloud Drive、Cloud Player をサービス開始
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

Amazon.com がオンラインストレージ Cloud Drive のサービスを開始していました。
現時点では Amazon.com だけで米国内がサービス対象になっています。


無料で5GBまで使える

Amazon.com のアカウントを持っていれば、無料プランでは 5GB の容量が利用可能で、有料プランでは年間20ドルで 20GB から最大1,000ドルで 1TB の容量を利用することができます。

プラン 費用 写真 動画
 5GB  無料  約1,000曲  約2,000枚  約20分
 20GB  20ドル/年  約4,000曲  約8,000枚  約1.5時間
 50GB  50ドル/年  約10,000曲  約20,000枚  約3.5時間
 100GB  100ドル/年  約20,000曲  約40,000枚  約7時間
 200GB  200ドル/年  約40,000曲  約80,000枚  約14時間
 500GB  500ドル/年  約100,000曲  約200,000枚  約35時間
 1,000GB  1,000ドル/年  約200,000曲  約400,000枚  約70時間

Cloud Drive



 ユーザがアップロードして保存できるファイルは MP3、AAC などの音楽ファイル(ビットレートなどはそのまま)のほかに、動画ファイルや文書ファイルも対象になっています。
 アップロードしたファイルは、管理画面からダウンロード、削除、別フォルダにコピー・移動などの操作が可能です。

 また、Amazon MP3 でダウンロード購入した曲は、ユーザがアップロードしなくても自動的に Cloud Drive にストアされるようになっていて、しかもストレージ容量の消費対象にはならないという商売上手な仕様になってます。

Web と Android に対応した Cloud Player

Cloud Drive に保存されたファイルは、PC/Mac の主要ブラウザから「Amazon Cloud Player for Web」、Android 端末ではアプリ「Amazon Cloud Player for Android」を利用して再生できます。



 ただし現時点では、米国外では Amazon.com のアカウントがあれば Cloud Drive のアップロード、ダウンロード、削除など一通りの操作はできますが、Cloud Player 経由の再生は利用できないように制限がかけられています。

公式イントロダクションデモ

[ここに YouTube プレイヤーが表示されます]
http://www.youtube.com/watch?v=WkQ55Iij-1M


米国に遅れて Amazon MP3 が日本でも利用可能になった経緯を踏まえると、Cloud Player が利用できる日も近い?

[関連サイト]
 Amazon Cloud Drive
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス


nice! 0

コメント 0

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac