So-net無料ブログ作成
» スポンサーリンク

intel Macで初音ミクを使いたい人は・・・
» ソフトウェア(音楽制作) 

もはや前置きする必要がないほど人気爆発状態の初音ミク。
Mac 版がないということで悶々とした日々を過ごしている Mac ユーザに一筋の光明が。
(残念ながら Power PC の Mac ユーザは対象外・・・)

とりあえず intel Mac で使えそうな組み合わせで思いつくのは・・・

  • Boot Camp beta + Windows XP/Vista 環境に初音ミクをインストール
  • Parallels Desktop + Windows XP/Vista 環境に初音ミクをインストール
  • VMware Fusion + Windows XP/Vista 環境に初音ミクをインストール
  • CrossOver Mac 環境に初音ミクをインストール
といった手段が考えられるのですが、「インストールできてもちゃんと動くのか?」という問題が立ちはだかります。

Boot Camp

 このなかで動く確率が一番高い(というかおそらく問題なく動く)のは Boot Camp を使って Windows マシンとして Mac を動かす方法です。メモリさえ十分に積めばスタンドアローン版はほぼ問題なく動かすことができるはずです。
 Windows とミクの両方のパッケージを買わなくてはいけないので、コストは若干割高になりますが一番確実な手段といえます。ただし Windows を使い慣れていない Mac ユーザにはおすすめできる選択肢ではありません。

Parallels Desktop または VMware Fusion

Parallels Desktop 3.0 For Mac
VMware Fusion 英語版
 次に Parallels と VMware Fusion の仮想マシン実行環境はどうかということになりますが、仮想マシンの上でエミュレートされるデバイスは「必ずしも intel Mac の素のデバイスではない」という足枷がミクの足も引っ張る可能性が考えられます。
 その賭けをするのに Parallels/Fusion、Windows、さらにミクと 3つのパッケージを買い揃えるのは得策とも思えません。(確実に動くというのなら選択肢としてはアリですが)

CrossOver Mac

CrossOver Mac 6.1  CrossOver Mac は OS X 上で Windows 実行環境の仮想レイヤーを提供するソフトで、Windows をインストールする必要がないのがメリットです。
 画期的に思えるソフトですが、現状はまともに動くソフトは期待するほど多くはないという点が引っ掛かります。Parallels や Fusion と比べてあまり注目されていないのもそのせいなのかもしれません。

 CrossOver Mac は一番不安定な環境に思えますが、ITmedia オルタナティブ・ブログ の昨日の記事で「CrossOver Mac で初音ミクが動作した」 という報告が挙がっているではありませんか。ちょっとびっくりです。

 記事によるとスタンドアローン版はほぼ問題なく動いているようです。(CrossOver Mac では DAW が動かないと思われるため VST プラグイン版はテストされていない模様)

CrossOver Mac も初音ミク(DTMマガジン11月号付録)も試用版が入手可能なので、興味のある intel Mac ユーザは試してみる価値はあるのではないでしょうか。

[関連サイト]
 クリプトン VOCALID 2 - 初音ミク
 アップル - Boot Camp beta
 Parallels Desktop (販売元: PROTON サイト)
 VMware Fusion (販売元: アクト・ツー サイト)
 CrossOver Mac (販売元: Net Japan サイト)
 DTM magazine web site


VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU

VOCALOID2 キャラクターボーカルシリーズ01 初音ミク HATSUNE MIKU

  • 出版社/メーカー: クリプトン・フューチャー・メディア
  • メディア: CD-ROM
CrossOver Mac 6.1

CrossOver Mac 6.1

  • 出版社/メーカー: ネットジャパン
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: ソフトウェア
VMware Fusion 英語版

VMware Fusion 英語版

  • 出版社/メーカー: アクト・ツー
  • 発売日: 2007/09/27
  • メディア: ソフトウェア
Parallels Desktop 3.0 For Mac

Parallels Desktop 3.0 For Mac

  • 出版社/メーカー: プロトン
  • 発売日: 2007/10/05
  • メディア: ソフトウェア
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0)   » カテゴリー:ソフトウェア(音楽制作)
permalink
trackback
このエントリーをはてなブックマークに追加


» スポンサーリンク
DMR

サウンドハウス


nice! 0

コメント 4

せきぴー

うちの環境ではミクがVSTiで上手く動作しましぇん・・・。
(MacBook Pro 2GHz/FireWire Audiophile/KORG K25)

CUBASE 4のインストゥルメントリストには上がってくるのですが、トラックにインサートしてもMIDIキーボードからの信号が彼女に伝わらない状態になります。
(同時に立ち上げているHALion OneやGroove Agent 2はしっかり反応するんですがね)
もしかするとアウトプットバスがデフォルトで別の場所に飛んでいるだけかも知れないですが、今の所はスタンドアローンモードでやるしか無い模様。

スタンドアローンモードはMIDIキーボードが使えないのでかなり苦痛です。
(なんせペンツールだけでこなさないといけない・・・。既存のコピーならまだしもオリジナル曲を考える時はリアルタイム入力でしょ普通)
by せきぴー (2007-10-10 03:34) 

TAN

以前コメントもらった方によると、VSTプラグイン版はメモリ2GBでも動かなかったそうです[しょぼ~ん]

普段曲作るときはリアルタイム入力中心なので、
ペンツールでちまちまやるのは自分も性に合わないかも・・・

キャラシリーズ第二弾で誰が起用されるのか気になる今日この頃・・・
by TAN (2007-10-10 21:39) 

せきぴー

どうやら使い方が間違っていた模様で・・・。
歌ってくれました。
VSTiの場合は予めスタンドアロン版でデータを作成した後にホストDAWアプリ
(この場合CUBASE 4)にミクから吐き出したSMF(ミクコントロール情報付)を読み込んでやっと発音出来る仕組みになってました。まだちょっと面倒です。

VSTリアルタイム版もあるのですが、これは始めに歌わせたい歌詞の音節を歌詞ウインドウで打ち込んで音価を定着させた後に発音が出来る様になりました。

共にPDFマニュアルでは説明不足でDTMマガジンを見た後にやっと仕組みが分かりました。
ちなみにリアルタイム版は和声で演奏できますがCPU負荷が高めで、自分の環境では4和音で演奏したらCPUメーターが70%を超えてました。
飛び道具にはいいですが実用的には更に高速なCPUが要りそうです。
まあ、歌詞が出来たらオーディオに変換してしまえばいいだけですがね。
by せきぴー (2007-10-11 13:06) 

TAN

おお、無事動いたのですね[ニコニコ]
自分もiMacのBootCampで動かそうと思ってるのでちょっと安心しました。

このブログを更新しているVAIOノートも含めてPCは何台か持ってるのですが、
結局のところ一番速いのがiMacだったりします。
といっても初代のintel iMacなのでそんなに速くはないですけど・・・
by TAN (2007-10-11 21:48) 

コメントを書く

名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

iTunes Store 音楽アプリベストセラー
for iPad





for iPhone/iPod touch





for Mac