So-net無料ブログ作成

ホワイトノイズを生成して再生してくれるサイト : simplynoise.com
» 音楽Webサービス(楽曲再生) 

取り上げるのがちょっと遅れてますが、まだ知らない人もいると思うので紹介しておきます。
3種類のノイズを生成して再生してくれる simplynoise.com というサイトです。



 ホワイトノイズのようなシンプルなノイズはやリラックス効果や、睡眠障害、耳鳴り、偏頭痛に効果があるといわれています (科学的に実証されているのかは不明)。
 他にも、周囲の環境音のマスキング効果、スピーカーやヘッドフォンのエイジング音源に最適なことでも知られています。

 音におけるノイズの定義は不規則に振動する音の波のことを指し、再生可能な範囲の全ての周波数を同じ割合 (1/f0) で含んでいるノイズのことをホワイトノイズと呼びます。ホワイトの由来は可視光の全ての色を合わせると白色(無色)になるという表現をなぞらえたものです。

 試しにこのサイトのホワイトノイズを録音してスペクトルに変換してやると下のようにほぼ均等になりました。


 ブラウンノイズは周波数密度が周波数の二乗の逆数(6dBずつ減衰)になるようなスペクトル分布 (1/f2) になります。
 録音したスペクトルは下のようになりました(可聴範囲ではほぼ1/f2?)。


 サイトのボタンが茶色になってますが、ブラウンノイズの「ブラウン」は茶色のことではなく、このノイズの分布がブラウン運動を示すことからブラウン運動を発見したロバート・ブラウン氏にちなんで名づけられたもので、ブラウニアンノイズとも呼ばれ、色で表す場合はレッドノイズと呼ばれます。レッドの由来も可視光スペクトルの並びになぞらえたもの(らしい)です。

 ピンクノイズは周波密度が周波数の逆数になるようなスペクトル分布 (1/f1) になります。
 録音したスペクトルは下のようになりました(可聴範囲ではほぼ1/f1?)。


 ピンクノイズはレッド (1/f2) とホワイト (1/f0) の中間 (1/f1) ということでピンクと名づけられています。

 今回の3色以外にもブルー、パープル、グレーなど色の名前がついたノイズがあります。興味がある人は Wikipedia の「Color of noise (英語)」の項で音が聴けるのでアクセスしてみてください。

[追記] 2010/07/25
iPhone/iPod touch 用のアプリ(115円)リリースされていました。


[関連サイト]
 simplynoise.com
 Wikipedia - Color of noise (英語)


iTunes App Store からダウンロードReactor LLC - SimplyNoise
カテゴリー: ライフスタイル
リリース: 2010/07/09
価格: 115円

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0)   » カテゴリー:音楽Webサービス(楽曲再生)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス


nice! 1

  • Nina
    Nina

コメント 2

禮

集中できなくて、何かないかと探していて、こちらにたどり着きました!
今お試し中ですが、とりあえず目的を果たしてくれている感じです。
どうもありがとう!!
by 禮 (2010-11-13 11:43) 

TAN

こちらこそ参考にして頂きありがとうございます。
by TAN (2010-11-14 03:20) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac