So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

42億9千万音色のプリセットを備えたフリーのVSTiシンセ : Image Line Autogun
» ソフトウェア(VST/AU) 

Image Line がリリースしたフリーの VSTi プラグインシンセ Autogun を紹介。
Windows 用 VST 版のみ対応。

 シンプルな見た目とは裏腹にプリセットが 4,294,967,296 という膨大な数を備えているのが特徴で、同社のソフトシンセ Ogun のエンジンがベースになっています。


 操作部はプリセットを選択する左右のボタン2つと、中央にブルーに光るマスターレベルとオレンジの Magic Dust のダイヤルがあるだけです。
 Magic Dust はアンビエント感を変化させるパラメータのようで、効果は地味ですが 0% と 100% を比べればその違いがわかるはず。


 左下の「?」ボタンで表示されるメニューの「Enter preset number...」で直接プリセットナンバーを入力して音色を呼び出すこともできます。

 各音色の名前や説明はいくつかの単語や文節をある法則で自動で組み合わせて作っているようです。時々「~ Sounds like XXXX 」(XXXXのような~)という表現で他メーカーの有名機種の名前が出てきますが、全然似てないときもあったりするのはご愛嬌?

 42億といっても基本の音色(アトモスフィア系が多い)がいくつかあって、そのバリエーションがたくさんあるといった感じです。万能というワケにはいきませんが、各音色のクオリティは申し分ないのでラインナップに加えておいて損はないかも。

[関連サイト]
 Image Line Software


FL STUDIO 8 XXL EDITION

FL STUDIO 8 XXL EDITION

  • 出版社/メーカー: フックアップ
  • メディア: DVD-ROM
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(VST/AU)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス


nice! 1

コメント 2

catfish55

こんにちは、
しっとりした音が多い様に感じてますが、悪くないですね。
presetで数字を入力して当たりとハズレ(好みの音探し)
が楽しめる音源とは・・ILらしさを感じます。
インタフェースはシンプルですけど、少し重いので複数の
立ち上げは厳しい?かも。。
by catfish55 (2009-06-08 21:58) 

TAN

catfish55さんはじめまして。
たしかにたまにちょっと負荷が重めの音色がありますね。

メニューにあるProcessing Qualityで負荷の調整ができるのですが、
音色を切り替えるとAverageに戻ってしまいます。

by TAN (2009-06-09 20:37) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac